iPhone12シリーズ発売!ハイスペックを備えた最新シリーズ、あなたはどれを選ぶ?

iPhone12シリーズ発売!ハイスペックを備えた最新シリーズ、あなたはどれを選ぶ?

こんにちは、Ot3です。

新型コロナウィルスなどの関係で遅れていたiPhone12シリーズですが、ついに先日発売されましたね。

動画作成、音楽制作、連絡やSNSなどでの宣伝など、音楽活動とは切っても切り離せないマルチに活躍するiPhone。前年モデル・iPhone11は、LCDディスプレイの「Liquid Retina」、iPhone11ProはよりハイスペックなOLEDの「Super Retina XDR」と2タイプに分かれていましたが、

今回のiPhone12シリーズは全モデル統一でディスプレイがOLEDの「Super Retina XDR」となり、ディスプレイのスペックの違いは最大輝度の差だけで、それ以外はほぼ遜色がなくなりました。

さらに、iPhone12シリーズは全モデルで次世代通信の「5G」、スマートフォンで最速のチップ「A14 Bionic」耐落下性能を4倍向上させるCeramic Shieldを施したディスプレイの「Super Retina XDR」となり、映像体験、音楽制作、動画編集、ゲームのサクサク感なども前モデルをの魅力をそのまま受け継いでいます。(※公式には発表していませんが、メモリーは異なります。)

そこで今回は、スタンダードラインの「iPhone12mini」「iPhone12」 、上位モデルの「iPhone12Pro」「iPhone12ProMax」それぞれどういう用途の人にマッチするのか見ていきましましょう。

「iPhone12mini」、「iPhone12」

(※出典:https://www.apple.com/jp/

スタンダードモデルは、ボディにアルミニウムを使用。

コストパフォーマンスに優れながら、前述した通り高画質ディスプレイでのネットサーフィン、読書、動画体験が楽しめます。また、最速のチップ「A14 Bionic」により、ストレスフリーで動画や音楽制作、写真編集も可能。そして制作したものは、「5G」の高速ネットワークで即座にSNSにアップできます。

カメラはナイトモードに対応したデュアルカメラシステム(超広角/広角)となっており、夜の街でも非常に綺麗な写真や動画が撮れます。特に、超広角カメラは迫力のある写真や映像が撮影できるので、ライブの臨場感を表現するのにぴったりです。もちろん、ポートレートモードにも対応してますので、人物撮影のときも印象的な1枚を残せます。

さらに、Deep FusionとSmart HDR3により暗所でも綺麗に、明るいところでは背景が白飛びしないように撮影することが可能。

(Deep Fusion:中程度の光量から低光量で撮影する時に、複数の露出を分析して細部をどこまでも鮮明に写す技術。)
(Smart HDR:異なる露出の写真の良い部分を1枚の写真に合成する技術。これにより被写体を明るくした時に背景が白飛びすることを防げます。)

iPhoneのスタンダードモデルとしては実にCPもよく、まとまっています。
サイズは従来に比べコンパクトな6.1インチ。「iPhone12min」シリーズは5.4インチとさらに小型で、手が小さい方でも画面全体に指が届くような作りになっています。

カラーバリエーションも豊富なので、まさにオールラウンドで隙なしといったところでしょうか。

「iPhone12Pro」 「iPhone12ProMax」

 

(※出典:https://www.apple.com/jp/

スタンダードモデルに対してこちらはプロモデル。

どのあたりがプロモデルかというと、外装が美しく、医療に使われるレベルの高級感溢れるステンレススチール、LiDARスキャナ、さらに磨きをかけたプロのカメラシステムではないでしょうか?(余談ですが、バンドマンは医療レベル=「ホスピタルグレード」という言葉と、「プロ」という言葉に弱かったりします(笑)。)

スタンダードモデルのiPhone12がデュアルカメラシステム(超広角、広角)なのに対して、iPhone12Proはトリプルカメラシステムとなっており、望遠側が増えてます。

人物撮影の際に広角レンズ側を使うと、どうしても歪んでしまうので、望遠側がある方が使い勝手が良くおすすめです。

また、LiDARスキャナにより暗いところのオートフォーカスの速さも6倍増。LiDARスキャナとは、なんとNASAの次回の火星着陸ミッションでも使われる予定の技術。

光が物体に反射して戻ってくる間の時間を計測し、どんな空間にいても、その場所の深度マップを作成可能。超高速な上に正確なので、今後のAR技術によりゲームが次の段階に進んだり、ギターアンプやドラムなど大型のものを部屋に置いたらどうなるかなど、インテリアの擬似体験も実現するかもしれません(実際、現在も家具などでもありますからね)。

今まででは諦めていた、夜の撮影でもナイトモードなどの最新技術を持って果敢に向かっていけます。
カメラシステムはProよりもProMaxの方が広角側のCMOSセンサーサイズが大きく、さらに手振れ補正の質もより高くなっています。

望遠側もProが52mmに対して、ProMaxは65mmとより望遠です。

Dolby Visionのビデオ撮影というのも魅力的なのはもちろん、今後のアップデートで搭載が予告されている、Apple ProRAWフォーマット形式の写真保存も気になりますよね。

(これまではRAWでの撮影出来るアプリなどで、写真撮影するとDeep FusionやSmart HDRが無効になっていましたが、Apple ProRAWはDeep FusionとSmart HDRが有効なまま保存できます。)

写真撮影も動画撮影も、これならiPhone1台で済んでしまいそうです。

現場などで撮影する際は一眼レフやミラーレスを持っていき、日常のV-LogなどはiPhoneで撮影、という二刀流での使い方が今後、主流になるのではないでしょうか?

iPhoneは世界で最も多く写真が撮られているカメラで、その技術も年々上がっているのます。しかし、それでもこれだけの技術を使ってキレイに撮れるところがすごいですよね。

まとめ

皆さんはどのiPhoneを購入しますか?

iPhone12シリーズにしたいけれど、価格を抑えたい…という方にはiPhoneSEなんて選択肢もありますよ。

筆者自身はiPhone12miniが良さそうだなと思いつつも、やっぱりProかProMaxだな…と、まだ全然決めきれていません(笑)。

 

iPhoneは音楽系の周辺機器やアプリも豊富にあるので、ミュージシャンにもオススメです。

それでは皆さま、良い音楽ライフを。

 

Ot3