【ガジェットオタク大注目!】革新的なハンディレコーダー「ZOOM H8」はもうチェックした!?

【ガジェットオタク大注目!】革新的なハンディレコーダー「ZOOM H8」はもうチェックした!?

先日、エフェクターやハンディレコーダーなどをメインに取り扱う、
株式会社ZOOMからすごいレコーダーが発表されました。

その名も「ZOOM H8」。

(出典:https://www.zoom.co.jp/sites/default/files/products/downloads/images/H8_Slant.jpg)

今回は筆者が独自に調べた資料をもとに「ZOOM H8」の魅力について、たっぷりとご紹介していきます。

驚くべき高機能!「ZOOM H8」の魅力

バンドマンなら知らない人はいないであろう、ハンディーレコーダーやエフェクターを販売している株式会社ZOOM。
(余談ですが、海外ではエフェクターメーカーというよりは『プロクリエイター向けの会社』という印象が強いのです…。)

そんなZOOMが先日新しく発表した製品が、
今までにない革新的な高機能を搭載したハンディレコーダー「ZOOM H8」です。

「ZOOM H8」の魅力は、大きく分けて2つ。

1つ目は、購入した際のパッケージのまま、ステレオハンディーレコーダーに本格的なMTRと、オーディオインターフェイス機能が搭載されているという点。
MTRはなんと、6トラックを同時に入力することが可能!
オプションの「EXH-8」をつければ、さらに4トラックを追加することもできます。

そして2つ目は、ライブなどで録音をする際、ギターやベース・マイクはジャックに入れてLINE録音
ドラムについてはマイクでバスドラムを狙い、全体をレコーダー付属のステレオマイクで録音!
…なんてことも可能な点です。すごすぎる…。

 

(出典:https://www.zoom.co.jp/sites/default/files/products/downloads/pdfs/J_H8_QuickGuide.pdf)

パートごとに別録りするなら、最初にバスドラムとスネアを狙ったマイクをLINE入力に差して、
付属のステレオマイクでドラムパート全体を録音。

その後パソコンに録音していたドラムパートを移し、オーディオインターフェイスモードで他の楽器をパソコンに録音していく、なんて使い方もできそうですよね。

(出典:https://www.zoom.co.jp/sites/default/files/products/downloads/pdfs/J_H8_QuickGuide.pdf)

 

サイズは2.4インチと手頃な大きさで、スタジオやライブハウスに持ち運ぶ際も荷物になりません。
カラータッチスクリーンなので、暗い場所での見やすさも抜群。
さらに、用途に合わせて機能を最適化するための3つのアプリ(①FIELD②MUSIC③PODCAST)を搭載しており、より多くのミュージシャンに愛用されるハンディーレコーダーとなりそうな予感です。

加えて、2020年後半には、XY/ABマイク・VRマイク・4ch XLR入力の3つのマイクカプセルをリリース予定とのこと。
これらのマイクカプセルと合わせて利用することもでき、ポータブルレコーディングの可能性を無限に広げられるアイテムとなっています。

全国のバンドマン・クリエイター・ガジェットオタク大注目!「ZOOM H8」の可能性に期待大!

そんな期待の新製品「ZOOM H8」ですが、販売時期は7月中旬頃を予定しているとのこと。

まだ発表されたばかりでホームページ上でしか仕様を知ることができないのですが、
とても夢の詰まった仕様になっていそうです。

何よりもこのビ○・ザムのようなデザインがガジェットオタク心をくすぐりますよね(笑)

映像制作などでもかなり活躍しそうです。
「ZOOM H8」とデジタルカメラがあれば、プロクリオリティのプロモーションビデオも作れそうですよね。

価格はおよそ49,500円。
革新的な高機能ハンディーレコーダー「ZOOM H8」、ミュージシャンやクリエイターなら見逃す訳にはいきませんね!

筆者も今から楽しみにしています。

それでは皆さま、良い音楽ライフを〜

Ot3