オーディオ

Ion Audio Tape Expressでカセットテープと再会する

死んだ僕の彼女si,ireneのギタリストであるkinoshita氏が、musitでカセットテープを取り上げているのは彼のファン、及びmusitファンの皆さんならご存知だろう。

最近は彼とのプライベートなやり取りでも、カセットテープの話題がよく挙がるわけだが、話しをしているうちにすっかり私もカセットテープ熱があがってきたわけだ。

Ion Audio Tape Express プラスティックのチープさがまた良い。

こうなってくると俄然ガジェットとして、今買うならどんなポータブルカセットテーププレーヤーが良いのか興味が湧くというものだが、、、
今回は結果からすると、割と無難な選択をしたのかなぁ〜というのが我ながらの印象だ。

今回、私が導入したのはIon Audio Tape Express
数年前、アナログ・レコード入門機としても人気を博したArchive LPを世に出したIon Audioのカセットテーププレーヤーだ。

では早速フォトレビューをしていこう。

まずは箱から。TAPE-TO-MP3 CONVERTER / PLAYERという位置づけらしい。

内容物は

  • 本体
  • USBコード
  • ソフトウェア用CD

といった感じだ。
イヤホンが付属されていなかったのは少し意外である。

裏面
側面1
側面2

個人的には普段、iPhoneとAirPodsを使って音楽を聴いているので、3.5mmのフォーンプラグが何となく新鮮だ。
ダイヤル式のボリュームコントロールも懐かしさを感じる。
カセットテーププレーヤーの時代にUSBはなかったので、ここにUSBコネクタがあるのに違和感を感じるのも面白い。

全体的にプラスティックのチープさが印象強いが、3000〜4000円台の製品としてはこんなものだろう。

パカっとカバーを開けた瞬間、あの頃を思い出す。

今の音楽の聴き方はmp3などの音楽ファイル、Spotify等ストリーミング、はたまたYouTubeでMVや音楽プレイリストを楽しむ、といったものが主流だろう。
当たり前だが、そのどれもが基本タッチディスプレイやマウス、その他コントローラーで聴きたい音楽を選択するデジタル前提のUIだ。

私はTape Expressのカバーを開けた瞬間、そうではなかった時代の音楽を聴くまでの手順がまるで走馬灯のように頭に流れた。

  • カセットテープで音楽を聴いていた頃
  • CDで音楽を聞いていた頃
  • MDで音楽を聴いていた頃

あの頃は音楽を聴く前に必ず音楽を封じ込めた記録媒体を再生機にパカっと入れ込んでいたのだ。(スライド式もあったが、、、)
今はすっかりそんな事をしなくなったなぁ〜と何となくしみじみとしてしまった苦笑
(筆者は音楽ファイルやストリーミングで音楽を聴くようになってからCDもほぼ買わなくっている。)

私が未だアナログ・レコードを聴くのは、その媒体ならではの音質を求めてという事もあるが、この音楽を聴くまでの今となっては面倒な手続きが楽しいからだ。
今回、カセットテープとの再会を果たしたくなったのも、ならではの手続きを楽しみたくなったというのが大きい。

何年ぶりに見ただろう、、、な再生ヘッド

カセットテープで聴いていた頃は定期的にカセット型の再生ヘッドクリーナーでメンテナンスをしていたことを思い出した。

金ピカなロックヒッツである

プレーヤーを眺めているだけで妙な懐古スイッチが入ってしまったが、せっかくなので、この日のために用意したカセットテープを聴いてみた。
たまにレコードを掘りに行く地元のお店でもカセットテープを取り扱っている事を記憶していたので、プレーヤーが来る日に合わせて買っておいたのだ。

記憶にあるカセットよりも小さい印象だ。
  • エアロスミスの闇夜のヘヴィ・ロック
  • ボストンの宇宙の彼方へ
  • これまたエアロスミスのウォーク・ディス・ウェイ

を特にカセットテープで聴きたくてチョイスしたものだ。

ここ数年の間、ファッション界やインテリア界隈でカセットテープが評価されていると聞いたことがあったが、久しぶりに見たカセットテープを見て納得である。
これオシャレである。

恐らく20年以上ぶりに聴いたカセットテープでの音楽は、率直に良い音だなと感じた。
高音質という意味ではない。

なんだが懐かしい音
輪郭がはっきりしないとまでは言わないが、最近のデジタル再生にはない毛糸のような太くて毛羽立っているような輪郭をした音質。
なんとなくガラスチックな音
肝心の私の音に対する表現が乏しく申し訳ないが、、、

あぁ〜そうだったよねカセットテープの音って。
あの時はこれが普通だったが、今ではとても味わい深い。
妙に嬉しくなった。

また私は開けなくても良かったかもしれない蓋を開けた気がする。

しばらくはカセットテープ探訪が続きそうだ。
現在進行系のアーティストも、最近はカセットテープでも作品を出しているというのだからこれも探しに行かないわけにはいかんだろう。

ABOUT ME
アマノユウ
息子と娘の二児のパパドラマー。 ここ数年はギターも始めて色んなエフェクターに興味津々。 なぜギタリストはあんなにギターを何本も買うのか、やっと気持ちが分かりましたw 最近は息子もエレキギターデビューして将来一緒にセッションするのが夢。