コラム

【番外編】ハードボイルド

ハードボイルド小説が好きで、よく読んでいた。
過去形なのは嫌いになったというわけではなく、ここ最近、小説以外の本を読むことが多く少し離れていたというだけだ。
しかしすこし前、以前読んだ北方謙三の「逃がれの街」が転がっているのを見つけ、つい開いてしまったのをきっかけに、ハードボイルド熱が再燃し始めた。
いい機会なので、いつもと趣向を変え、今回ハードボイルドについて書いてみようと思い立ったわけである。

ハードボイルド小説は、ミステリから派生したもので、作中の事件に対しトリックや謎解きよりも、その人物や物語の背景を中心に描くことで、リアリティ性を高めているのが特徴だ。
ドライな文体で極力感情の描写を省き、客観的に物事を淡々と描くことで一種のニヒルな世界観を作り出している。

ハードボイルドという響きはどこか仰々しいが、探偵モノや刑事モノの作品で、クサい台詞回しや渋い雰囲気などに触れたことがある方は多いだろう。
小説だけでなく、ルパン三世やシティーハンターなどもハードボイルドの雰囲気を上手く取り入れている名作だ。
そこまでくれば、すこしは身近に感じるのではないだろうか。

私は学生時代、まず知り合いのすすめで北方謙三を読み始め、その後また別の友人の勧めで本家米国のハメットやチャンドラーを読んだ。
当時、PC用のアドベンチャーゲームでも、探偵を主人公としたハードボイルドミステリのようなものも多く、同時にそういう作品にものめり込んだ。

そして、すぐに影響されるのが悪いクセだ。
流石に葉巻は吹かしていないが、若干20歳くらいの頃には、前述のチャンドラー好きの友人とバーでウイスキーを飲むようになっていた。
ウイスキーはもちろんシングルモルトのストレートだ。
ピートが効いている銘柄だと、なお良い。
ティアドロップ型のサングラスも入手し、ウイスキーで満たしたフラスコを胸に忍ばせる。
完全なる変人である。
学内に異性の友人がほとんどいなかったのも頷ける。

話をハードボイルド小説に戻すと、作品をハードボイルドたらしめているのは、ストーリー自体よりもその文体にある、と私は思っている。
多くを語らない。
そのためあまりハードボイルドを読み慣れないうちは、会話や文が飛び飛びに感じられ、「?」という場面が多々ある。
ただその淡々とした文章を追っていると、次第に、その行間から登場人物の感情、とくに哀しみなどが感じ取れるようになってくる。

こう書くと、とっつきにくい純文学作品と混同されて敬遠されそうな気もするが、ハードボイルド小説ははあくまでエンターテインメント作品だ。
基本的には非常に楽しんで読むことができる。
まずは1冊、いや思い切って2,3冊かな。読んでみることをおすすめする。

読書、というものはあくまで娯楽で、個人的に殊更高尚な行為だとは思っていないが、定期的に本は読んでおいたほうが良いという気はしている。
仕事で他人の書いた文書やメールなどを見ていると、相手によって、文章のうまい下手の差が如実に感じられる。

ビジネス上の文章では、互いに誤解のないよう、伝えるべきことをきっちりと明文化するというのがセオリーであるから、多くを語らないハードボイルドの文体とは毛色が違うのは当然なのだが、それでも分かりやすい文章というのは相手にうまく行間を読ませる。
文章として書かれていない部分から、どのような意図でその文書を書いているのか、相手にどうして欲しいのか、そういうものを汲み取りやすい。
特にハードボイルド小説に限ったことではないだろうが、恐らくそういった文章をかける方は、普段から本を読んでいるのだろうな、と勝手に解釈している。

意識の高い横文字が並ぶようなビジネス書ではない娯楽小説などでも、案外このようにして間接的に仕事に役立つのかもしれない。

年を重ね、次第に家の中では酒を飲むこともなくなってきた。
昔買い集めたウイスキーの瓶たちが、中身を中途半端に残したまま棚に入っている。
この稿を書いていたらふとそれを思い出し、一つ手にとって眺めてみる。
最後に栓を開けた10年以上前の空気を閉じ込めたままの瓶と、その頃の学生だった自分を重ねていると、ついハードボイルド小説の主人公にでもなったような気がしてくる。

毎日満員電車に揺られ、ハードボイルドでない日々を過ごすのも、悲しいかな板についてきた。
かつての刺々しかった自分が溶け込んだ琥珀色の液体は、ただ静かにそこにある。
栓はまだ空けないでおこう。
そしてしばらくまた、棚にしまいこんだ瓶のことなど忘れてしまうのだ。

ABOUT ME
安田尊
安田尊
エレキギターをこよなく愛する、さすらいの旅人。職業不定 最近は絵を描いたり、小説を書いたり。。。