アコギの中の万能器!J-45の魅力を紹介します!

どうも!musit「アコギ」担当のだいさくです!

「アーティストが使用しているアコギを買いたいけれどもどれを選んでよいかわからない」
「あまり予算がないけれどもアーティストが使用しているギターを買いたい」

こんなお悩みを抱えている方のために今回は、アコースティックギターの代表である Gibson J-45について解説します。

J-45は国内国外問わず、数多くのアーティストが使用してきた名ギター。
なぜJ-45が、時代を超えて多くの人に親しまれていたのか、確認していきましょう。

困った時はJ-45を選ぼう!

J-45が発売されたのは1942年のこと。 アコースティックの代表的な機種であるmartinのD-28に対抗すべく開発されました。

D-28を意識してることもあって J-45のボディはとても大柄。そしてJ-45の”J”はその大柄なボディを表すジャンボ(jumbo)の頭文字です。

本体は茶色がかった色味をしており、ヴィンテージサンバーストという名前が付いています。
見た目がとてもロックで男臭さが前面に出たギターのためか、ロックバンドのボーカリストがよく使用していますね。

※出典:Gibson

また、J-45の軽快なサウンドは、様々な音楽のジャンルにフィット。
どんな場面でも利用できるギターであることから、別名「ワークホース(働き馬)」と呼ばれています。

メーカーはギターの老舗「Gibson」

J-45を製造しているのは、老舗のギターブランドであるGibson(ギブソン)です。
ギブソンは、アコースティックギターだけでなくエレキギターにも力を入れており「レスポール」や「ES-335」などの有名なギターを販売しています。

もともとギブソンは、オーヴィル・ヘンリー・ギブソンがマンドリン製作を始めたことがきっかけでできた会社。 誕生から100年以上にもわたって多くのメーターを販売してきましたが、2018年に事実上の経営破綻。

しかし2019年8月現在でもギブソンは新製品を販売し続けており、今後どのような展開をしていくのか注目されているギターブランドです。

また、 ギブソンの新品アコースティックギターには、ほぼ全てに標準でピックアップが搭載されており、購入してすぐにエレアコとしてライブで使用できます。

なお、ギブソンの傘下にはエピフォンというブランドがあり、リーズナブルな値段でギブソンと同じような作りのギターを販売しています。

多数のアーティストが利用している

J-45を利用しているアーティストは、数えればきりがありません。
国内外のミュージシャンのほとんどが、一度は所有したことがあると言っても過言ではないでしょう。

J-45を所有している著名な国内アーティストは以下の通りです。

  • 吉田拓郎
  • 斉藤和義
  • 小渕健太郎(コブクロ)
  • 桜井和寿(Mr.Children)
  • 福山雅治
  • 藤原基央(BUMP OF CHICKEN)
  • 山崎まさよし

以上のアーティストは、国内でも有数なギター好きとして知られる人ばかり。
多くのアーティストから選ばれているJ-45は、間違いなく名機といえるギターなのです。

j-45の特徴とは

ではなぜJ-45はこれほどまでに人気があるのでしょうか。
その人気の秘密を紐解いていきたいと思います。

思わずかき鳴らしたくなるようなサウンド

J-45のサウンドの特徴は「低音の効いた甘く歯切れが良いサウンド」 です。
真価を発揮するのは、カポタストをつけずにEやGなどのローコードをストロークした時。
思わず力が入って、ガシガシ弾き倒したくなります。

低音が響く理由は大柄なボディにあります。
独特のなで肩のような形をしたボディは「ラウンドショルダー」といわれ、J-45の特徴の1つとなっています。

また、ストロークの歯切れが良い理由は、以下のようにJ-45に利用されている木材にもあります。

  • トップ:シトカ・スプルース
  • サイド・バック:マホガニー
  • ネック:マホガニー(14フレットのネックジョイント)
  • 指板:ローズウッド

J-45に使われているマホガニーという木材は、甘くて太い中音域の音を発します。
ピックでかき鳴らせば力強いサウンドを、指でやさしく弾けば 優しくて甘い音を奏でてくれるのです。

価格帯

J-45の価格帯は、新品で23万円〜24万円程度です。martinのD-28よりも10万円ほど安い値段で購入することができます。
また、中古であれば10万円台後半で入手することも可能。
プロのミュージシャンが使用しているギターの中では、比較的安価であるといえるでしょう。

J-45の黄金期”1950〜1960年代”

実はアーティストが所有しているJ-45の多くは、ヴィンテージもの。
ヴィンテージのJ-45は抜群に良い音を発するからです。

一般的にアコースティックギターは、長年弾きこむことによって、木材の水分が蒸発し枯れた良い音になります。

そして、新品のJ-45は音があまりならない場合が多いことから、多くのアーティストがヴィンテージ物を使用しているのです。

ヴィンテージの中でも1950年代から60年代のJ-45は、音がしっかり鳴って状態の良い個体が、比較的求めやすい値段で入手できるため、とても人気があります。
新品の2倍〜3倍の値段になることもありますが、弾いてみればあまりの鳴り具合に驚くこともあるでしょう。

予算に余裕があるのなら、ヴィンテージのJ-45も検討してみるてはいかがでしょうか。

J-45の兄弟、バリエーションたち

最後に、J-45の兄弟器やバリエーションについて解説していきます。

J-50

J-50とは、J-45のナチュラルフィニッシュカラーバージョン。
使用されている木材の種類やボディの形は同じですが、トップの木材(スプルース)がサンバーストに塗装されていない点が最大の特徴です。

塗装せずとも良い色みを発する木材を使用する必要があるため、J-45よりも良いグレードのスプルースが使用されています。

サザンジャンボ

サザンジャンボとは、J-45の上位機種です。
指板のクラウンインレイなど、所々に豪華な装飾が施されている点が最大の特徴。

しかしサザンジャンボは、1962年からハミングバードと同じスクエアショルダーに変更されたため、J-45の上位機種というイメージはあまりないかもしれません。

現在では、J-45と同じ形状のサザンジャンボが新品で売られているため、より豪華なルックスのJ-45が欲しいという場合は、サザンジャンボがおすすめです。

迷ったらJ-45!

J-45は様々な音楽のジャンルにフィットするギターのため、迷ったらJ-45を選べば良いと言っても過言ではありません。

少し背伸びして、アーティストと同じアコースティックギターを入手したい場合は、まず J-45から試走してみませんか?

小林だいさく