いまさら聞けないカポタストの使い方と効果

いまさら聞けないカポタストの使い方と効果

「弾いてみたい楽曲があってコード譜を調べてみたけれど、難しくて弾けなさそうだ…」
「曲の中に抑えられないコードが出てくるのだけど、なんとかできないだろうか…」

ギターのコードの押さえ方は多種多様であるため、中には押さえにくいコードもたくさんあるでしょう。

最近のJ-POPはコード進行が複雑な曲も多く、「ギターでカバーしてみたいけれど難しすぎて断念した」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、難しい楽曲を簡単に弾きたいという方のために、今回はカポタストの使い方について解説していきます。

カポタストの使い方の前にKey(調)を理解しよう

カポタストは、ギターのフレットに装着することでギターのKeyを操作できる器具のことです。

そのため、カポタストを使いこなすにはKey(調)について理解をしておかなければなりません。

Key(調)とは“ハ長調”や“イ短調”など、曲の高さや明るさのこと。曲の印象を決定づける大事な要素です。
子供の頃に、音楽の授業で習ったのを覚えている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ギターの場合は“長調”や“短調”という言い方をせず“メジャー”や“マイナー”と呼び、“ド レ ミ”ではなく“C D E”言います。

下記の表を見てください。これは、各音階の表記の違いを表したものです。

また、CメジャーのKeyが二音上がると、Eメジャーとなります。例えば、ハ長調の主音はドのため、曲の最後の音はドで、コードはCで終わります。そしてギターやバンドの楽譜・スコアではCメジャーと表記されています。

カポタストの使い方は大きく分けて2種類

カポタストをギターのフレットに装着することで、ギターのKeyを操作できるのはお伝えした通りです。
そして、カポタストを装着する位置を、右に1フレットずらしていくごとに、Keyが半音ずつ上がっていく仕組みになっています。

例えば、カポタストを2フレットに装着し、Cのコードを弾くと実際はDの音が出ていることになります。

このようにKeyを操作できるカポタストですが、使い方には大きく分けて以下の2種類があります。

  • 単純移調
  • 平行移調

それぞれ、どのような場面で活用するのか確認していきましょう。

単純移調

単純移調とは、カポタストをギターに付けることで、歌いやすいKeyに直す際に行う方法です。
例えば、KeyがDの曲を弾き語りしていて「なんだか低いな」と感じた場合は、カポタストを2フレットや3フレットに装着して、同じDのフォームで弾くことでKeyを高く調整できます。

カラオケ機器にあるKey操作をイメージすると分かりやすいですね。

平行移調

平行移調は、カポタストによってギターの弾きやすいKeyに直す方法です。

例えば、E♭の曲をカポタストを使わずに、以下のコード進行を弾くのはとても難しいです。

・E♭/Gm7/Cm7/B♭

全てバレーコードが出てくるので、とても難しいですよね。何より指が疲れる!
そこで、カポを3フレットに装着し、Cのフォームで弾くと以下のようになります。

・C/Em/Am/G

このように、一気にバレーコードがなくなって簡単になりました!
弾き方は変わりますが、ギターから出ている音は、カポタストを付けずにE♭を弾いた場合と同じ。
カポタストを使って平行移調することで、どの曲でも簡単に弾くことができるようになるのです。

そして、カポタストを使うことでほとんどの曲がCメジャーやGメジャーのような、初心者でも簡単なフォームで弾けるようになります。

以下、初心者にとって難しいKeyの曲を弾く時に、カポタストを使って移調するおすすめのKeyをまとめました。(以下はすべてメジャーの場合です)

  • Key D♭:カポを1フレットにつけてC
  • Key D:カポを2フレットにつけてC
  • Key E♭:カポを3フレットにつけてC
  • Key E:カポを4フレットにつけてC
  • Key F:カポを5フレットにつけてC
  • Key G♭:カポを6フレットにつけてC、半音チューニングを下げてG
  • Key A:カポを2フレットにつけてG
  • Key B♭:カポを3フレットにつけてG
  • Key B:カポを4フレットにつけてG

このように、カポタストを購入してCやGのフォームを練習すると、ほとんどのKeyが弾けるようになるのです!

カポタストを使うと開放弦を生かした演奏ができる

カポタストを使うことで、さまざまな曲で開放弦を使って弾けるようになるというメリットがあります。

ギターの音は、開放弦の音がもっとも綺麗であると言われています。カポタストを使うことで、バレーコードばかりが出てくるKeyの曲でも開放弦を多く含む、CやGのフォームで弾くことができるようになるのです。

また、開放弦が多いとコードを弾きながらメロディも弾けるようになり、プリングオフやハンマリングオンなどのテクニックも駆使して、より凝った伴奏・演奏をすることができます。

カポタストを使うことで、聴衆をグッと惹きつける演奏も可能になるため、プロのアーティストでもカポタストを積極的に利用しているのです。

カポタストを利用するまでに覚えておきたいコード

万能なカポタストですが、使いこなすために覚えておくことが望ましいコードがあります。
特に初心者の方は、以下の二つは習得しておきたいです。

  • F
  • B

Fは、ギターの初心者が最初につまずくコード。カポタストを使って簡単に弾けるようになるとはいえ、Fの習得は避けられません。Key Cの曲を弾くためにはFは不可欠で、Key Gの曲を弾くときもBmというほぼFと同じ押さえ方のコードが出てくるからです。

また、BはFよりも難しいコードのため、半ば諦めている方も多いのではないでしょうか?
しかし、Bを覚えることでカポタストを使ってほぼ全ての曲が弾けるようになるのです。
私自身も、ギターが楽しくなったのはBが押さえられるようになってからでした!

FとBが押さえられるようになると、ギターの演奏が一気に楽しくなる可能性を秘めています。ぜひ、練習してみてください。

カポタストでさらに楽しいギターライフを!

カポタストは初心者が使う道具というイメージを持っている方もいますが、そんなことはありません。
確かに簡単に様々な曲を弾けるようになりますが、開放弦も生かして演奏の幅が広がるため、プロも積極的に利用しています。

まだカポタストを持っていない人は、数千円程度で購入できるので、ぜひ試してみてください!

小林だいさく