James Blake、約2年半ぶりの最新アルバム『Friends That Break Your Heart』が10/8にリリース

James Blake、約2年半ぶりの最新アルバム『Friends That Break Your Heart』が10/8にリリース

ロンドンのプロデューサーでシンガーソングライターのジェイムス・ブレイク(James Blake)が、約2年半ぶりとなる5枚目のスタジオ・アルバム『Friends That Break Your Heart』をいよいよ10月8日にリリース!(※当初は9/10リリースの予定でしたが延期が発表されました。)

本作は、SZA、JID、Swavay、Monica Martinがゲストとして参加した全12曲を収録。

7月22日には先行シングル「Say What You Will」をリリースしていたジェイムス・ブレイク。同曲のMVにはビリー・アイリッシュの兄であり、Demi Lovato、Halsey、GIRL IN REDなどの楽曲を手掛けていることでも知られているFinneasが出演している。

MVはセオドア・ルーズベルトの名言“Comparison is the thief of joy”(比較は喜びを奪う泥棒だ)の引用で幕を閉じるが、ジェイムス・ブレイクはこの曲のステイトメントとして下記のように語っている。

“The song is about finding peace with who you are and where you’re at regardless of how well other people seem to be doing”
(他の人がどれだけうまくいっているように見えても、自分が誰であるか、どこにいるかということに平和を見出すことを歌っている)
--James Blake Announces New Album ‘Friends That Break Your Heart’(Rolling Stone)

個々人の日常が可視化され、とかく他人と比べがちな昨今。疲弊する我々に対し、自己を見つめ直すことを呼びかけようとするジェイムス・ブレイクなりのメッセージであろう。

なお、本作のフィジカルでのリリースはCDのほか、ジャケットのデザインが異なるアナログも決定している。

先述したメッセージは、これらのアルバム・ジャケットにも暗示的だ。デザインは、イギリスのイラストレーターであるマイルズ・ジョンストンと協力して制作された。ジェイムス・ブレイク自身が自己を見失い、まるでパズルのように身体が欠損してしまった印象的なイメージは、シュルレアリスムをも想起させる。アルバムのコンセプトを視覚的に表現された秀作と言えそうだ。

RELEASE

James Blake『Friends That Break Your Heart』

Label – Republic Records / Polydor Records
Release – 2021/10/08

Song List:
1. Famous Last Words
2. Life Is Not The Same
3. Coming Back feat. SZA
4. Funeral
5. Frozen feat. JID, SwaVay
6. I’m So Blessed You’re Mine
7. Foot Forward
8. Show Me feat. Monica Martin
9. Say What You Will
10. Lost Angel Nights
11. Friends That Break Your Heart
12. If I’m Insecure

※各CD/レコードショップにて予約受付中

musit編集部