シカゴの3人組、Horsegirlが6/3リリースのデビュー・アルバムより「World of Pots and Pans」をリリース

シカゴの3人組、Horsegirlが6/3リリースのデビュー・アルバムより「World of Pots and Pans」をリリース

新旧USオルタナ・ファンの期待を一手に引き受け、今年のSXSWでも大きな話題を呼んだ若きシカゴの3人組バンド、ホースガール(Horsegirl)が《Matador》より6月3日(金)にリリースされるデビュー・アルバムから新曲「World of Pots and Pans」を解禁した。

ペネロペ・ローウェンスタイン(Gt. Vo.)、ノラ・チェン(Gt. Vo.)、ジジ・リース(Dr.)からなるホースガールはシカゴの青少年芸術プログラムの重要なネットワークを通じて出会い、友情を育み、そして楽器演奏を学んで行った。自分たちがアクセスできないバーなどで行われる「大人のショー」とは一線を画し、ジンなどを制作・流通する独自の小さなアンダーグラウンド・コミュニティを作り上げ、バンドが深く心から愛する80年代、90年代のインディペンデント・ミュージックからの影響をDIYで具現化していき、シングル「Ballroom Dance Scene」をたった一枚リリースしただけで自らもファンを公言するヨ・ラ・テンゴ擁する名門《Matador》との契約を勝ち取った。

スティーヴ・アルビニのエレクトリカル・オーディオでダイナソーJr.やソニック・ユース、カート・ヴァイルを手掛けてきたジョン・アグネロを共同プロデューサーに迎えて制作されたアルバムは、かつて「カレッジ・ロック」と呼ばれていたスカスカしたメロディズム、90年代ラウンジ・ミュージックのようなレトロ・フューチャーな光沢、シューゲイズの暖かい轟音、ポストパンク由来のミニマルなフックとリズムなどを見事にバンドの血肉としてアップデートした全11曲を収録。脈々と受け継がれてきたオルタナティヴ・ロックの遺伝子を色濃く受け継ぎながらも、再びその歴史に新たな息吹をもたらす記念すべき作品がここに完成した。

6月3日に世界同時発売となる本作『Versions of Modern Performance』の日本盤CDには解説および歌詞対訳が封入され、ボーナス・トラックとして貴重なデモ音源を2曲追加収録。輸入アナログ盤は通常盤に加え、数量限定パープル盤が同時リリース。また日本ではBIG LOVE RECORDS限定でバンドのオフィシャル・サイトで販売されるクリア・ピンク盤が購入可能。各店にて予約受付。

RELEASE

Horsegirl『Versions of Modern Performance』

レーベル:Matador Records / Beat Records
リリース日:2022年6月3日

国内盤CD:OLE1846CDJP ¥2,200+税
国内盤特典: ボーナス・トラック2曲追加収録/解説書・歌詞対訳封入

輸入盤CD:OLE1846CD ¥1,850 +税

輸入盤LP:OLE1846LP ¥2,850 +税

限定輸入盤LP(限定パープル):OLE1846LPE ¥2,850 +税

収録曲:
1. Electrolocation 1
2. Anti-Glory
3. Beautiful Song
4. Live and Ski
5. Bog Bog 1
6. Dirtbag Transformation (Still Dirty)
7. The Fall of Horsegirl
8. Option 8
9. World of Pots and Pans
10. The Guitar is Dead 3
11. Homage to Birdnoculars
12. Billy
13. Billy (Demo) *Bonus Track for Japan
14. Birdnoculars (Demo) *Bonus Track for Japan

リリース詳細:https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=12679

musit編集部