【レコメンド】米津玄師「KICK BACK」(2022)──唸るチェンソーが率いる新時代の幕開け

【レコメンド】米津玄師「KICK BACK」(2022)──唸るチェンソーが率いる新時代の幕開け

米津玄師の新曲「KICK BACK」が10月12日に配信リリースされた。「KICK BACK」 はTVアニメ『チェンソーマン』のオープニング・テーマとして寄せられた楽曲で、主人公の心情を彷彿とさせる遊び心に溢れた歌詞と、ダークヒーローの活躍に華を添えるエッジの効いたギター・サウンドが印象的だ。

制作会社MAPPAが総力を挙げて手掛けたハイクオリティなオープニング映像との親和性の高さは言うまでもないが、本楽曲はKing Gnuの常田大希をアレンジャーに迎え、モーニング娘。「そうだ!We’re ALIVE」をサンプリングした楽曲としても話題となった。低く唸るチェンソーの音を想起させるベースが紡ぐイントロに続く〈努力 未来 A Beautiful Star〉の冒頭のフレーズから米津玄師のつんく♂へのリスペクトが垣間見える。

TVアニメ『チェンソーマン』は藤本タツキによる同名漫画を原作としたアニメ作品で、チェンソーの悪魔と契約をした少年・デンジが数々のバトルを繰り広げる新世代のヒーロー・アクションだ。

〈幸せになりたい 楽して生きていたい〉

極貧生活を送ってきたデンジの行動原理は普通の幸せを掴むことであり、異性との触れ合いやいわゆる普通の日常を得たいというデンジの強い想いが歌詞にも投影されている。また、続く〈あなたのその胸の中〉という歌詞はヒロイン・マキマ視点でのデンジの心臓への渇望とも読むこともできるだろう。

ポップで耳馴染みの良いサビのメロディがヒーローアクションのオープニングならではの爽快感を醸している一方で、曲全体を通して漂うダークな雰囲気が『チェンソーマン』の物語の幕開けにぴったりとハマる。

ちなみに本作のタイトル「KICK BACK」は、本来チェーンソーの使用中に突然刃が作業者のほうに跳ね返る現象を指す言葉として使われるそうだ。デンジが向ける刃が、雇い主であるマキマ、引いては視聴者である我々にいつ向くのかは誰にも分からない。

本楽曲は米津玄師をはじめとする「チェンソーマン」を背負ったクリエイター陣からの宣戦布告だ。新時代のダークヒーローの降臨を世間に知らしめる──そんな「KICK BACK」によって始まった物語は、もう誰にも止められない。

* * *

米津玄師「KICK BACK」

レーベル:SME Records
リリース:2022/10/12
トラックリスト:
01. KICK BACK

配信URL:https://smej.lnk.to/KICKBACK

すなくじら