アコースティック・ギターの王道!Martin「D-28」の特徴を解説します!

アコースティック・ギターの王道!Martin「D-28」の特徴を解説します!

今回は、アコースティック・ギターの中でもスタンダード中のスタンダードであるMartin(マーティン)の「D-28」について紹介します。

「良いギターが欲しいけど、どれを買うべきか分からない…」

そんな方には「D-28」がおすすめです。
ちなみに僕も一時期所有していましたが、最高のギターでした!

まさに名器! アコギの中のアコギ「D-28」とは?

「D-28」は、1931年に製造開始されて以来、現在でも販売され続けている歴史の古いモデルです。

今日では、数え切れないほど多くのアコースティック・ギターが世界中で販売されていますが、そのほとんどがこの「D-28」を参考に製造されています。

ところであなたは「アコースティック・ギター」と聞いてどんな形を想像しますか?
おそらく多くの人はこんな形を想像するのではないでしょうか。

そう、これが「D-28」!
過度な装飾がなく、とてもシンプルな形をしており、誰が見てもアコギと分かる見た目をしています。どんな場面にも溶け込めるので、ロックやポップス、フォークなどジャンルを問わずに利用できるギターなのです。

そして、サウンドは絶品! プロのミュージシャンにも愛好家が多く、以下のような国内外の名だたるアーティストが使用してきました。

・桜井和寿(Mr.Children)
・秦基博
・坂崎幸之助(THE ALFEE)
・ジョン・レノン
・ポール・マッカートニー
・エリック・クラプトン など

「D-28」は、「あらゆる音楽で良い音を奏でるためだけに生まれたギターの優等生」であると言えますね!

Martin(マーティン)というメーカーについて

「D-28」を販売するのは、マーティンというアメリカのギターメーカー。創業は1833年で、もうすぐ200周年を迎えようとしている老舗メーカーです。

もう1つの有名アコギメーカーであるGibson(ギブソン)との違いは、エレキギターを販売せずアコースティック・ギターのみに注力している点。アコギの生音の良さを追求し続ける一方で、エレアコ(エレクトリック・アコースティックギター)も精力的に開発しています。

伝統を大事にしつつ、時代に沿って進化を続けているギターメーカーと言えますね。

「D-28」の特徴

ここでは、「D-28」の特徴について詳しく解説していきます。

低音が響き上品かつ豪快なサウンド

「D-28」のサウンドは「低音が響き、奥深く煌びやか。かつ音量が大きい」という特徴があります。
フィンガー・ピッキングのアルペジオでは1音1音がとても綺麗に響き、ストロークで掻き鳴らすとまとまりのある豪快な音を奏でることができます。

低音が響く理由は、「Dシリーズ」に分類される大柄なボディ。Dは「ドレッドノート」の頭文字で、同名のイギリス製巨大戦艦が名前の由来です。「000(トリプルオー)」や「OM(オーケストラ・モデル)」といった、ほかのマーティンのモデルと比べてボディが大柄なため、低音が響きます(思わず6弦ばかり弾いていたくなるほど)。

また、「D-28」は以下の木材が利用されています。

・トップ:シトカ・スプルース
・サイド・バック:インディアン・ローズウッド
・ネック:セレクトハードウッド(14フレットのネックジョイント)
・指板:エボニー

上記の構成は、新品で買える高級ギターの多くが採用しているとてもスタンダードなもの。この構成にマーティン独自の製法が加わることで、奥深く上品で煌びやかなサウンドになるのです。

価格帯は現在高騰!

「D-28」の現在のメーカー希望販売価格は、41〜42万円と高額です。しかし実際には、新品であれば34万円程度で販売されており、中古品は20万円台で十分購入できます。以前は新品でも20万円台後半で入手できたのですが、為替相場の影響により価格が高騰してしまいました…。

ちなみにヴィンテージの「D-28」の中には100万円を超えるものもあります。それはサイドとバックで使われている木材に、現在では輸出が制限されているブラジリアン・ローズウッド(ハカランダ)が使用されているからです。

2017年に大幅モデルチェンジ!

「D-28」は2017年に大幅なモデルチェンジが行われ、見た目や作りが大きく変更されました。主な変更点は以下の通り。

・トップのスプルースにエイジングトナーが施され、黄色みがかった色になった
・ブレーシングと呼ばれる内部の作りが変更
・ネックの幅が太くなり厚みが薄くなっている(Modified Low Oval)
・糸巻き(ペグ)がオープン・ギア・チューナーに変更
・ピックガードの色が黒からべっこうに変更

見た目はヴィンテージの「D-28」に近付いた一方で、ブレーシングやネックには最新技術が利用されています。サウンドはより柔らかく豊かになり、音量もアップ。まさに「伝統」と「進化」という、マーティンの特徴を体現した1本となりました。

「D-28」のバリエーションや兄弟器について

そんな「D-28」には、いくつかバリエーションや兄弟器が存在します。

「HD-28」

「HD-28」とは、「D-28」のトップ材周辺にヘリボーンと言われる装飾が施された兄弟器です。さらに内部の作りも違うため、「D-28」に比べてシャリーンとした倍音豊かなサウンドが特徴です。また、ネックの形状が特殊でよりヴィンテージの仕様に近い「HD-28V」や、高性能なピックアップシステムを搭載した「HD-28E RETRO」などがあります。

「D-45」

「D-45」は、Dシリーズの中でも最高級の木材を使用して組み上げられた、マーティン史上最高のギターです。見た目が豪華なだけでなく、音色も間違いありません。

誰もが1度は所有を憧れるこのギターの新品価格は、なんと100万円オーバー!! 私もこのギターを所有し弾く姿を、何度妄想したか分かりません…。

「D-18」

「D-18」は、サイドとボディにマホガニーが使われているギターです。甘い中音域が特徴で、ジャキジャキとしたコードストロークを楽しめます。

ちなみに、ギブソンのアコギにはそのほとんどにマホガニーが使われています。

「D-35」

「D-35」は、バックのインディアン・ローズウッドが3ピースになっている点が特徴です。2ピースの「D-28」と比べて、軽快なサウンドをしています。違いは裏面にあるため、表から見ると「D-28」との違いは全く分かりません。笑

「D-41」

「D-41」は、「D-28」に「D-45」のような豪華な装飾を施したモデルです。
サウンドは他の兄弟器と異なり「D-28」とあまり差がないため、「D-45には手が届かないけど、あのルックスに憧れる…!」という方におすすめできます。

あなたも「D-28」を弾いてみよう!

「D-28」は多くのギターショップで販売されているため、手軽に試奏できます。ここまで様々な特徴を紹介してきましたが、実際に弾いてみるのが一番!

ぜひ1度手に取り、ご自身の耳でそのサウンドを確かめてみてください!

小林だいさく