【Fender Jass Bass】愛用ベースがPJタイプだった!【PJタイプとは】

musit編集部新人のeimiです!

今回は私の愛用ベース、Fender Jass Bassについて紹介します。

中学3年生から父の持っていたベースを触り始め、高校生になってからおばあちゃんにもらった入学祝で買ったのが今も愛用しているFenderのJazzBassでした。


これです。カッコイイ!!!

私がこのベースを買う決め手になった部分はなんといってもここ、


ピックアップが3つあるとこ!!

このタイプはリアポジションにジャズべタイプのピックアップ、フロントポジションにはプレベタイプのピックアップを搭載した、いわゆるPJタイプのベースと言われるそうです。

3年くらいこのベースを使っていますが、初めて知りました……

なので今回はPJタイプのベースについて調べてみました。

何故ピックアップが2つ付いているのか?

まずジャズべにピックアップが2つ付いている理由は、一方は堅い音、もう一方は柔らかい音を集音できるようになっています。

弦を弾く場所によって音色を変えられるんですね~

フロントピックアップがプレシジョンベースタイプになることでPJタイプとなるわけです。

肝心な音色は??

音はプレべとジャズべの間……というよりは、完全にPJの音だと思ったほうがいいかもしれません。

私の高校時代のベーシスト仲間が偶然ジャズべ、プレべ、PJで分かれていたのですが、聴いてみると全然違います(当時はPJを知らなかった為何故音が違うのかわからなかった)。

捉え方は人それぞれなのですが、PJの音は柔らかく、太い音といった感じです。

色々弾き方変えてみて、音色の違いとかもじっくり見られたらいいなぁ…
エフェクターとかも…

eimi