【カセットテープ】飽食の時代

【カセットテープ】飽食の時代

musitファンの皆さま、こんにちは、kinoshitaです。

自分がカセットテープに心のどこかで惹かれたのは、ある種音楽疲れのような現象がSpotifyやApple Music他のようなストリーミングサービスを使うようになって確実に僕を侵食していたからだと思われます。

Document and Eyewitness | Wire
(Released July, 1981 on Rough Trade/Mute)

聴きたい音楽が好きな時に好きな場所で好きなだけ聴ける革新的なサービスなはずなのに、気がついたら根本的なところで、あれ、自分が聴きたい音楽ってなんだっけ?みたいな気持ちになることが少なくありませんでした。

気になるアーティストのリリースが個別の決済プロセスを経ずにその場でチェックできるというのは確かにめちゃめちゃ便利で、今でももちろん重宝してはいるのですが、エンドレス(に感じる。少なくとも自分の人生程度では、今この時点で世界に存在する全ての音楽を聴き尽くすことなんてきっとできないのだろうという意味では、事実上エンドレスといってもいいのですかね)にすすめられる音楽やプレイリストに、どこか押し付けがましさを感じざるを得ません。

ただ僕は基本的にはテクノロジー推進派な人間なので(そもそもこのメディアもMusic x ITだし)、そのうちその辺の塩梅までちょうど良くしたサービスに進化していくのだろうなとも思います。

そもそもこの時代にカセットテープ熱が再燃した僕自身の直接のキッカケは、1年くらい前に死んだ僕の彼女の音源をカセットテープでリリースしたいという連絡が人づてにアメリカから来たことです。

そのときはカセットテープかー、くらいにしか思ってなかったのですが、調べてみると欧米(ちなみに僕は欧米が進んでて日本やアジアがそれを追随してる、というステレオタイプは比較的否定的な態度をとります。こんな音楽が好きで、こんな音楽をやっているのですが、洋楽・邦楽は、嫌いな言葉トップ10に入ります)では結構価値が見直されているらしく、その背景は是非興味がある方はググってみると面白いと思うのですが、確かに十数年ぶりにカセットを聴いたらなかなかどうして、これは面白いかもな、と。

さらにアメリカから連絡をくれた人がたまたま僕が幼少時代住んでいた街に今も住んでいて、全然知らない人なのですが、勝手に親近感を覚え、これは進めてみようかな、と、テープのリリースをお任せしたことが結果的に僕の中にカセットテープという存在を復活させた出来事でした。

以前の記事にカセットテープを啓蒙したいわけじゃないと書きましたが、もしもちょっと興味あるかもと思った方は、是非一度中目黒にあるWaltzというお店に行くことをオススメします。
https://waltz-store.co.jp/

中目黒ワルツについて調べるとカセットテープを取り巻く諸々の主張が拾えると思うので、ピンときたらカセットテープはなかなか面白いかもしれません。

他に首都圏でカセットテープを取り扱っているのを自分の足で確認したお店はこんな感じでした。範囲を広げたらもう少しあるかも?

(カセットの数が多かった順)
・中目黒Waltz
・渋谷HMV
・渋谷TOWER RECORDS

シーアイリーンの直近のスプリット音源のリリースでお世話になっているdisk unionや下北沢JET SETにも少数ですが置いてありました。

あとはやっぱりebay。アジアの出品者からはそんなに高いお金を払わなくても良い具合のものを入手できました。何本か注文したのですが、今のところ問題なく届いています。

この辺はもしオススメのスポットがあったらむしろ教えて欲しいので、詳しい方は是非!メッセージなど頂けたら嬉しいです。

プレーヤーはワルツにも整備済みのものが置いてありますし、ヤフオク、メルカリなどはもちろん、更にハード面でも宝探しをしたい方はハードオフ巡りをするのも楽しいかもしれませんね。
(機械いじりが好きな方は尚更。この辺はペダル好きとの親和性もありそう)

再生するときにガチャ、ウィーン、って音がするのは、これから音楽聴くぞ、という気分になり、なかなか乙です。

あとはそもそもモノが少ないので、コレクションを交換して広げる楽しみもありますよね。アナログレコードに比べれば安価なので、その辺は割と気軽にできそう。

ネットで色々なことが完結する今の時代、僕とカセットを交換してお互いの趣味趣向を交流させてもいいよという奇特な方がもしもいたら、カセットを仕入れられるお店情報と合わせて是非、メッセージなどお気軽にお願いします!
(プロフィール欄のSNSアカウントやメールアドレスはバンドのものですが、普通に返事すると思います)

それでは、、、
巨神兵が、、、ドーン!!

kinoshita