Go Conference 2019 Autumnに行ってきました

Go Conference 2019 Autumnに行ってきました

10月28日にありました、「Go Conference 2019 Autumn」に行ってきました。

いくつかのセッションがあり、苦渋の選択をしつつ、お話を聞いてきました。

まずは、スポンサー企業のLTがあり、企業の紹介とその企業でのgoの取り組みなんかを聞けました。

Go GC algorithm
GC(ガベージコレクション)のお話。
最初、GCってなんだろう?gcc的なコンパイル的な話かな?と思ってた。
ガベージコレクションの話で、おおっとなりました。略語、難しいですねww

goで行われているガベージコレクションのお話でした。
普段意識しない裏側の話で面白かったです。

Goにおける API Client実装パターン
APIクライアントのお話。
goでのHTTPクライアントのjsonとかエラーコードでの振る舞い方についてのお話でした。

OSS Performance Tuning Tips
チューニングの話。
個人的には大変好きな話だったんですが、スゲーと感心するばかりでした。
最近、ミリ秒単位のチューニングを要求されるような仕事してないからなぁ。

途中から、goでアセンブラが書けるという話になって、元々興味があったアセンブラに一層興味が沸きました。

Accelerate Go development with Bazel
Bazelというビルドツールについて。
運用の際に、便利になるのと、ビルドの高速化のサポートについてでした。
依存関係の定義とか出来るようです。
javaのgradleみたいに便利そうでした。

Go で”超高速”な経路探索エンジンをつくる
タクシー配車サービスでの経路検索エンジンについて。
高速化するための苦労話を聞けました。
ダイクストラ法についてのお話を丁寧に説明していただきました。
また、公開されているライブラリの性能が悪くて、改修して使用したり、結局作ったりしてたとかとか。
goのsliceとかmapの仕組みについても聞けました。

Goコンパイラをゼロから作ってセルフホスト達成するまで
goのコンパイラをgoで作ったお話。
かなり面白かったです。
この方のファンになりました。即Twitterでフォローしましたし、懇親会でもお話させていただきました。

後日談ですが、本家goコンパイラのパッチにマージされたそうです。
こちら

最後に、またスポンサー企業のLTがあり、クロージングで一旦〆になりました。

その後、懇親会があり、短いLTがいくつかあり、楽しい一日が終わりました。
頭の疲労感がかなり心地よい充実した一日となりました。

次回もぜひ参加したいと思える、素晴らしいイベントでした。

ちー