「P2B Haus」オーナー兼CTO・柄沢聡太郎氏が語る<ビールとITの親和性>

「P2B Haus」オーナー兼CTO・柄沢聡太郎氏が語る<ビールとITの親和性>

「ビールを通して、人と人が繋がる場所を提供できる場所にしたい」ーー

 

そう語るのは、株式会社スターフェスティバルの現役CTO (Chief Technology Officer = 最高技術責任者) でありながら、今年1月にオープンしたばかりのクラフトビールレストラン 『P2B Haus Kichijoji』のオーナーを務める柄沢聡太郎氏。

柄沢氏は様々なIT現場で活躍しながら、PHPのセオリーを徹底解説した技術書『パーフェクトPHP』の制作に携わるほか、株式会社クロコスの起業やCTO就任など数々の大役を担ってきた、IT業界のトップランナーだ。

今回は、そんな柄沢氏が突如飲食業界へ参入した理由、また自身の役職を名称につけたオリジナルエール『CTO IPA』の製造経緯について、musit取材班が詳しく話を聞いた。

吉祥寺の人気エリアにひっそりと構えるビアレストラン 『P2B Haus Kichijoji』

P2B Haus Kichijoji』は吉祥寺駅から約5分ほどの距離にあるクラフトビアレストラン。
吉祥寺の中でも特に”グルメ激戦区”とも名高い、通称・東急裏エリアに店舗を構えており、久我山や三鷹などといった近隣のマイクロブルワリーから仕入れるものや、国内ではあまり見かけないような珍しい銘柄まで、日毎の入れ替わりを楽しみながら気軽に飲むことができる。

毎日ラインナップが変わるため、冷蔵室のドアにはステッカーがズラリ。

扉を開いてまず目に入るのは、開放感のある真っ白な壁と大きなガラス窓。まるでカフェのような落ち着いた店内なので、女性1人でも気兼ねなくビールを楽しめる空間だ。もちろん、入ってすぐのカウンターには消毒用のアルコールを設置し、カウンター・テーブル共に席数を減らしての営業といったコロナ対策も万全。

『P2B Haus Kichijoji』店内(テーブル席)

その日のビールはカウンター内の壁に直接水性マジックで書かれ、メニュー表に記載されている説明文と照らし合わせながら好みのものを選んで注文することが可能。

この日取材に出向いた筆者と弊社エンジニア2名は、着席するなり柄沢氏にサーブしていただいたビールを嗜みながら、和やかな空気感で取材をスタートさせた。

ITと飲食業は全く違うようで、どこか繋がっている

ーーまず『P2B Haus Kichijoji』オープンまでの経緯を教えてください。

柄沢(敬称略):元々ずっとIT業界にいて、起業やCTOも経験して「次は何をやろうかな」ってぼんやり考えていたんですよ。エンジニアは自分で書いたコードがサービスとしてリリースされて、それが何千万人規模のユーザーに使われる、っていうのがすごく自分的には楽しかったから、引き続きIT関係のことをやっていこうとは思っていたんですけど…。
でも、次第に「”そうじゃないビジネス”も経験してみたい」っていう気持ちも徐々に芽生えてきて。ローカルビジネス的なことをやりたいな、と。で、元々ビールが好きだったから、「自分でビアバーを作ってみよう」って思ったんですよね。

左から、UNICORN DRIFT・CTO IPA・Galaxy Haze

田中(店長・敬称略):私も元々はIT企業のデザイナーだったんですけど、辞めたあとに六本木の『Beer Cuisine GOSHIKI roppongi』(※ビアレストラン。現在は閉店)で働いていて。柄沢さんは、その当時のお客さんだったんです

柄沢:しかも(時期は被っていないけど)話したら同じ会社だったっていうね(笑)。
そんな繋がりもあり、開業についてぼんやり考え始めた頃に「クラフトビールってどうやって仕入れるの?」と聞いてみたんですね。
そしたら彼女が手順だったり、ノウハウだったりを詳しく教えてくれて、最終的には「何か手伝えることがあったら一緒にやるよ」って言ってくれたんですよ。

田中:まさかここまで「手伝う」ことになるとは到底思ってなかったですけどね!(笑)


ーーローカルビジネスを始める上で、小売業は選択肢になかったんですか?

