【生産性を劇的に上げる!】『デュアルモニター』を全力でオススメする理由

【生産性を劇的に上げる!】『デュアルモニター』を全力でオススメする理由

こんにちは、musitのアコギ担当のだいさくです!

今回は音楽の話ではなく、僕の作業環境に関するお話。

僕が所持している仕事道具の中で最も生産性を上げてくれているものは、間違いなくデュアルモニターです。
デュアルモニターとは、外付けの液晶ディスプレイのこと。2画面を同時に見ながらPC作業ができるので、僕のようにライターの仕事をしている人にとっては、まさに必須のアイテムと言っても過言ではありません。

そこで今回は、僕が実際にどのようにデュアルモニターを使っているのかご紹介します。

『デュアルモニター』、どう使う?

ライターの仕事をしている以上、頻繁に”リサーチ”という業務が発生します。
しかしPCの画面が1つだけだと、『情報収集をする画面』と『原稿を執筆する画面』を行き来しなければならず、かなりの手間を要してしまいます。

そこで僕は、以下のようにモニターを2台並べて仕事をすることにしました(画像は実際の僕の作業環境です)。

このように、23.8インチのモニターを2台並べて仕事をしています。
次に、メインモニターとサブモニターをどのように使い分けて表示させているのかをご紹介します。

まず、正面のメインモニター。

このようにメインモニターでは、マインドマップを開いてリサーチした情報をまとめ、記事の構成(骨組み)を作ります。
そして原稿を書くときには、作成した構成をGoogleドキュメントに貼り付けます。メインモニターで記事を執筆する理由は、単純に正面を向いていた方が文字入力をしやすいためです。

続いてサブモニター。

サブモニターでは、Googleを開いてリサーチをすることがほとんどです。
また、musitなどで音楽系の記事をを書くときは、サブモニターでYouTubeを開いてアーティストの動画を視聴し、楽曲や音楽性の分析を行うこともあります。

加えてサブモニターは、モニターアームを使って設置しているので、高さや角度を自在に変えて最も見やすい位置に調整可能です。

このようにメインモニターで文字入力、サブモニターで情報収集を行うのが僕の主な使い方です。
画面が2つあることで、モニター1つだけのときと比較して調べた情報をメモする時間が大きく短縮できました。

しかし画面を見ている時間によって、メインとサブで表示されているものを入れ替えることも珍しくありません。
リサーチする時間が長いときは、メインとサブのを入れ替えた方が頭に入りやすくなるだけでなく、首も疲れにくくなるためです。

もちろんデュアルモニターの使い方は人それぞれ。
例えばメインのモニターで提案資料を作りながら、サブモニターでメールやチャットワークなどを開いておく、という使い方も良いでしょう。

【デュアルモニター設置のメリット】低コストで導入可能

23.8インチのフルHDモニターの価格相場は1〜3万円ほど。そのためパソコン本体を購入するよりは、はるかに安い金額でサブモニターを購入できます。

コロナ禍によって緊急事態宣言が発令されていた4月と5月は、会社から在宅ワークを要請された人が急激に増えたためか、23.8インチのモニターは在庫がほぼありませんでした。

しかし2020年9月現在では需要も落ち着き、モニターの在庫も復活しており、価格の高騰もみられません。そのため、低コストで質の高い作業環境を求めている人にはまさにうってつけのアイテム、と言えるでしょう。

【デュアルモニター設置のデメリット】ある程度のスペース確保が必要

手頃な価格で作業効率をグンと上げられるデュアルモニター。ですが、1つだけ注意点があります。
それは、モニターを設置するためのスペース確保が必須であるという点です。(当然と言えば当然なのですが…。)

僕の部屋には幸いにも書斎があるため、フルHDの液晶を2枚設置するスペースを確保できました。
しかし中には自室がない、もしくは部屋のスペースが狭いなどの理由から、リビングや台所で在宅ワークをしている人もいるでしょう。

そんな人には、通常のデュアルモニターではなく、モバイルモニターを導入するのががオススメ。

モバイルモニターとは、13インチ〜15.6インチほどの持ち運びができる小さなモニターのこと。
サイズが小さい分、2万円前後で充分なクオリティを発揮する優れモノです。

またモバイルモニターは、Nintendo Switchのようなゲーム機の画面としても利用可能。ちょっとした息抜きや、お子さんがいるご家庭にもぴったりのモニターと言えるでしょう。

【まとめ】デュアルモニターのない生活はもう考えられない!

僕自身、デュアルモニターを導入してからもうすぐ一年が経ちますが、既にもうデュアルモニターの虜。デュアルモニターのない生活には、きっと二度と戻れないでしょう。

「仕事がなかなか捗らない…」「今よりもっと快適な作業環境が欲しい!」と悩んでいる方は、ぜひデュアルモニターを導入してみはいかがでしょうか。

小林だいさく