オーディオインターフェイス選びでよく聞く「ASIO」って何?──快適なリモート演奏を実現するために

オーディオインターフェイス選びでよく聞く「ASIO」って何?──快適なリモート演奏を実現するために

以前ご紹介させていただいた、快適なオンラインセッションができる無料アプリ「SYNCROOOM(シンクルーム)」を快適に使うためには、ヤマハから推奨されるオーディオインターフェイスがマストアイテムとなります。

オーディオインターフェイスの代表格がこちら。

今回は、この辺りを選ぶ際に必ず出てくる「ASIOドライバー」について説明します。

ASIOドライバーとは?

まずドライバーとは、PCに接続する周辺機器を制御可能にするためのソフトウェアのことです(ここで言う周辺機器とは、マイクやスピーカーなどを指します)。

ASIO対応のオーディオインターフェイスでは、ASIOドライバーを使うことで、高音質・低遅延で音声のやりとりが可能になります。(参照:SYNCROOM公式サイト「よくある質問」
※ASIO (Audio Stream Input Output) とは、STEINBERG社の提唱するオーディオ入出力の規格の名称。

Windows音声の標準サウンドドライバーでは、音のレイテンシー(遅延)が大きく出てしまったり、音質が劣化したりすることなどによって、演奏に支障が出てしまいます。ですが、ASIO対応のオーディオインターフェイスを使用すれば、できる限りレイテンシーや音質劣化が起こらないクリーンな演奏を実現することができます。

macOSの場合は元々「Core Audio」というASIOドライバー同等の技術が使用されているため、ASIOドライバー対応オーディオインターフェイスでなくても構いません。ただ、WindowsOSでは快適に使える格安のオーディオインターフェイスでも、macOSで使用するとレイテンシーがひどくなることもあります。そのため、OSに適したオーディオインターフェイスを使う必要がある、ということは頭に入れておくべきでしょう。

ASIOのインストール方法

では実際に、ASIOドライバーのインストール方法を見ていきましょう。

とはいえ、オーディオインターフェイスの多くは元々付属ドライバーの中にASIOドライバーが内蔵されているため、特別な手順を踏むということはありません。

しかし、古いタイプのものであったり、安価で購入したオーディオインターフェイスの場合は、付属ドライバーにASIOドライバーが入っていないことがあります。その場合は、「ASIO4ALL」というASIOドライバーのないオーディオインターフェイスをASIO対応のものにするためのソフトウェアをインストールする必要があります。

一見面倒に思うかもしれませんが、ASIO4ALLはインストールするだけで利用を開始できるので大丈夫。さらに、ソフト自体も複雑な操作がなく、手軽に有効/無効を切り替えたり、バッファーサイズの設定などができるので、オーディオインターフェイスビギナーの方でも簡単に操作できるというメリットもあります。

まとめ

口コミサイトなどで、標準ドライバーの「Core Audio」を使っているMacユーザーが「格安だし、コスパも良くて最高!」とコメントしているのにつられてWindowsで使用してしまい、レイテンシーや音の劣化で使いモノにならなかった…という事故には要注意。

また、7,000円を切るような通販で売ってるオーディオインターフェイスなどはASIO対応ではない場合もあり、少し注意が必要かもしれません(STEINBERG、YAMAHA、ZOOM、ROLANDといった大手メーカーは、筆者が調べたところでは全てASIO対応のようです)。

新型コロナの影響で家で過ごす人が増え、2020年8月時点では、オーディオインターフェイスが手に入れにくい状況になっております。しかし、ギターやベースだけで良ければ、皆様がお持ちのアンプやマルチエフェクター機能としてオーディオインターフェイス機能が内蔵されてる場合もありますので、1度確認してみてもいいかもしれません。

Ot3