The xxのOliver Sim(オリヴァー・シム)がソロ・デビュー・アルバム『Hideous Bastard』を9/9リリース

The xxのOliver Sim(オリヴァー・シム)がソロ・デビュー・アルバム『Hideous Bastard』を9/9リリース

The xx(ザ・エックス・エックス)のソングライター/ベーシスト/ヴォーカリストとして知られるオリヴァー・シム(Oliver Sim)が、ソロとしてのデビュー・アルバム『Hideous Bastard』を《Young》から9月9日にリリースする。

制作期間として2年をかけた今作は、同じくThe xxのメンバーであるジェイミー・エックス・エックス(Jamie xx)がプロデュースを手掛け、オリヴァーのホラー映画への愛と彼自身の人生経験からインスピレーションを得て、恥、恐怖、男らしさというテーマを掘り下げた作品となっている。

今回公開された新曲「Hideous」では、これらのテーマが前面に押し出されており、オリヴァー自身の“生涯のヒーローで守護天使”でもあるシンセポップの先駆的グループ、Bronski Beat(ブロンスキ・ビート)やThe Communards(コミュナーズ)で知られるジミー・サマーヴィルをゲスト・ヴォーカルとして迎えた。また、オリヴァーは同曲で17歳の頃からHIVと共に生きていることを初めて公にし、非常にパーソナルな1曲となっている。

ミュージック・ビデオは、シングルと同名の新作ショート・フィルム『Hideous』を手掛けた世界中で高い評価を受けているフランスのヤン・ゴンザレス監督(『Knife+Heart』『真夜中過ぎの出会い』ほか)によるもの。ショート・フィルムは今年のカンヌ映画祭の批評家週間で特別上映されることが決定している。

The xx不動のラスト・ピース、オリヴァー・シム渾身のソロ・デビュー・アルバム『Hideous Bastard』は2022年9月9日に世界同時発売。本作の日本盤CDには解説および歌詞対訳が封入され、ボーナス・トラックを追加収録し、Tシャツ付バンドルも数量限定リリース。輸入盤は通常LPやカセットテープに加え、数量限定レッド・ヴァイナルが同時発売される。予約は本日より各店にてスタート。

Oliver Sim コメント

アルバム『Hideous Bastard』の制作の初期に、自分自身が恐怖と恥について沢山書いている事に気がついたんだ。しかし最近、このような感情に対する最良の解毒剤は、問題を表面化させ、それに光を当てることだと信じるようになった。このレコードは、くよくよするために書いたのではなく、むしろ自分が長い間感じてきた恥や恐怖から自分自身を解放するために書いたんだ。というのも、このアルバムを書きレコーディングするという経験は、自分にとっての恐れや恥と全く逆のものだったから。

このアルバムの3分の2が終わった時点で、このアルバムがどんな内容なのかがよくわかったけど、自分が最も恐れや恥を感じている、ある一つの事に執着し続けていることだと気付きました。それは自分がHIV感染者であること。17歳のときからHIVと共に生きており、17歳から大人にまるまで自分自身をどう感じるか、他人が私に対して感じていることについてどう自分が考えるかに影響を与えてきた。

だから、かなり衝動的に「Hideous」でそのことを書いた。それを世に放ち、終わりにしようと思った。その曲を母に聴かせたところ、母が自分の保護者であり賢明な母親として、これまで聞いたことのないようなアドバイスをくれました。彼女は、人生に関わる人々と会話する時間を持つことを提案しました。まだ話していない人、あるいは話したことはあるけれどそれ以上話したくない人。「Hideous」を書いてから、この2年間はそうした会話をすることに費やしてきました。最初は難しく、居心地が悪かったけど、今ではずっと自由な気持ちでいられるようになり、自分自身や自分の人生に関わる多くの人々との関係も強まっている。

その中でもジミー・サマーヴィルとの関係は特別なものだった。「Hideous」では、曲の中に守護天使を登場させ、自分自身が聞くべき言葉を歌ってほしいと思っていました。ジミーは何十年もの間、HIVとAIDSに関する力強い声を発してきただけでなく、文字通り天使のような声を持っているんだ。単純に完全なファンとして彼にコンタクトを取ったんだけど、今では本当の親友だと思っている。彼は、自分のために歌を作ることを勧めてくれました。彼は、「魅力(glamour)」がスコットランドの言葉であることを教えてくれました。そして何より、彼は自分自身をあまり真剣に受け止めすぎないように、そうすると良いことはないんだと思い出させてくれた。

“私って醜い?(Am I Hideous?)”は今、世間に対して質問しているわけじゃないよ。答えはわかっているから。まだ怖い気もするけど、この音楽を皆と共有できることに興奮しているし、皆が楽しんでくれることを願っています。愛をこめて。

RELEASE

Oliver Sim『Hideous Bastard』

レーベル:Young / Beat Records
リリース:2022年9月9日

CD 国内盤:YO283CDJP ¥2,200+税
解説・歌詞対訳付/ボーナス・トラック追加収録

CD 輸入盤:YO283CDJP ¥1,850+税

CD Tシャツ付限定盤:
S size:YO298MRJP ¥6,200+税
M size:YO298MRJP2 ¥6,200+税
L size:YYO298MRJP3 ¥6,200+税
XL size:YYO298MRJP4 ¥6,200+税

LP 限定盤:YO283LPE(Red Vinyl / LTD) ¥2,850+税

LP 輸入盤:YO283LP ¥2,850+税

Cassette 限定盤:YO283MC ¥1,310+税

収録曲:
01. Hideous feat. Jimmy Somerville
02. Romance With A Memory
03. Sensitive Child
04. Never Here
05. Unreliable Narrator
06. Saccharine
07. Confident Man
08. GMT
09. Fruit
10. Run The Credits
+日本盤ボーナス・トラック

リリース詳細:https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=12826

musit編集部