Google Cloud Next 2019 に行ってきた【後編】

▲沖田さん大勝利の様子

こんにちは。水着沖田さん実装に心が躍っています。ふぎこです。

(映画記事を挟んでしまいましたが)前回の記事ではGoogle Cloud Nextの概要、暑さ、基調講演、暑さについてご紹介いたしました。
Google Cloud Next 2019 に行ってきた【前編】

今回はGoogle Cloud Next 2019に行ってきたの【後編】をお送りいたします。

エキスポ会場に到着

▲とても立派なホテルでした。(写真はないよ!)

東京プリンスホテルを出発し、ヒーヒー言いながら歩くこと10分弱。”ザ・プリンスパークタワー東京”に到着しました。

ここでの我が目的はエキスポランチセッションです。

ふぎこ、借りてきた猫になる

Google Cloud Next でのエキスポでは、Google Cloud の最新クラウドサービスを実際に体験することができるデモブースや、クラウドを利用し独自のサービスを展開しているスポンサーブースが用意されています。

会場内はとにかく人、人、人!冷房がしっかり効いていたりミネラルウォーターや炭酸飲料を無料で配布しているコーナーがあり快適ではあったのですが、周りの人にぶつからないよう注意して歩かないといけないくらいの混雑でした。

企業ブースではGCPを用いたサービスについて社員の方々から直接聞くことができるのですが、如何せんクラウドサービス勉強中の自分は声をかけられるたびに「アァ・・・」「ウゥ・・・」と囚われた宇宙人のような声しか出すことができず。(宇宙人に失礼だぞ!)
中にはアンケートに答えるとノベルティや豪華商品が当たるくじに挑戦することが出来るブースもありました。
私がゲットしたグッズはこんな感じ。

▲RoBoHoNのプラモデル
▲Slackのステッカー。かわいい。
▲Google カラーのボールペン。色々もらった中で個人的にこれがかなりのお気に入りになりました。
▲白戸家お父さんメモ。先ほどのボールペンとセットで使っています。

デモブースでは、AIやデータ分析などの最近技術を用いた画期的なサービスを紹介していたのですが…ランチセッションの時間が近づいてきたためひとまず会場を後にします。

巷で噂のランチセッション

Google Cloud Nextについて調べていた時、とても惹かれたのがGoogle 幕の内弁当。食いしん坊なのです。すみません。
お昼の時間帯に対象のセッションを受講すると、スピーカーの話を聞きながらGoogleオリジナル弁当を食べることができるのです。
今回私が参加したのはお客様のビジネスに貢献するKDDIの取り組みというブレイクアウトセッション。
GCPの活用方法や企業内でGoogle Cloudの投資価値を向上させるためのポイントを聞くことができる、という内容で対象も”初級”となっていたため怖気付くことなく会場へ向かいました。

入り口で入場用のQRコードを提示すると、セッションの資料とお弁当、紙パックのお茶をいただきました。

卵焼きにはGoogleの文字。かわいい。そして写真が下手。

セッションは2名のスピーカーによる掛け合いのテンポがとても良く、GCPを導入したことで改善された業務や切り替えに掛かった期間、注意すべきことを初心者の私でも理解できる内容でとても有意義な時間を過ごすことができました。
お弁当もおかずの種類が豊富で良かったのですが、全体的な量は少ないので男性にはちょっと物足りないかもなと感じました。

40分間のランチセッションが終わり、午前中の暑さと移動、人混みに体力の限界を感じた私はここいらで撤収することにしました。

おわりに

2回に分けてお届けしたGoogle Cloud Next 2019に行ってきた記事、如何だったでしょうか。

初級エンジニアとなり初めて参加したカンファレンスだったのですが、GCPの最新技術に触れワクワクするとともに自分はまだまだ知識が至っていないな、もっと勉強しなきゃなと改めて意欲が湧く機会となりました。

これからもっと勉強して、来年はもっと多くのセッションやブースに突っ込んでいけるエンジニアになるぞう!!

ふぎこ