柄沢:僕自身、元々すごくビールが好きで、かつ慣れ親しんだ”吉祥寺”という街で飲食店をやりたいと思ったので、小売をやるっていう選択肢はなかったですね。やるなら飲食業、それもビールを扱う店がいいなと。

あと、ITの世界だと一度に相手にするユーザーは何万人といるけど、飲食店では一度に接客できるのがせいぜい4〜5人、一日換算で言えば多くても20〜30人じゃないですか。
その中で”どれだけ多くのお客さんを満足させられて、リピートに繋げられるのか”っていうところにものすごく興味があったんですよね。ITと飲食は明確に違う部分もあるんですけど、そういった視点は同じだったりもして。

ーー大きなネットサービスとは違い、飲食店は対面でのやりとりになる分、様々な出会いや発見も多いかと思います。お店の名前はどのように決めたのでしょう。

柄沢:僕も田中さんもIT業界出身なので「ITっぽい名前が良いよね」とは漠然と考えていて、お互いにいくつか候補を出してたんです。その中で”端末対端末”を意味する『ピア・ツー・ピア(Peer to Peer)』を少しもじって、店名にしたらいいんじゃないかと。

『ピア・ツー・ピア』の『ピアー(Peer)』って本来”同僚”だったり”仲間”っていうニュアンスがあるんですけど、「ビールを通して人と人とを繋げて、仲間が生まれる場所」という意味合いで、PeerのPをBeerのBに置き換えて『P2B』にしました。

現役CTOが生み出した、あくまでオーソドックスなビール『CTO IPA』

ーービールを通して人と人が繋がる、素敵な発想です。”ITに紐付ける”という点で言えば、今いただいているオリジナルビール『CTO IPA』もそうですよね?ご自身の役職が名前になっていて。

柄沢:CTO IPA』は、「自分がこれまでに歩んできたキャリアをオリジナルビールとして表現したい」っていう思いから生まれたビールなんです。この世にひとつしかないオリジナルエールを作って、自分が作ったお店に置いて、現役CTOでもある自分がサーブしたら面白いんじゃないか、と(笑)。

取材途中、田中店長から特別に振る舞っていただいた、イタリアントマト・サンマルツァーノを使ったブルスケッタ

ーーエンジニアにとってはすごくそそられるネーミングだと思います(笑)。

柄沢:ですよね(笑)。実は『CTO IPA』っていう名前に引かれてわざわざ遠方から飲みに来てくれるエンジニアも多いんですよ。謎のIT酒場みたいな感じになったりもして(笑)。
『CTO IPA』を一緒に作ってくださったのは、早稲田にあるカンパイ!ブルーイングさん。カンパイさんはP2B Hausを開業するにあたって(ビールの)仕入れ先を探していた頃、他のブルワリーのブルワーさんから紹介してもらったんですけど、初めてカンパイさんのビールを飲んだときに「なんだこれは!?」って衝撃を受けて。

あまりの美味しさに惚れ込んでしまって、開業してからも頻繁に(カンパイ!ブルーイングの)ビールを繋がせてもらってたんです。そんな中で(カンパイ!ブルーイング代表・)荒井さんに「ぜひオリジナルエールを作っていただきたいです」って相談したら、快く承諾してくださって…。それから『CTO IPA』の醸造が始まったんです。

『CTO IPA』のコンセプトは、奇を衒(てら)わない、あくまで王道路線のIPAであること。
IPAにこだわったのは、僕自身がビールの中でも特にIPAが好きだから。最近は華やかで個性的なビールもすごく流行っていますけど、『CTO IPA』に関しては苦味や香りがしっかり感じられて、どんな料理とも相性の良い、そして何度も飲みたくなるような味わいを目指して作りました。

ーーおっしゃる通り、全くクセがなくてまさに「IPAってこういうビールだよ」っていうのを忠実に表してくれているようなビールだなと思いました。IPAの大切なところだけを摘み取った味というか。

柄沢:カンパイ!ブルーイングさんは元々すごく上品な、雑味のない綺麗なビールを作っているブルワリーさんなんです。だから、カンパイさんとタッグを組めたことは一番理想的な形でしたね。

『CTO IPA』デザインロゴ。実はホップを、波線は”繋がり”を表している。

また、カンパイさんはご自身のブルワリーで作ったビールに坂の名前をつけるようにされているので、カンパイさんの方では『吉祥坂IPA』という名前で販売してくださっています。
吉祥寺は武蔵野台地の一帯だから、吉祥坂なんて本当は実在しないんですけど(笑)、吉祥寺にお店があるのと、デザインロゴにも表現されているように<吉祥(きっしょう)結び>の意味を込めて「『吉祥坂』にしましょう」と提案したら、採用してくれたんです。


IT出身の2人が構築した、前衛的な店舗管理システム

ーーお2人ともIT企業をご経験されているということで、お店の中にもIT化されている部分があったりするのでしょうか?

