死んだ僕の彼女、5年振りの新作『shaman’s daughter』リリースで見えたバンドの在り方

死んだ僕の彼女、5年振りの新作『shaman’s daughter』リリースで見えたバンドの在り方

ノイズポップ・シューゲイザーバンド「死んだ僕の彼女」が先日、約5年振りとなる新作AL『shaman’s daughter』をリリースした。

今作は2021年公開予定の映画「シャーマンの娘」のコンセプトアルバムとして制作され、劇中歌「winter reminds me of you」、エンディングテーマ「rebirth and karma」を収録。また、ジャケットデザインは前作同様にイラストレーターの河合真維が担当し、こちらも映画タイトルをイメージしたものに仕上がっている。

今回は、Ishikawa(Vo&G)とKinoshita(G)の二人にインタビューを敢行。5年振りとなる新作リリースへの思いや、本作を通して見えた今後のバンドの行方について詳しく話を聞いた。

「コンセプトアルバム」に囚われない、あくまで死んだ僕の彼女らしい音

ーー『shaman’s daughter』はバンド初のコンセプトアルバムということで、まずは今回、どのような経緯で井坂監督からオファーを受けたのか教えてください。

Ishikawa:昨年の春頃に井坂監督から突然「長編映画を作るので、(死んだ僕の彼女の)既存曲を使わせて欲しい」っていう内容のメールが届いたんですよ。で、とりあえず直接会って話すことになって、井坂監督とKinoshitaくんと新宿で飲みながら話してたら、彼がすごく熱意のある人だっていうのが分かったので、主題歌も既存曲ではなく新しく曲を作って提供しましょう、と。

それから2019年の6月ぐらいに改めて井坂監督と具体的に打ち合わせをして。そこである程度方向性が決まったので、10月から今年の2月ぐらいまでの間にバンドメンバーと制作を進めていったっていう感じですね。

ーー映画に起用する楽曲に関して、井坂監督から細かい要望などはあったのでしょうか。

Ishikawa:特にはなかったです。というのも、井坂監督が元々死んだ僕の彼女のファンだったらしく、「自然体で作って欲しい」っていう部分もあったみたいなんですね。だから〈映画の劇伴を作る〉というよりかは、死んだ僕の彼女としての楽曲を好きなように作って、出来上がったものをいくつか向こうに投げて、そこから映画に起用したい楽曲を選んでもらうっていう段取りで進めていきました。

ーー確かに、今回のアルバムは「コンセプトアルバム」という名目でありながら、死んだ僕の彼女のリスナーにとっても聴き馴染みの良いアルバムに仕上がっているなと感じていました。

Ishikawa:そうですよね。逆に映画の内容が死んだ僕の彼女の歌詞だったり、曲の世界観をモチーフにしているようなところもあって。だから自然体で作っていっても上手くマッチしてくれたんだと思います。

ーーそういえば「rebirth and karma」のMVもラストで主人公の女の子が半狂乱的にバットを振り回すシーンがあって、死んだ僕の彼女のサイケデリックなイメージを見事に表現していますね。

Ishikawa:そうなんです。

ーー型に囚われずに制作を進めていったということは、普段の楽曲制作と特に目立った違いはなかったのでしょうか。

Ishikawa:「映画の世界観に合わせて楽曲を作ろう」っていう意識は全くありませんでした。でも、やっぱり久々に作るから、今までより凝ったものを作ろうという気持ちはありましたね。前作よりも少し工夫をしてみたくなったというか…。

Kinoshita:そうだね。まあ久々に録るっていうのもあったし、「試してみよう」っていうモードではあったよね。

ーーと言うと?

Kinoshita:今まで誰もやったことがないような、斬新なことを取り入れたわけではないけど、これまで死んだ僕の彼女がスタジオでやっていたことに比べたら一歩踏み込んだことをしたというか。
例えばレコーディングを進めていく中で「こんな感じだっけ?」って曖昧にしていた部分を、一回立ち止まって確認していく作業を今回は何度も繰り返していて。(確認作業は)良いところと悪いところがあると思うし、案外ノリで進めた方が良いものが生まれることもあるけど…。

Ishikawa:結果としてすごく良かったよね。良かったと思うし、改めて聴き直したら「細かい作業を繰り返したんだな」っていうのが伝わってくる感覚があった。

Kinoshita:最初に作ったデモとは全然違う感じがしたよね。

Ishikawa:『iliad』なんかは本当に全く違う曲になったよね(笑)。

ーー前作と比べて細やかな作業を繰り返したことで、よりバンド全体としてブラッシュアップされたんですね。

Kinoshita:ロックバンドってそれが良いのか悪いのか、荒削りな部分や初期衝動みたいなところがそもそもの魅力だったりもするから、あえて丸く収まってどうすんねん!みたいなところはありつつ…。

Ishikawa:ははは(笑)。


いくら自由にやろうと「死んだ僕の彼女」の音になる

ーー今回レコーディングエンジニアとして制作に参加したKensei Ogata氏とは、どんな風にやりとりを進めていきましたか。

Ishikawa:Ogataくんとは終始楽しくやらせてもらいました。そもそもレコーディングエンジニアとして参加してもらったのも、個人的にOgataくんが以前出したソロ名義のアルバム(『Her Paperback』)がすごく好きで、ずっと一緒にやりたいと思っていたんですよね。だから作業する前から楽しみだったし、実際一緒にやってみてもすごく有意義な時間になったし。

