キングオブアコースティック!martin D-45の魅力とは

キングオブアコースティック!martin D-45の魅力とは

こんにちは!「musit」アコギ担当のだいさくです。

僕には、いつか入手したいと考えている夢のギターがあります。
それは「MartinのD-45」
アコギを弾いている人なら誰もが知っている超高級ギターです。

今回は、D-45を詳しく知らない人のために特徴について詳しく解説していきます。

D-45とは

※出典:MARTIN CLUB JAPAN

D-45は、マーチン(Martin)のフラグシップモデルです。

マーチンといえば、エレキに手を出すことなく、ひとすじにアコギを製造し続けているメーカー。
伝統を大切にしつつ、積極的にテクノロジーを取り入れて、常に進化したアコギを造り続けています。

D-45がMartinで初めて製造されたのは、D-28よりも2年後の1933年。
ミュージシャンのジーン・オートリーが、自身のアコギを特注したのがきっかけだといわれています。

その後、1938年から一般販売されるようになり、日本においても1970年のフォークブームで使用者が増えました。

D-45を使用している著名なアーティストの例は、以下の通りです。

  • 加藤和彦
  • 日高富明、堀内護(ガロ)
  • 石川鷹彦
  • 小渕健太郎(コブクロ)
  • 福山雅治
  • 草野マサムネ(スピッツ)
  • 森山直太郎
  • 坂崎幸之助(THE ALFEE)

特に森山直太郎が使っている個体は、サイドバックがハワイアンコアの特注品!
見た目もめちゃくちゃかっこよく、あれで弾き語りをするときっと気持ち良いのだろうな〜と思います。

D-45の特徴

次にD-45の詳細な特徴について解説します。

伝統あるDシリーズ

Dはドレッドノートの略称で、マーチンが販売するアコギの中で最も大柄なボディサイズです。

ボディサイズが大柄だと、低音が響くようになるため、6弦を弾いたときのズドンと重厚感のある響きが特徴的ですね。

豪華な見た目

D-45のような40番台の型番が与えられているアコギは、最高級の材を使って組み上げられており、形が同じD-28よりも装飾がとにかく豪華です。

特にヘッドの「Martin」の文字が縦書きになのが最高にカッコいい!!
他にも指板やサウンドホールのインレイも豪華になっており、アコギに詳しくない人が見ても、一目見ただけで特別な存在であることが分かります。

最高級の素材を使って組み上げられる

D-45の特徴は、見た目が豪華なだけではありません。
材料も厳選された最高級グレードのものが使用されているのです。

D-45も他のマーチンのアコギと同様に、2017年から仕様が変更されており、2020年2月時点では以下のような構成となっています。

  • トップ板:シトカスプルース単板(エイジング・トナー加工)
  • サイド・バック:インディアン・ローズウッド
  • ネック:マホガニー(モディファイド・ロー・オーヴァル)
  • ブレーシング:フォワード・シフテッド・スキャロップド・ブレーシング
  • 指板:エボニー
  • ペグ:オープン・タイプ

2017年で大きく変更された点で特徴的なのは、ネックのモディファイド・ロー・オーヴァルという形になったことです。
ナット幅が44.1mmと広い代わりに、全体的に薄いため、ハイポジションまでスムーズに演奏できるようになりました。

また、ブレーシング(アコギ内部に施された木の構造)が、ネック寄りの形に変更されています。

基本的には、D-28と同じ構成なのですが、同じ材料でも木目が綺麗で音の響きが良い素材がセレクトされています。
加えて、ネックの材料はD-28がセレクトハードウッドなのに対し、D-45はマホガニーが使用されている点で異なっています。

このような構成であるD-45のサウンドは、全体的にとても煌びやか。
また、高音も伸びるため、ギブソンのように無骨で男臭いサウンドとはまた違った魅力があるのです。

目が飛び出るほど高額

D-45の値段はとにかく高額!
新品は、100万円オーバーですので、簡単に買えるものではありません。

また、中古品の中でもヴィンテージと呼ばれる個体は、数百万円する場合もあります。

例えば、戦前に91本しか製造されなかった「pre war」と言われるモデルや、1968〜1969年に製造されたモデルの価格は、数百万円。
もはな高級車が買えるレベルでございます。
しかも、市場にもなかなか出回らないため、お金があったとしても買えません。

これほどまでにヴィンテージのD-45が高いのは、材料にハカランダ(ブラジリアンローズウッド)が使われているのが最大の理由でしょう。

ハカランダは、ワシントン条約によって輸出入に制限が設けられており、新品のアコギでは一部の特注品でしか使用されておらず、大変貴重な材料なのです。

もしD-45を入手したらどうする?

ここからは、もし僕が新品のD-45を手に入れたらどうするのかを解説していきます。

※ここからは僕の完全な妄想です。

ピックアップはL.R Baggs 「Lyric」

L.R Baggs 「Lyric」は、マイク型のピックアップで、ピエゾやマグネティックと比較してほぼ完全な生音を出力できます。
そのため、D-45の音を存分に届けることができ、オーディエンスは美しい音に酔いしれてうっとり・・・

加えてLyricは、取り付けの際にアコギ本体をあまり改造しなくてよいため、アコギ本来の鳴りにあまり影響を与えません。
また、取り外すことで元のボディに戻せる点も魅力的です。

弦はアーニーボールのエバーラスト

アーニーボールのエバーラストは、押尾コータロー氏も使用している高級弦で、現在僕が所有しているアコギにも張られています。

エバーラストはコーティングが施されているにもかかわらず、コーティング弦独特のギラギラさがないためとても気に入っています。

歌を練習しまくる

僕は基本的に弾き語りや、小編成のアコースティックで伴奏をすることが多いです。
そこで、D-45のサウンドに負けないように、自分自身の声も磨かなければなりません。
でないと歌がギターのパワーに負けてしまいます。

そのため、歌をもっと練習し技術を磨くでしょう。
(普段から練習すべきですよねすみません)

まとめ

今回は、MartinD-45の魅力について解説しました。

新品では100万円オーバーの最高級アコギですが、値段に負けないくらいの魅力が凝縮されています。

高額な割りに全国の楽器店でよく展示されているため、見かけた際は実際に手にとってぜひ試奏してみてください!
その日からD-45のことが頭から離れなくなっても責任は取れません。

小林だいさく