70年代フォークとエモを結び切なくも胸を焦がすSSW、Squirrel Flowerが来年1/28ニューEPをリリース!

70年代フォークとエモを結び切なくも胸を焦がすSSW、Squirrel Flowerが来年1/28ニューEPをリリース!

今年6月にアルバム『Planet (i)』』を発表したアメリカ・ボストン出身のシンガーソングライター、スクワレル・フラワー(Squirrel Flower)が2022年1月28日に早くも新作EPをリリースする。

スクワレル・フラワーは、エラ・ウィリアムズのソロ・プロジェクト。これまでエイドリアン・レンカー(ビッグ・シーフ)、サッカーマミー、ジュリアン・ベイカーらのオープニング・アクトを経験した超実力派アーティスト。来年1月に発売されるEP『Planet EP』では、ビョークの名曲「Unravel」のカバー「unravel」を収録。スクワレル・フラワーならではのリヴァーブとファズを使った、象徴的なヴォーカルメロディが映えるカヴァーに仕上がっている。

また、本日20時より収録曲「unravel」と「ruby at dawn」が解禁。各配信サービスまたはYouTubeより視聴可能。こちらも是非チェックしてほしい。

RELEASE

Squirrel Flower『Planet EP』

Label – Tugboat Records
Release – 2022/01/28

track list:
1. open wound
2. your love is a disaster
3. unravel
4. long day’s done
5. sitting in traffic
6. ruby at dawn
7. live wire

※「unravel」「ruby at dawn」先行配信URLはこちら
https://tugboat.lnk.to/SFEPS1

「unravel」MV

PROFILE

Squirrel Flower

1996年生まれ、マサチューセッツ州出身。音楽一家に育ちギターを独習。ジュリアン・ベイカーらとも共演を果たし、2020年にアルバムデビュー。フォークからブルーズ、エモに跨る切なく美麗なソングライティングで注目を集めるニューカマー。

musit編集部