【レコメンド】colormal『anode EP』(2022)──バンドとしての充実ぶりと無敵のポテンシャル

【レコメンド】colormal『anode EP』(2022)──バンドとしての充実ぶりと無敵のポテンシャル

良い。

再生するや否や「瞳」のイントロのセンチメンタルなギター・リフにしっとりとやられ、途端に為す術がなくなる。そうなれば僕らはもう、溢れ出すグッド・メロディにただ身を委ねるだけだ。大阪を拠点に活動するcolormal(カラーマル)の2nd EP『anode EP』、堂々の完成である。

音楽を嗜む者であれば、誰しもが心の中に自分の「アンセム」を持っているはずだ。それはかつてカーステレオから流れていたかもしれないし、CMソングとして親しまれていたかもしれないし、何かの主題歌として今も刻まれているかもしれない。『anode EP』の楽曲たちは、そのどれにでもなれる無敵のポテンシャルを持っている。まるで昔から知っている音楽かのように。アンセムにアンセムというタイトルを付けるなんて、もう名曲に名曲という歌詞が登場するスーパーカーの「FAIRWAY」と同じようなもんだ。

かつてcolormalはイエナガ(Vo. Gt.)の宅録ソロ・プロジェクトだったが、2021年にライブのサポートをしていた3人が正式加入。同年7月、「改めましてcolormalです」とでも言わんばかりに1st EP『losstime EP』をリリース。今年4月には大阪を飛び出しTOKIO TOKYOで初ワンマンまでやってのけた。以降も東京でのライブが大阪拠点とは思えないペースで組まれている印象だが、『anode EP』を聴くとそうした「バンド」としての充実ぶりが窺える。

特に「瞳」はメロディにしてもサウンドにしても「ここに極まれり」といった趣で、あえて引き合いに出せばGRAPEVINEやindigo la Endと肩を並べたと言っても決して虚言ではないだろう。一方、「22」は前作で離れたポスト・プロダクション志向に立ち返ったような楽曲だが、タイトルの数字は手取り月収の額面というのだから妙にリアルだ(楽曲ごとの詳細はイエナガ本人によるライナーノーツを参照されたい)。歌詞にしても深読みが過ぎるやもしれないが、「優しい幽霊」の〈ねえ、何気ない会話の中に幾つもスパイスがあって。いつも味わって食べれない。〉という一節は、Mr.Children「HERO」の2サビ、〈人生をフルコースで深く味わうための 幾つものスパイスが誰もに用意されていて〉へのアンサーのようにも感じる。

そして、インタールード「(tandem)」を経て最終曲「アンセム」へ。確かにベタな流れかもしれないが、「タンデム」と「アンセム」で韻を踏むなど洒落が利いており、〈はじめから僕らどこか違う生き物なんだって 分りながらそれでも〉というフレーズがタンデム(=二人乗り)という表現に落とし込まれていることにグッとくる。こうしてcolormalは全てを「自主」で完結させながら、充実のEPを2枚も世に放った。次はフルアルバム?

* * *

colormal『anode EP』

レーベル:Self Released
リリース:2022年8月17日

トラックリスト:
1. 瞳
2. 22
3. 優しい幽霊
4. (tandem)
5. アンセム

配信リンク:https://linkco.re/2YNsgf7F

對馬拓