弾き語りにぴったり!Gibson Hummingbirdの魅力を解説

弾き語りにぴったり!Gibson Hummingbirdの魅力を解説

こんにちは!musitのアコギ担当「だいさく」です!

「弾き語りにピッタリなアコギを探している」
「見た目がかっこいいアコギないかな」

こんな方におすすめしたいのが、Gibson Hummingbird(ハミングバード)です。

僕が大好きなアコギであり、初めて購入した高級アコギでもあります。
しかも1回購入して、その後飽きてしまって売ったのですが、また欲しくなってもう1度買い直したほど、魅力的なギターだったのです。

そこで今回は、Hummingbirdの魅力について解説していきます。

現実的な予算で、実用的なアコギを探している人は、ぜひご一読ください。

Hummingbirdとは

※出典:「Gibson

Hummingbirdは、Gibsonのギターの中でも上位機種として1960年に発売されました。
Gibsonの名器である、J-45が発売されたのが1942年であることを考えると、比較的新しいアコギといえます。

Hummingbird(ハミングバード)の名前の由来は、ピックガードに描かれているハチドリ。
このハチドリが目立つうえに、最高にロックでかっこいいのです。

またHummingbirdは、以下のように著名なアーティストに利用されてきました。(敬称略)

  • ジョン・レノン
  • キース・リチャーズ(ローリング・ストーンズ)
  • ミック・ジャガー(ローリング・ストーンズ)
  • 小渕健太郎(コブクロ)
  • 福山雅治
  • 北川悠仁(ゆず)
  • 清水依与吏(back number)
  • つんく♂(シャ乱Q)
  • 長渕剛
  • 河口恭吾 など

ロックやフォーク問わずに、いろんなジャンルのアーティストに愛されてきました。

メーカーはギターの老舗「Gibson」

Hummingbirdの製造元は、ギターを弾く人なら知らない人はいない、老舗ギターメーカーのGibson(ギブソン)です。
「J-45」や「レスポール」など、アコギだけでなくエレキも販売しています。

実はGibsonは、2018年に1度事実上の経営破綻をしています。
しかし2020年2月においても、新商品を販売しつづけており、今後もどのような商品を発売してくれるのか非常に楽しみです。

Hummingbirdの特徴

多くの人に選ばれているHummingbirdには、どのような特徴があるのでしょうか。

ハニートーンと呼ばれる極上のサウンド

Hummingbirdは、J-45やJ-200といった他のGibson製アコギとは、全く違う独特の音色を持っています。

Hummingbirdが持つ独特の音色はハニートーンと呼ばれており、その名の通り甘い響きが特徴的。
豪快ながらもまとまりがあり、サスティン(音の伸び)は比較的短めで、音のレスポンスもとても良いです。

ストロークでガシガシ弾きたい時、アルペジオでしっとりと弾きたい時、どんなときも弾き手の意思に忠実に音を奏でてくれます。

そのため、いろんなジャンルの人におすすめできるアコギといえるでしょう。

ちなみに、1962年に発売された「Dove」はHummingbirdの兄弟機といる存在です。
ボディの形はそのままに、材料が変更され、ピックガードに鳩が描かれています。

使用されている材

Hummingbirdの構成は、以下の通りです。

  • トップ板:シトカスプルース単板
  • サイド・バック:マホガニー
  • ネック:マホガニー(43.8mm)
  • 指板:ローズウッド(ダブル・パラレログラム・インレイ)
  • ピックアップ:L.R baggs Element VTC

使われている木材は、J-45とほとんど変わりません。
マホガニーが持つ甘くて太い中音域はそのままに、Hummingbirdの特徴の一つである、大柄なスクエアショルダー型のボディにより、低音域に大きな存在感があります。

ネックの幅は43.8mmであるため、42.9mmのアコギや、ナローネックのヴィンテージギターから持ちかえると、ネックの太さにより弾きにくさを感じるかもしれません。

さらに、標準でL.R baggs Element VTCが搭載されているため、シールドがあればアンプやDIから出力でき、エレアコとしても威力を発揮します。

価格帯

Hummingbirdは、2020年2月現在で以下の2種類が新品で販売されています(限定モデルを除く)。

Hummingbird VCS(Vintage Cherry Sunburst):約40万円
Hummingbird Studio:19.8万円

Hummingbird Studioは、通常のモデルからボディの厚さを薄めにし、サイド・バックの材料がマホガニーからウォルナットに変更された、手ごろな価格で手に入るモデルです。

また、ヴィンテージもののHummingbirdは、1964〜1965年のモデルにおいて、状態によっては100万円近くで販売されているケースがあります。
ヴィンテージのHummingbirdは、枯れたハニートーンが最高なだけでなく、経年劣化によって消えかかったハチドリがかっこいいのです。

いつか欲しい・・・

Hummingbirdの魅力

最後に、なぜ僕がHummingbirdとが好きか解説していきます。

弾き語りに最適な音色

僕は、基本的にギターソロはせず、弾き語りや歌の伴奏をする目的で、アコギを弾きます。
そしてHummingbirdの音色は、歌の邪魔をしない周波数帯であると言われており、弾き語りや歌の伴奏にぴったりなのです。

歌のジャンルも問いません。
そのため、このアコギさえあればさまざまな楽曲を楽しむことができます。

個人的に気に入っているのは、ブロンズ弦を張った時の6弦の音。
「ゴォォーン」と、コシがあって体の奥底まで響いてくる低音が大好きです。

僕は弾き語りをするうえで、ベース音をいかにきちんと鳴らすかが重要であると考えています。
ベース音さえしっかりしていれば、大きく崩れる心配はありません。

それに気づかせてくれたのは、間違いなくHummingbirdの低音であると思います。

ピックアップ内蔵で即戦力としての活躍が期待できる

Hummingbirdには、L.R.BaggsのElement VTCが標準で搭載されています。

Martinのアコギは、基本的にピックアップが付いておらず、後付けで搭載しなければなりません。
ピックアップを後付けするには、穴を開けたり広げたりと改造が必要です。
そのため追加の工賃がかかるだけでなく、手元に戻ってくるまで1週間ほどかかることもあります。

Hummingbirdは、ピックアップが標準搭載であるため、購入後すぐに持ち帰れます。
また、すでに穴が空いているため、他のピックアップへの交換も比較的簡単にできます。

実際に僕は、2代目のHummingbirdを購入したとき、Element VTCからAnthemに自分で交換しました。
(でもちょっとマイクの取り付けが難しかったのでやはりプロに頼むと確実です笑)

良いアコギを買ってみたい人はHummingbirdを

Hummingbirdは、音楽のジャンルを問わずいろいろな人におすすめできる最高のアコギです。

もしまだ高級なアコギを所有したことがない人は、ぜひ一度試奏してみてください!
きっとHummingbirdの魅力に取り憑かれるはずです。

小林だいさく