YAMAHAのアコギの魅力とは?

YAMAHAのアコギの魅力とは?

こんにちは!musit「アコギ」担当のだいさくです!

「国産のアコギがほしいな〜でもどれが良いかわからない」
そんな方はYAMAHAのアコギがおすすめです。

なぜならYAMAHAのアコギは、コストパフォーマンスに優れており、どれを選んでも良い音がするから!
そこで今回は、YAMAHAのアコギの特徴や魅力について解説していきます。

YAMAHAってどんなメーカー?

YAMAHAは日本のメーカーなのですが、以下のようにさまざまな商品を取り扱っています。

  • 楽器
  • 半導体
  • 音響機器
  • 自動車部品
  • スポーツ用品

また、オートバイやトラクターを元々はヤマハ発動機は、元々ヤマハの二輪部門から独立した会社です。

YAMAHAのアコギの魅力とは?

※出典:YAMAHA

YAMAHAのアコギは、戦前から販売されている歴史の古い楽器。

長年に渡って培われたノウハウが詰まっています。

国内のハンドメイドによる煌びやかなサウンド

YAMAHAのアコギは、上質な素材を高い技術で加工しているため、全体的にクセがなく、コストパフォーマンスにも優れており、初心者から上級者まで満足できる仕上がりです。

フォーク、カントリー、ブルース、ロックまでジャンルを問いません。
弾き語りもよし、バンドの中でかき鳴らすもよし、様々な場面で活躍するギターです!

また、ヤマハのアコギには「ARE(Acoustic Resonance Enhancement)という独自の加工がされているのも特徴的。
AREは、温度や湿度、気圧などをコントロールし、ビンテージギターと同じような枯れた良いがします。

豊富なラインナップ

YAMAHAのアコギは、低価格帯から高価格帯まで幅広く揃っており、さまざまな材質が用いられているため、バリエーションも豊富です。
自分に合った好きな1本を見つけられます。

YAMAHAのアコギの中の最高峰!Lシリーズとは

YAMAHAのアコギの中で、僕が最も好きなのがLシリーズです。

Lシリーズの”L”は、ラグジュアリーの頭文字を取って名付けられたシリーズ。
品質は最高なだけでなく、ほぼ全タイプにAREの処理が施されたイングルマンスプルースが使われているため、音も最高です!

 

出典:YAMAHA

Lシリーズは、ボディの形状によって以下の3タイプに分かれています。

  • LL:ドレッドノートと同じ形状
  • LS:マーチンの000のような小柄なボディ
  • LJ:LLとLSの中間で中心が大きくくびれており、抱えやすい

また、Lシリーズには型番が振られており、基本的に数字が大きいほど価格も高くなります。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

86/56シリーズ

86と56は、最高級の材を使って組み上げられるフラグシップモデル!

見た目も超ゴージャスで、martin D-45と同じく風格のあるラインナップです。

特に「86 custom ARE」は、 完全受注生産でお値段なんと150万円(税抜)!!
「なんでそんな高いの?」
と思われた方。
理由は、材にハカランダという希少な材が用いられているです。

ハカランダ(ブラジリアンローズウッド)は、現在ワシントン条約で輸出入が制限されており、簡単にはギターの素材として利用できないため高額なのです。
一昔前のビンテージギターには、ハカランダが多く使われていましたが、現在の新品アコギにはほぼ使われていません。

そして56シリーズは、86のサイドとバッグを、インディアンローズウッドに変更しているモデルですので、お値段も100万円を切って50万円(税抜)ほどとなります。(それでも高い!!)

36シリーズ

36シリーズは、56と同じ素材で汲み上げられていますが、より装飾を抑えたモデルとなります。
それでも見た目は結構豪華!

汎用品のため楽器店でも吊り下げで売られており、お値段は36万円(税抜)(まだ高い!!)

YAMAHAの高級ギターを手軽に入手したい方におすすめです。

26シリーズ

26シリーズは、36シリーズから見た目のグレードをさらに下げたモデル。
見た目は36とほぼ変わりませんが、塗装がラッカー塗装からウレタン塗装に変更されているだけでなく、ペグやヘッド、ネックなど細かい部分が異なります。

お値段は、29万円(税抜)と36シリーズよりも若干手頃です。

16・6シリーズ

16・6シリーズは、Lシリーズの中でも安い価格帯ですが、他のシリーズにはない以下の2点の魅力があります。

  • カラーバリエーションが豊富
  • ピックアップを標準装備

カラーバリエーションは、ナチュラルの他に、ブラウンサンバーストなどがラインナップされており、好きな色を選べます。

また、ピックアップを搭載していることで、シールドを持っていくだけで、ライブで使用できる点も魅力的です。

お値段は、6万〜13万円(税抜)と比較的手頃。
実は即戦力になりうる、最もコストパフォーマンスに優れたギターであるといえますね。

その他のYAMAHAのアコギのラインナップ

YAMAHAのアコギのラインナップは、Lシリーズだけではありません。
以下のように様々なモデルがあります。

  • FG/FSシリーズ
  • Aシリーズ
  • CPX/APXシリーズ
  • トランスアコースティックギター など

FG/FSシリーズは、初心者でも手が出しやすい価格帯のものが揃っているシリーズ。

また、AシリーズやCPX/APXシリーズのギターには、SRTというYAMAHA独自のピックアップが搭載されており、ライブで最高の音が出せます。

そしてトランスアコースティックギターは、アンプやエフェクターを通すことなく、リバーブやコーラスがかけられる画期的なアコギ。
もちろんピックアップも内蔵しているため、ライブでの演奏も可能です。

僕が今買うならコレ!

最後に僕が今YAMAHAのアコギを買うならコレ!という物をご紹介します。

LLX-36c

LLX-36c最高級のLシリーズに、ARTというピックアップがついた最高峰のエレアコ。
生音よし、ラインを通してもよしの正に「コレ1本あれば何もいらない」と言えるアコギです。

しかし、お値段なんと54万円(税抜)!!
加えて一度販売が停止されて、2017年の3月から販売が再開されたギターでもあるため、またいつ販売停止になるかと思うと夜も眠れません。

頼むから、僕が生きている間は、ずっと売り続けていて欲しい・・・
そう願う毎日です。

国産の良質なアコギが欲しいならYAMAHA一択!

YAMAHA のアコギは、低額なものから高額なものまでラインナップされていますが、どれも値段以上のパフォーマンスを誇る最高のアコギばかり!

国産のアコギが欲しい方や、コストパフォーマンスに優れたアコギが欲しい方にとっては、最高の選択肢でしょう。

YAMAHA のアコギは、全国の楽器店で気軽に試奏できるだけでなく、YAMAHAの専門店に行けば86シリーズや56シリーズも試奏できる可能性もあります。

ぜひ一度実物を手に取って、その音を体感してみてください。

小林だいさく