僕が尊敬するアーティストやミュージシャン

僕が尊敬するアーティストやミュージシャン

こんにちは!musit「アコギ」担当のだいさくです!

今日は僕の音楽家に影響与えたアーティストやミュージシャンを紹介していきたいと思います

僕はギターも好きですが、歌も大好き!僕に影響を与えたアーティストやミュージシャンも歌唱力が高い男性アーティストがほとんどです。

もし今回ご紹介する中で、ご存じないアーティスト・ミュージシャンがいればぜひ聴いてみて下さい。
(ちなみに今回の記事、アーティスト・ミュージシャン名については敬称略とさせていただきます!悪しからず!!)

玉置浩二

1人目は最も尊敬するアーティストである玉置浩二です。ソロとしても活躍されているだけでなく、安全地帯のボーカルとしても有名ですね。

この方の魅力は「圧倒的な歌唱力」と「天才ともいえる作曲能力、音楽センス」です。

歌唱力の高さは、とある番組で「音楽のプロが選ぶ歌唱力が高いアーティストランキング」で1位になったほど。

EXILE ATSUSHIも番組で共演した際に玉置浩二の歌唱力に圧倒された1人。収録後も親交を深め、自宅まで歌唱指導を受けに行ったそうです!

音楽家としての才能もとても素晴らしく、曲作りは毎日できるとのこと!テレビでもギター1本でその場で曲作りされたこともあります。(何度見ても鳥肌モノです)

その圧倒的な音楽センスゆえに、Mr.Childrenの桜井和寿やコブクロ、スキマスイッチ、いきものがかりの水野良樹など様々なアーティストに影響与えています。

個人的なおすすめの楽曲は「メロディー」や「MR.LONELY」「カリント工場の煙突の上に」など。
安全地帯の「恋の予感」「月に濡れたふたり」「あの頃へ」などもおすすめです!

CHEMISTRY

CHEMISTRYは、2001年にASAYAN(懐かしい!)というオーディション番組からデビューした、堂珍嘉邦と川畑要から成る男性2人組ボーカルユニット。

お2人のそれぞれの歌唱力の高さはもちろん、1番の魅力はお2人の奏でるハーモニー!ハモリの技術は日本一と言っても過言ではありません。

僕が歌に興味を持ったきっかけで、一時期はシングルとアルバムの両方の全てを揃えていました。

2012年に一度活動を休止しましたが、2017年に活動を再開。2019年9月にはニューアルバムを発売し、現在でも精力的に活動中です!

スキマスイッチ

スキマスイッチは、大橋卓弥と常田真太郎の2人組音楽ユニットです。作詞や作曲、編曲、トータルプロデュースまで全て2人でこなしています。

僕が彼らを好きな理由は「ミュージシャンとして素晴らしい!」と感じるからです。

聞いてみると分かるんですが、スキマスイッチのサウンドってとてもキャッチーでカラフルなんですが、一筋縄ではいかないんですよね。

メロディラインやコード進行などに彼らなりの”ひねり”を入れているので、聞いていて飽きないのです!

曲を作るならスキマスイッチのような曲を!と感じています。

ちなみに僕が今使っているギターは、ボーカルの大橋さんと同じ「BEFFNICK(ベフニック)」のギター。ベフニックは佐賀県にあるギターメーカーで、1本1本がハンドメイド。その音は絶品です。

EXILE ATSUSHI

言わずと知れたEXILEのボーカル。歌が上手いアーティストは誰と聞けば彼の名前を挙げる方も多いでしょう

どんな歌を歌っても、全て彼の色に仕上げるそのボーカルセンスには脱帽です。

EXILE ATSUSHIの最大の魅力は。シルキーかつ優しい声。それは彼自身の優しい性格や幸せを願う素晴らしい考えから来ているものであると感じています。

印象的だったのは2016年のソロライブ。なんと2006年に脱退したEXILEの元メンバーであるSHUNを自身のライブのゲストアーティストとして招待し、EXILE第1章の曲を披露したのです。

そして、ライブで1度も2人で披露したことのない「ただ・・・逢いたくて」を、発売から11年越しに初めてライブで歌ったのです。

僕は泣きました。

音楽家としてだけでなく、人間としてもとても尊敬している人物の1人です

コブクロ

コブクロは黒田俊介と小渕健太郎からなる2人組のボーカルユニット。「桜」や「蕾」など数々の名曲を生み出してきました。

僕がコブクロを尊敬している理由は、黒田さんの繊細さと迫力が同居したボーカル、そして小渕さんの類まれなる作曲センスです。

コブクロの作詞作曲は、すべて小渕さんが行っています。作曲をするときに心がけていることは難しいコードを使わないこと。

C D G AなどのKeyは、数多くのアーティストが楽曲制作に使用しているため、簡単なコード進行で個性を出すことはとても難しいのです。

でも小渕さんが作る楽曲は、簡単なコート進行で「あ、コブクロの曲だ!」と分かる曲を生み出し続けています。

僕がギターを練習し出した時に、コブクロの曲も練習しました。代表曲「風」のイントロをギターで弾いた時「こんな簡単なのに印象に残るイントロだなぁ」と思った記憶があります。

これからギターを始めようという方に、ぜひ練習していただきたいアーティストです。

森山直太朗

独特の世界観で人を魅了するアーティストである森山直太朗。「さくら」だけの一発屋だと思っていませんか?

さくら以外にも「生きとし生けるもの」や「声」「君は五番目の季節」「人間の森」など現在でも魅力的な名曲を量産し続けているのです。

森山直太朗は、歌、ギター演奏のどちらも一級品。自分の声とギターさえあれば、どこでも自分の世界観を奏でることができる、最高のアーティストだと感じています。

福山雅治

もはや説明不要の有名人ですね(笑)俳優としても活躍されているだけではなく、ミュージシャンとしても数多くの楽曲を発表しヒットを重ねています。そして、歌唱力と演奏技術は間違いなく本物。

福山雅治の魅力は、とても練りに練られたギター伴奏にあると感じています。「コードを使って弾き語りができるようになったけれどもなんだか物足りない」と感じている方には是非練習していただきたいアーティストの一人です。

「milk tea」や「泣いたりしないで」など、弾きこなすには少しテクニックが必要な楽曲が多数存在します。

弾き語りのレベルをアップさせたいという方は、是非練習してみてください。

まとめ

今回は僕が影響を受けたアーティストを紹介させていただきました。邦楽の男性アーティストに偏っていることがお分りいただけたかと思います(笑)

あなたが影響を受けたアーティストは誰ですか?

  • どうしてそのアーティストを尊敬しているのか
  • 今の自分にどのように影響しているのか

あらためて掘り下げてみると、今後の音楽ライフが楽しくなるかもしれませんよ!

小林だいさく