奥深きアコースティック・ギターの世界

奥深きアコースティック・ギターの世界

緊急事態宣言が発令されてから、新しい「おうち時間」の過ごし方として、アコースティック・ギターとDTM(Desk Top Music)が大注目されています。

どちらも1人で没頭してできるので、家で過ごす時間が多いこの時期はぴったりですよね。

今回はアコースティック・ギター(通称アコギ)について語ってみようと思います。

アコースティック・ギターとは?

アコースティックとは、電気的な増幅を施さずに演奏する楽器全般のことを指します。

アコースティック・ギターには、大きく分けて以下の2種類があります。

スティール弦を張ったフォーク・ギター

フォーク・ギターの特徴は、スティール弦を張っているので音の伸びが良く、その名の通りフォーク・ソングなどの弾き語りなどに使われるギターです(ゆずや山崎まさよしもフォーク・ギターを使って演奏しています)。

ナイロン弦を張ったクラシックギター(ガットギター)

ナイロン弦を張っているため優しい音色が特徴で、クラシックの曲、ソロギターやロック・ソングの味付けで使われることが多いギターです。

つまり、自分がどんな演奏をしたいかによって選ぶギターが異なり、弾き語りがしたい方はフォーク・ギターやソロギター、
クラシックなどを弾きたい方は、クラシック・ギターを購入するのがおすすめです。

エレアコについて

上記の2種類にピックアップ・マイクを使い、アンプを通して演奏できるタイプがエレクトリック・アコースティック・ギター(通称エレアコ)です。

本当はエレアコと言うとクラシック・ギターも含まれるのですが、基本はみんなフォーク・ギターを指すことが多いので、まず無視して大丈夫です。

弾き語りがしたい方はフォーク・ギター、ソロギターの調べなどを弾きたい方はクラシックギターを選ぶのが、新しくギターを購入する際のポイントです。

最初はエレアコが良いのか?

まずライブをすることが目的なら、エレアコを選ぶのがおすすめです。
しかし実は意外なことに、エレアコと純粋のアコギって結構作りに違いがあるんですよね。

もちろんメーカーによっても変わるのですが、基本的な考え方として、純粋なアコースティック・ギターは性質上「生の音質」を重視するため、ボディが振動しやすく作られていて、響きが良いのが特徴的です。
一方でエレクトリック・アコースティック・ギターは、アンプを通して弾くことを前提で作られているので、ボディの共振を抑えてハウリングが起きないように作られています。
そのため生の響きでは、純粋なアコースティックの方が良くなる場合が多いのです。

ただ、エレアコはアンプで出した時に、心地良い音が鳴るように設計されています。ですからフラットな音色なものが多く、カッタウェイがついて、弦高も低く、プレイアビリティが高いモデルがほとんど。なので、エレキギターから入ってる人も弾きやすいのです。

また、何より「デザインが豊富」というのもエレアコの魅力。

このあたりははメーカーの思想によってまちまちなので、実際にお店で弾いてみることをおすすめします。

主なメーカーとしては

LAGギター

◯公式HP:https://www.lagguitars.com/ja_JP/ranges/smart-guitars

最近人気が出てきたメーカーです。

何本か弾いた印象だと、バランスの良いまとまったサウンドが特徴で、特にソロギターなどを演奏する方ににおすすめです。フランスのメーカーなだけあって、おしゃれな外観もグッド。

ヤマハ

◯公式HP:https://jp.yamaha.com/

日本が誇る世界的ブランド。2万円台からハイエンドまで手広く展開している大手メーカーです。ヤマハの魅力はなんと言っても、どの価格帯を選んでもその価格以上の物が手に入るところ。中でも「Lシリーズ」は安い価格帯の中でもイチ推しです。

ほかにも、「音を鳴らさないサイレントギター」や 「生音にリヴァーブをかける」など、ヤマハ独自のアイデア商品も出しています。

Kヤイリ

◯公式HP:https://yairi.co.jp/webshop/html/

国産にこだわる老舗メーカー。しかも永久保証付きの安心感。「職人が作るとこんなに良いギターができるんだ!」と心の底から実感できるギターです。

時間をかけて、ゆっくりと音色の変化を楽しむことができますよ。

Martin(マーティン)

◯公式HP:https://www.martinclubjp.com

世界のギターのスタンダードメーカー、マーティン。ここからギターが始まったと言っても過言ではないメーカーです。

昔、筆者も「D-35」を所有していましたが、グランドピアノのようなゴージャスなサウンドを提供してくれます。爪弾くだけでも素晴らしい音色を奏でてくれますよ。

Gibson(ギブソン)

◯公式HP:https://gibson.jp/

アイコン的存在の老舗メーカー。
良い意味で少し泥臭く、まさに「ロック」なサウンドが特徴です。

最初は「こんなもんか」と感じるかもしれませんが、思いっ切り弾いていくと、徐々にその良さが分かってくるメーカーです。

おわりに

アコースティック・ギターは生音で鳴らすというシンプルな演奏だけに奥深く、ほかにも沢山のメーカーがあります。実際に楽器店へ出向いて試奏を繰り返して、自分の気に入ったモデルを手に入れましょう。

奥が深い世界ですが、最初に良いギターを買うと開放弦で鳴らしても良い音を鳴らしてくれるので、楽しく練習を続けられますよ。

それでは皆さま、良い音楽ライフを。

Ot3