【機材紹介】Devi Ever Soda Meiser

【機材紹介】Devi Ever Soda Meiser

musitファンの皆さま、こんにちは、kinoshitaです。

ミッグバフに続き、今回もデヴィ・エヴァー氏のペダル。

名(迷)機、Soda Meiserです。このペダルは歴史的な事情もありデザインのバリエーションがたくさんあるのですが、このバージョンのデザインがどうしても欲しくて、数年前に海外のECサイトで入手しました。
(そういう意味では前回紹介したミッグバフのデザインにもいろいろバリエーションがあり、入手したものは若干妥協した感があるので、そこはやや心残り。とはいえそれはそれで格好良いデザインだとは思います)

死んだ僕の彼女、シーアイリーン、どちらのボードにも組み込まれてはいないのですが、一番好きなペダルかもしれません。

単体の音はオーバードライブでもディストーションでもなく、まさにザ・ファズという感じ。

自分の中でのクラシックファズって、ファズフェイス、トーンベンダーあたりなのですが、それを下敷きにした感じ?
(ビンテージのトーンベンダー、いつか欲しい。。。いつだか試奏したものが最高に良かった。。。)

個人的な意見です。

さらに個人的な見解を展開すると、Devi Everの三大名(迷)機は、Hyperion、Beautiful Disaster、そしてこのSoda Meiserです。
(うち二つが合体したTruly Beautiful Hyperion 2なんてカスタムモデルもあります。カオス!)

特別枠をもうけるならここにShoegazerが加わります。
(死んだ僕の彼女のishikawaくんはShoegazerユーザー。凶悪な音がいつも隣で鳴ってます)

とても愛着のあるペダルなのですが、ライブで使うとなるとどう工夫しても音が引っ込んでしまう感じがしてうまく使いこなせず、今のところはレコーディングで使用するに留まっています。

ただ使う使わないはさておき、レコーディングのときは必ず持参してしまいます。

デザインのバリエーションが豊富なので、是非皆様のボードにも1台、お気に入りのノイズマシーン、如何でしょう。

なぜかまわしものみたいになってしまいましたが、ただのファンです。

それでは、、、
巨神兵が、、、ドーン!!

kinoshita