OpenDevelopersConference2019Tokyo/LearnLanguages2019inODCに行ってきました

タイトル通り、8/24(土)に蒲田で行われた、OpenDevelopersConference2019Tokyo/LearnLanguages2019inODCに行ってきました。

軽く説明しますと、OpenDevelopersConferenceは、実際に開発を行っている人が、登壇して色んな事を話してくれる会です。
詳しくは、こちら

LearnLanguagesは、プログラミング言語のあれこれをテーマにしたカンファレンスになります。
詳しくは、こちら

朝からがっつり聞いてきました。
聞いた内容と資料(あれば)を紹介します。

NetBSDのご紹介

NetBSD観光ガイド 2019 ドキュメント
NetBSDの開発の苦労話を色々と聞けました。
perlのバージョンが、5.2から5.3に上がった時に言語仕様が大きく変わって苦労したそうです。
この日、色んな所で、バージョン上げたら動くかなくなったって話聞いたなぁ…

DevOpsエンジニアのための認定資格、DevOps Tools Engineerとは?

Linux Professional Institute DevOps Tool Engineer
LPIが行っている資格試験のお話。
資格自体は、ちょっと前からあったみたいですが、先日、日本語にも対応したとのこです。
dockerを初めとするコンテナ技術や、継続的な試験運用のCI、ソース管理のgit、SQL等々、昨今のトレンドな技術を持っている事を証明できる資格試験です。
他にもログ監視や、ロードバランサー、データの永続性等の知識も問われるようです。
インフラエンジニアを目指す人はもちろん、システムエンジニアでも持っていると仕事が増えるかも?
他にも、これからプロジェクトを立ち上げて回して行く人にも勉強して損は無い資格試験かと思います。

Language Update

こちらは、LearnLanguagesが主催のカンファレンスです。
厳選された言語についての近況に有識者がお話してくれました。

1.bash


bash(の変な使い方)update
シェル芸botのアカウント:@minyoruminyon

bashのupdate近況については、
2016/9/15 bash-4.4
2019/1/7 bash-5.0
との事で、あんまり話す事ないと…
で、シェル芸botの紹介をされていました。
詳しくはスライドに記載されているので、気になる方は見てみて下さい。
今回のカンファレンスで一番面白かったです。

2.Dart

スライド「Language Update: Dart」

あんまり縁がない言語でした。
お話てた方の熱意とテンションの上り下がりが面白かったです。

3.Erlang&Elixir

こちらも縁がない言語でした。
速度よりも安全を重視した言語だそうです。
Nintendo Switchのプッシュ通知にも使われてるそうです。
お話してた方が、「夜、寝たいですよね?」と言いながらプッシュしてたのが印象的でした。

4.Kotlin

スライド「Kotlin Updates in LL2019」
聞いた事はあるけど、関わった事はない言語。
Andoroid開発と言ったら、Kotlinですね。
近況についてお話してました。

KotlinでiOSアプリを書くことが可能らしいですが、swiftを素直に使った方がいいと言われてたのが頭に残ってます。
個人的に気になるのは、goのチャンネルもあるみたいです。

これから始めるDevOps ~1年間DevOpsをやって分かったこと~

スライド「これから始めるDevOps」

日本仮想化技術の社長さんが実体験を元に苦労話をしてくれました。
この人と仕事したら楽しいだろうなぁと思ったので、自社の営業に宣伝しておきましたwww

MySQL Serverだけじゃない、MySQL Shellもあるんです。

Oracleの方がお話していました。
MySQLShellってのがあるのは初耳で、面白うそうだったので聞いてきました。
サポート言語が今の所縁が無さそうなので、そのまま縁がなさう…
javascript、python2、sqlをサポートしているそうで、メソッドもあるそうです。
使ってる言語であれば、便利そうです。

システムを作り直してみたよ!

4人の方が、システム刷新の際の苦労話をしてくれました。

1.pixiv

Ll2019 pixivをspaにしている話し

2.クックパッド
スライド「マイクロサービス化を支える継続的切り替え術」

3.リクルート
ホットペッパービューティー

4.DeNA
スライド「LeanLanguage2019 リニューアル、こうして不具合は起こった」
このスライドは面白いのでオススメです。

最後にクロージングで、くじ引きをして、見本誌を貰える事に。
残ってた人全員にとの事で、大盤振る舞いでした。
自分が貰ったのは…Rubyの本でした。
縁がなさうな本でしたが、せっかくもらったので時間作って読んでみようかと思います。

後、気になっていたけど、同時間帯で聞けなかったカンファレンスのスライドを紹介します。

スライド「FlutterとAngularDartでDart入門」
スライド「Dockerfileベストプラクティス&Kubernetesを活かすためのGitOps入門」
スライド「運用ドキュメント2019 ~ 手軽にスピーディに継続的に保守するためのドキュメント入門~」

なかなか充実した一日になりました。
「バージョン上げたら動かなくなった」ってのは、よく聞きますけど、実体験ベースで聞けたのは面白かったです。

次回は、11月下旬に東京であるそうなので、また行きたいなぁと思っています。

次の参加予定のイベントは、9月中旬にgoの勉強会に潜入予定です。
9月は、技術書典もあるので、楽しみなイベントが続きます。

それまでに1回くらいなんか書けたらなぁと思ってます。では。

ちー