無限の可能性を秘めたApple M1チップ搭載!新型Macシリーズの魅力をご紹介

無限の可能性を秘めたApple M1チップ搭載!新型Macシリーズの魅力をご紹介

こんにちは、Ot3です。

ついに「Apple Silicon」と呼ばれていた新SoC・Apple M1搭載のMacシリーズが発売されました。
今回発売されたのは、「MacBookAir」「MacBookPro 13インチ」「MacMini」という3つのラインナップ。

筆者自身も、使用しているintel MacにmacOS Big Surをインストールしてみましたが、とても快適。M1チップはさらにこの実力を底上げするというので、気になるところですよね。

それでは早速Apple M1チップと、今回発売された3つのラインナップについて見ていきましょう。

新しいM1チップは、160億個という驚異的な数のトランジスタを搭載。CPU、GPU、Neural Engine、I/Oをはじめとする様々なものを、とても小さな1つのチップに組み込みました。M1は新しいmacOS Big Surと一緒になって、このカテゴリーでは並ぶものがない速さ、あり得ないほど美しいグラフィックス、信じられないような電力効率の良さとバッテリー駆動時間を生み出します。(※出典:https://www.apple.com/jp/)

音楽や映像を生業にしている人なら、普段自分が使っているソフトウェアとの互換性との有無が最も重要。そのため、しばらくはintel Macから離れられないという方も多いはずです。(intel Mac向けの「Rosetta 2」というアプリであればコードの自動翻訳が可能ですが、やはり少し処理速度が遅くなります。)

しかし「Apple M1」を搭載したMacであれば、MacOSのアプリはもちろん、iPhoneやiPadなどのアプリも、開発者側が少し手を加えるだけで使用できるとのこと。
例えば普段使用しているMacに、フロントカメラで「SNOW」などのアプリで加工をかければ、加工した状態でのビデオ通話や配信などが実現可能。加工アプリに限らず、お気に入りのiOS向けアプリがMacでも使えるようになる日も、そう遠くはないでしょう。

ラインナップとしては「MacBookAir」、13インチの「MacBookPro」、そして「MacMini」という構成になっています。

それでは、上記3つのラインナップを詳しくご紹介していきます。

①MacBookAir

まずエントリーモデルと言われている「MacBookAir」は、今回すべてM1チップのモデルとなりました。

最も薄くて軽いAppleのノートブックが、Apple M1チップ新しい次元へ。CPUは最大3.5倍高速。GPUは最大5倍高速。Appleで最も先進的なNeural Engineにより、機械学習は最大9倍高速。バッテリー駆動時間はMacBook Air史上最長。そして、静かなファンレス設計。ここまでのパワーを、ここまで軽々と持ち運べるようになりました。(※出典:https://www.apple.com/jp/

今回のM1モデルで、最も注目を浴びている機種がこちら。
元々薄型・軽量を重視したミニマル志向ノートのモデルとして登場しており、CPUは最大3.5倍高速、GPUは最大5倍高速に。さらに、最大18時間駆動・重量1.29Kgの軽量ボディに収められているので、持ち出しには便利なMacとなっています。

最大18時間駆動もできれば、長丁場のレコーディングの際にうっかり充電器を忘れてしまった…なんてときも安心です。

また、MacBook Airはファンレス(駆動音がほとんどしない)という点も見逃せません。マイクの近くに置いてもノイズの影響を受けることが少なく、快適な環境で作業に集中できます。


②MacBookPro13インチ

13インチMacBook ProがApple M1チップを搭載。その速さとパワーは信じられないほどです。CPU性能は最大2.8倍。グラフィックス処理速度は最大5倍。Appleで最も先進的なNeural Engineにより、機械学習の速さは最大11倍。バッテリー駆動時間は、どんなMacよりも長い最大20時間。Appleで最も人気が高いプロ向けノートブックが、スケール違う能力を手に入れました。(※出典:https://www.apple.com/jp/

今回のM1モデルからSocはすべて共通しているため、処理速度は他のタイプとあまり変わらないでしょう。ですが、今回発表されたMacBook Proには冷却ファンがついているので、動画の書き出しなどの重い作業をする際も熱の影響で動作が遅くなりにくいという特徴があります。また、内蔵スピーカーのクオリティがMacBook Airよりも上がっているため、スマートな使い心地を実現可能。

さらに、最長20時間持つバッテリーと、アプリによって動作を変えるTouch Barを搭載。まさにさまざまな現場でマルチに活躍する、期待の新モデルと言えるでしょう。

③Mac mini

Mac miniは、最も柔軟に使えるAppleのデスクトップコンピュータ。何でもできるこの一台を、Apple M1チップ次のレベルへ連れていきます。CPU性能は最大3倍高速。グラフィックスは最大6倍高速。Appleで最も先進的なNeural Engineにより、機械学習は最大15倍高速。想像をはるかに超えるスピードとパワーを、あなたの仕事に、遊びに、創造力に。(※出典:https://www.apple.com/jp/

オプション次第でプロの環境も構築できる、隠れた「すごい子」がこちら。

今のMacBookシリーズはすべてType-Cタイプの端子ですが、Mac miniはUSB-AやHDMI端子も搭載されているので、据え置きで使用する際にも拡張性があって非常に便利です。

ディスプレイ、キーボード、マウスを用意すれば、3機種の中で最も音楽や動画を作成するのに向いていると言えるでしょう。スタジオ録音にはMTRを持ち込んで、帰宅後の編集作業はMacで行う、という使い方がベストなのではないかと思います。

まとめ

いかがでしたか?

今回紹介したモデルはすべて最大6K解像度の外部ディスプレイに出力することが可能です。最近は外部ディスプレイも安価で手に入るようになっているので、自宅での作業にデュアルモニターを導入すれば、さらに効率を上げることができますよ。

動画や音楽制作を行う際には、「iMove」や「FinalCut Pro」、「Garage Band」「Logic Pro」といったアプリがおすすめ。純正アプリなので使い勝手が良いというだけでなく、使用頻度が高いMicroSoft365(Office)やadobe系(PhotoShopなど)も対応を表明しているため、スムーズに移行できそうです。(余談ですが、intel Macという呼び方は今から15年ほど前のPowerMacからの移行のとき以来なので、非常に懐かしい響きです。)

 

それでは皆さま、良い音楽ライフを。

 

Ot3