Ogataくんは「このエフェクターを使ったらこんなことできるよ」とか、「フロントピックアップにした方がこの曲には合うと思うよ」みたいなアドバイスを沢山くれるんですよ。

ーーおお、アドバイザーみたいなポジションですね。

Kinoshita:僕はほとんど何も言われず、自然体でレコーディングしてました(笑)。でも、Ishikawaくんがすごく楽しんでやってるな、っていうのはこっちにも伝わってきてたよ。

ーーバンドとして結成から15年、また5年振りの新作という面で、ファンにとっては音楽性が変わってしまったのではないか…という懸念もあるにはあったのですが。『shaman’s daughter』はそんな不安を見事に払拭してくれるような、素晴らしいアルバムでした。

Ishikawa:確かに結成から15年経ちますけど、15年間ずっとバンドばかりやっていたわけではないので…。そこは大きく音楽性を変えずに活動できている理由のひとつだと思います。

あと、僕個人としては「死んだ僕の彼女」っていうある意味アクの強いバンド名で活動してる限り、こういった音楽に帰結するところがあるので、いくら自由にやろうと思っても全くの別物にはならないんじゃないかと思うんですよね。逆に「バンドコンセプトの域から外れたものを作ろう」ぐらいの勢いでやっていた方が、案外ちょうどいいんじゃないかと。

ーー「死んだ僕の彼女」という枠の中で自由な表現を音楽に投じているからこそ、死んだ僕の彼女らしい音が鳴っているんですね。

Ishikawa:嬉しいです。制約がある中で面白いことを考えるのはすごく好きなことですね。

ーー死んだ僕の彼女の楽曲は、歌詞の中に「別れ」を連想させるものが多いですよね。今回も「rebirth and karma」の〈いつかはすべて消える〉とか「zaiakukan no nichiyoubi」の〈遠く遠く離れて消える〉とか。Ishikawaさんにとって「別れ」に対する特別な感情があるように感じましたが、その点はいかがですか。

Ishikawa:別れだったり、忘れてしまうことへの漠然とした残酷さは以前からすごく感じていて。逆らえないまま気持ちが移り変わってしまうのは残酷だよな、という感情が無意識のうちに自分の曲に出ているんだと思います。

バンドとしてのリスタートは「意思確認がとれたとき」

ーーコロナ禍で音楽業界全体が打撃を受けた2020年ですが、どのように過ごされましたか。

Ishikawa:4月から9月頃まではやっぱりコロナの影響で家で過ごす時間が普段より少し増えたので、趣味でギターやベースを弾いていました。90年代のバンドのバンドスコアをネットで購入して一人で弾くっていう。なかなか楽しかったですね。

あとは自分だけ出社しなくちゃいけない日も多かったので、会社にギターを持って行って、オフィスで曲のフレーズの断片を作ったりもしていました。そこで実際に作った曲が12月24日に発売されるコンピ(『V.A』※ TESTCARD RECORDSより発売)ソロの「死んだ僕の石川」名義でコンピCDに収録されるんですけど…、Kinoshitaくんも参加してたよね?

Kinoshita:僕はちゃんと自宅で作ったけどね(笑)。

ーーそれぞれの環境下で音楽制作はされていたんですね。では、今はある程度ストックがある状態ということでしょうか?

Ishikawa:ただフレーズの断片があるだけで、ストックというほどではないですけどね。けどもちろん、それが元になってまた曲が生まれる可能性も0ではないです。死んだ僕の彼女はそもそもバンドメンバー全員が「よし、曲を作ろう!」っていう確認がとれたときに動き始めるバンドだと僕自身は思っているので。
やっぱり長いキャリアの中で動いてない時期も多いですし、そうやって意思確認がとれたタイミングがリスタートというか、ひとつの区切りになっているような気がしますね。明後日もメンバーと会うんですけど、飲みながらなんとなく「とりあえず次もまた作ろうね」ぐらいは伝えようかなと(笑)。

ーー非常に楽しみです。では最後に、死んだ僕の彼女がこの先どこへ向かっていくのかを教えていただけますか。

Ishikawa:どんな形で出せるかはまだ分からないですけど、音源はこの先も作っていきたいですね、僕は。できたらフルアルバムも出したいし。この先も死んだ僕の彼女というバンドの世界観を世に広めていきたいです。

Kinoshita:ライブがしたいですね。それは、コロナが流行る前の生活に戻りたいかって言ったらそうではなくて。だって、当時も完璧だったわけじゃないし。でも人前で演奏したい気持ちは常にあるので、今後何らかの形でできたらなと。まあ、やったらやったで色んな悩みもまた出てくるんだろうけど(笑)。

Ishikawa:「あそこもうちょっとカッコよく決めたかった!」とかね。ただ、ライブ前はいつも迷いなく臨んでいたっていうのは確かだから。これからもそういう気持ちで演奏を続けていきたいよね。

【死んだ僕の彼女 information】

『shaman’s daughter』n_ingen RECORDより発売中
1. the secret of sunflowers
2. rebirth and karma
3. zaiakukan no nichiyoubi
4. iliad
5. winter reminds me of you

公式HP
Twitter
Instagram

【映画「シャーマンの娘」】

■監督・脚本:井坂優介
■出演:木原渚、長野こうへい、佐藤あかり、倉上桃圭、手塚眞、他
■劇伴・主題歌:死んだ僕の彼女

 

 

 

 

(取材/執筆:翳目)

musit編集部