僕が使用しているアコギ・機材

僕が使用しているアコギ・機材

こんにちは!musit「アコギ」担当のだいさくです!

今回は僕が使用している機材を紹介していきたいと思います。

僕は、一時期、最高で5本のギターを持っていましたが、現在は2本に絞りました。
「本当に使うものだけ絞ろう!」と思ったからです。

また機材もコンパクトで高性能なものを選んでいます。

アコギやプリアンプ、弦、どれを買おうか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

アコースティックギター「BEFFNICK NEO」

僕は、BEFFNICK(ベフニック)のNEOというアコギをメインで使用しています。

BEFFNICKは、佐賀県在住の名ルシアー合瀬潤一郎さんが作成する完全オーダーメイドのアコギブランドです。
BEFFNICKのアコギは、以下のような日本を代表するミュージシャンが使用しています。(敬称略)

  • 大橋卓弥(スキマスイッチ)
  • 斉藤和義
  • スガシカオ
  • ワタナベシュウヘイ
  • 石成正人

僕がBEFFNICKのアコギを購入したのも、スキマスイッチのボーカル大橋さんが弾いているのを見て「かっこいい・・・」と思ったのがきっかけでした!

価格は購入当時で35万円ほど。
当時勤めていた会社のボーナスをほぼ全てをつぎ込んで購入しました!

2014年12月にオーダーをして、翌2015年5月に届きました。
届いたときのワクワクは今でも鮮明に覚えています!
土曜日に届いたのですが、土日がBEFFNICKを弾いて一瞬で終わったのは言うまでもありません(笑)

2020年時点で、注文してから届くまで約1年かかるとか!
とても大人気のアコギです。

前置きが長くなりましたが、BEFFNICK NEOで気に入っているポイントは以下の3点です。

1.とにかくとにかく音が素晴らしい

やはりなんと言っても音色が最高級品です!個人的には、100万円を超える名アコギと同じくらい良い音だと感じています。

BEFFNICK NEOを購入したとき、Martin D-28も所有していたのですが、明らかにBEFFNICK NEOの方が良い音でした。

ボディサイズは、BEFFNICK NEOの方が小ぶりながらも、低音はドレッドノートサイズに引けを取らず、全体的な鳴りは圧倒的にBEFFNICK NEOの方が上でした。

ピックアップとの相性も良く、ライブでも大活躍!
いろいろな人から「あれどこのギターですか?」って聞かれます。

2.抱えやすいボディサイズ

BEFFNICK NEOのボディサイズは、Martin のOMのようにスケール(弦の長さ)が長く、幅は薄く作られており、ボディ真ん中あたりで大きくくびれています。
このサイズ感のおかげで良い具合に抱えやすいです。

持ちにくいアコギって演奏のときに結構なストレスなんですよね。
BEFFNICK NEOは、とても抱えやすいため本体の保持にストレスを感じることなく、演奏に集中できます。

3.自分好みにオーダーが可能

ベフニックのギターは、1本1本が合瀬氏の手作りですので、使用する材料やセッティングなどを自分の好きなようにオーダー可能です。

僕はあまりカスタムオーダーはしていないのですが、弦高が低いギターが好きなので、6弦12フレットの弦高を2.5mmでオーダーしました。

他にもボディシェイプをカッタウェイにできたり、塗装もある程度自由に選べたりします。
また、ピックアップも希望のものをマウントしてもらえます。

アーティストのような楽器にこだわりがある人は、オリジナルのインレイをヘッドや指板に入れたりされていますね。

まさに世界で一本のオリジナルアコギを手に入れられます。

以上がBEFFNICK NEOの気に入っている点です。

悪い点ですが、正直ありません!

見つかりませんでした!

売る予定もまったくありません!

僕がこの世を去るときは棺に入れて欲しいです(笑)

オーダーされたい方はこちらのホームページからどうぞ!

ガットギター「YAMAHA NTX700」

2本目はYAMAHAのガットギター、YAMAHA NTX700です。

僕はガットギター(クラシックギター)の甘くしっとりした音色が大好きで、しっとりとしたバラードを歌うときは、ガットギターに持ち替えることがあります。

数あるガットギターの中でも、YAMAHA NTX700が気にいているポイントは以下の3点です。

  1. ネック幅がアコギと変わらない
  2. 高性能なピックアップとプリアンプ内蔵
  3. 高級品と変わらない音色

通常ガットギターは、ネック幅がアコギよりも広いので、持ち替えたときに違和感や弾きにくさを感じることがあります。
しかしYAMAHA NTX700は、ネック幅がアコギとあまり変わらないため、アコギから持ち替えても違和感なく弾けます。

また、YAMAHA NTX700には、A.R.T. 2way (SYSTEM-61)というピックアップが搭載されており、音色を好きなように調節できます。
さらにチューナーも内蔵されているため、とにかく便利!

サウンドも申し分なく、高級品と変わらない音色が特徴です。
とてもコストパフォーマンスの高いガットギターだと思います。

ピックアップ「Fishman Matrix Infinity」

BEFFNICK NEOには、Fishman Matrix Infinityがマウントされています。

Fishman Matrix Infinityは、ピエゾピックアップです。
ブリッジの下に仕込まれたピエゾ素子が、ギターの弦の振動を拾って電気信号に変換し、アンプやDIから出力してくれます。

本当はこのピックアップではなく、L.R.baggsのアンセムを付ける予定だったのですが、「ハウリングの可能性があるのでこっちの方がおすすめですよ!」とのことで、FishmanのMatrix Infinityが搭載されました。

当時僕は、Fishmanというメーカーをあまり知らなかったのですが、実際に使ってみるとあまりの良さに驚きました!

気に入っている点は以下の2点です。

  • 抜群に良い音
  • 本体の鳴りを損ねないコンパクトさ

Matrix Infinityは、ピエゾ臭いペチペチとした音があまりしない印象。
アコギの生音に近いサウンドを出力できます。

また、ピックアップ本体がコンパクトですので、アコギ本来の音が損なわれてしまわれる心配が少ない点も気に入っています!

プリアンプ「zoom A3」

プリアンプは、zoom A3を使用しています。

zoom A3には、「D-45」や「J-45」など数々の名アコギの音が登録されており、アコギが本来持っている「ボディ鳴り」を再現してくれます。

また、リバーブやディレイなどのエフェクト類も様々な種類が登録されており、音作りの自由度も高い点がさらに魅力的ですね。

コンパクトなボディに高機能が詰まったとてもおすすめのプリアンプ・エフェクターです。

その他の機材

その他の機材は、以下の通りです。

  • シールド:KAMINARI Acoustic Cable
  • 弦:アーニーボール Ever Last(フォスファーブロンズ・ミディアムライト)
  • ピック:フェンダーもしくはmartinのべっ甲のティアドロップ型ピック
  • カポタスト:G7TH NASHVILLE CAPO(シルバー)

上記のうち弦についてはこの記事を執筆している段階では、アーニーボールを使用していますが気分によって変わります。
しかし色々試した結果、アーニーボールを張っているときの満足度が一番高い気がするので、今後しばらくはこの弦を張り続けると思います。

アコギは機材選びも楽しい!

今回は、僕が所有しているアコギや機材をご紹介しました。

20代で得たお給与のほとんどをアコギや機材につぎ込み、購入と売却を繰り返して自分なりに選びぬいたものが今の手元にあると感じています。

アコギに限らず、音楽の醍醐味は自分にあった機材やサウンドを探すこと。

あなたも自分にとって良い機材や楽器を探してみてください!お財布の許す限り!

小林だいさく