柄沢:もちろんです!

例えばビールの残量確認は、スマートマット(※株式会社スマートショッピングが展開しているシステム)を導入しています。樽の下にデジタル重量計の役割を担うガラス板があるんですけど、この重量計が示した残量の数値を定期的にクラウド上にアップして、それを管理画面から確認できるようになっているんです。

デジタル重量計の示す数値が…
定期的に%表記でクラウド上へアップされる

あと、うちはビールの他にコーヒーも提供しているんですけど、コーヒー豆も同じように管理していますね。コーヒーは同じ豆をずっと使っているので、在庫数がある一定まで減ったら自動で発注書を送ってくれる仕組みなんです。だからコーヒー豆(の管理)に関してはほぼ放置(笑)。

予約システムはクラウド予約台帳の”TORETA“を採用しています。

それと、うちはほぼ毎日繋げているビールのラインナップが変わるので、メニュー表の作成を簡略化するために最近のWebサイト開発手法を応用しています。
具体的に言えば、メニュー表自体はNext.jsで表現していて、それをNetlify(Webホスティングサービス)にWebサイトとして出力させている形ですね。
これを最終的に紙のメニュー表として印刷するんですけど、元データを管理している(Googleの)スプレッドシートとNetlifyをGAS(Google Apps Script)で連携させて、打ち込んだものを即座にメニュー表として反映できるようにしています。


タップナンバーや銘柄、アルコール度数、説明文などをスプレッドシートに入力したら…
Netlifyを経由してメニュー表に反映されて…
最終的に紙のメニュー表として印刷される。 「お手軽版データベースみたいな感じですね」と柄沢氏。

ーーなるほど!最近のヘッドレスCMSの手法を応用されているんですね。さすが、IT出身のお2人ならではの店舗管理システムです…。では、最後に今後のお店の展望を教えてください。

柄沢:コロナの影響で自粛要請が出た時期、実は自分の中で色々と考えることがあったんです。このまま実店舗として続けていいのか…とか、そういう部分も含めて。
でも、僕らがやっていることって「ただビールを売ればいい」っていう訳ではないんですよね。『P2B』という店名が表している通り、やっぱりこの場所に来て、人と出会って、その人との出会いが後に仕事仲間にもなったりもして…。そういう繋がりをどんどん増やしていく場所という意味でも、実店舗として経営する意義は十分あると思いますし。

僕自身もお店をやっていなかったら出会えなかった人がたくさんいるので、今までのキャリアで培ってきたITの知識を活かしながら、これからも色々な人を繋げていきたいですね。美味しいビールと料理、それから繋がりを提供できる場所として『P2B Haus Kichijoji』をこの先も展開していけたらいいなと考えています。

インタビューを終えて

終始穏やかな語り口で取材に応じてくれた柄沢氏と田中店長。2人から感じられる穏やかな温度感も相まって、筆者もエンジニア2名も、仕事でありながらしっかり飲み比べを楽しんでしまった。

なお、取材を行った翌日に『CTO IPA』の第一弾となる樽は終売(!)。現在は『CTO IPA』のセカンドバッチが販売されており、こちらは柄沢氏いわく「前回と比べ多少レシピを変え、ブラッシュアップしている」とのこと。

また、フードメニューは野菜中心のラインナップで、これらの野菜はすべて八王子の農家から直接届けられており、まさに新鮮そのもの。
「”ファームトゥーテーブル”どころか”ファームトゥーマウス”ぐらいの勢いですね(笑)。」と語る田中店長が作る料理も絶品なので、ビールと料理のペアリングもぜひ楽しんでいただきたい。

様々なビールと、身も心も満たされる料理の数々に舌鼓を打ちながら、IT話に花を咲かせる新たなエンジニアの憩いの場として、『P2B Haus Kichijoji』を訪れてみてはいかがだろうか。

【P2B Haus Kichijoji】

公式HP
Twitter
Instagram
Facebook

 

 

取材・執筆:翳目

musit編集部