これぞ名器!「Martin D-18」の魅力を徹底解説

これぞ名器!「Martin D-18」の魅力を徹底解説

こんにちは!musitアコギ担当のだいさくです。

今回紹介するアコースティックギターは、Martin(マーティン)D-18

「あ、D-28と似たやつね」と思われることの多いギターですが、D-18には、同じシリーズのD-28やD-45にはない魅力が詰まっています。
数々の有名アーティストも所有するMartinD-18。これを読めば、きっとあなたもMartinD-18が欲しくなるでしょう。

Martin(マーティン)D-18とは?

(※画像引用:MARTIN CLUB JAPAN

Martin D-18は、アメリカの老舗アコギメーカー・Martinが販売するアコースティックギター。Martin D-28が製造された翌年の、1932年に製造が開始されました。

Martinは、伝統を大切にしながらも積極的に先進的なテクノロジーを取り入れており、アコギを一筋に製造し続けている大手メーカーです。
そんなMartinが販売するD-18は、以下のような名だたるアーティストがメインギターとして愛用しています。

  • エルヴィス・プレスリー
  • ポール・サイモン(サイモン&ガーファンクル)
  • 石川鷹彦
  • 福山雅治
  • 岩沢厚治(ゆず)
  • 吉井和哉(THE YELLOW MONKEY) など

またこの他にも、サブギターとして所有しているアーティストは多数。D-18はそれほどまでに信頼性が高く、優れたアコースティックギターなのです。

Martin D-18の特徴

ではなぜ、Martin D-18が多くのアーティストから選ばれているのでしょうか?
次はMartin D-18の特徴や魅力について、詳しく解説していきます。

D-18はMartinの定番「Dシリーズ」

D-18の「D」とは、イギリスの大型戦艦であるドレッドノート(Dreadnought)のこと。
その名の通り、D-18はMartinが販売しているアコギの中でも、最も大柄なボディサイズを誇っています。

大きなボディサイズさながら、ズドンと響く6弦の音がD-18の特徴。
また、現在販売されているアコギの多くはMartinの「Dシリーズ」を元にしていると言われており、まさにアコギ界のスタンダードモデルなのです。

サイドバックに「マホガニー」が使われている

Martin D-18は、以下のような組み合わせで構成されています。

  • トップ板:シトカスプルース単板(エイジング・トナー加工)
  • サイドバック:マホガニー
  • ネック:セレクトハードウッド(モディファイド・ロー・オーヴァル)
  • ブレーシング:フォワード・シフテッド・Xブレーシング
  • 指板:エボニー
  • ペグ:オープン・タイプ

Martin D-18とD-28は一様に「よく似ている」と言われますが、全く同じ構成で作られている訳ではありません。ボディのサイドとバックに使われている材料の違いによって、それぞれの奏でる音の響きが異なるのです。

例に挙げると、Martin D-28やD-45のサイドバックには「インディアン・ローズウッド」が使われていますが、一方でD-18には「マホガニー」が使われています。
この「マホガニー」は、J-45Hummingbirdなど、Gibson(ギブソン)製のアコギに採用されることの多い木材。中高音の甘い響く音に温かみがあり、抜けの良さもとても魅力的な木材です。(反対に、Gibsonはローズウッドのアコギをあまり取り扱っていません)

マホガニー製のアコギはローズウッド製のものとは一味違った魅力があり、SSWからバンドのボーカルまで、幅広く人気があります。

魅力的なヴィンテージモデル

D-18のヴィンテージモデルは音が枯れてよく鳴るだけでなく、6弦の低音がとにかく響くまさに玄人好みの名器。

またD-18の場合、製造が開始されたときから現在に至るまで、サイドバックにはマホガニーだけが使われています。
そのため、入手が困難なハカランダ(ブラジリアン・ローズウッド)を使用しているD-28やD-45と違い、1960年代より前のモデルでも手が届きそうな価格で入手できる可能性があるのです。(いや、それでも十分高いのですが…)

「Martin D-18」は今僕が最も欲しいアコギ

もし自由に遣えるお金が50万円ほどあるとしたら、僕は間違いなくMartinのD-18の購入費にあてるでしょう。

今僕が所有しているアコギ、beffnick(ベフニック)neoはサイドバックがローズウッドです。
beffnick neoのサウンドは申し分なく最高。D-28やD-45といったローズウッド製のアコギを購入しても、満足できないのでは?と思ってしまうほど。(そもそもD-45は50万円ではまず買えませんが…)

そこで欲しくなってくるのが、D-18のようなマホガニー製のアコギです。
しかしGibson製アコギのうち、J-45やJ-50はサウンドがあまり好みではありません。
Hummingbirdは過去2回所有したことがあるため、次にマホガニーのアコギを買うときは、D-18が最適であると考えています。

お金を貯めて生活に余裕が出たら購入したい、そしてD-18をかき鳴らしたいと、日々妄想に耽っています。

D-18は、D-28と同じく全国の楽器屋で販売されています。気になる人はぜひ近くの楽器屋に足を運び、実際に試奏をして、D-18の魅力溢れる音に触れてみてはいかがでしょうか。

小林だいさく