選び出したら止まらない!アコギのプリアンプやDIについて

選び出したら止まらない!アコギのプリアンプやDIについて

「ピックアップ? プリアンプ? DI? 何が違うの?」
「もういい! マイク近付ける!!!」
…と自棄になっている方も少からずいるのではないでしょうか?

しかし諦めるのはまだ早いのです!
ピックアップとプリアンプ、DI、この3つの違いが分かると、ライブでのアコギの音がぐんと良くなります。

さらに「このアコギにはどの組み合わせが合うのだろうか?」と、アコギを楽しむ要素が1つ増えるんです!

そこで今回は、アコギのピックアップやプリアンプ、DI、それぞれの違いについて詳しく解説していきます。

ピックアップとは音を電気信号に変える装置

ピックアップとは、ギターから発せられた音を電気信号に変換する装置です。
これがアコギに付いていないと、ライブ会場のスピーカーから音を出力できません。

ピックアップの有名なメーカーは、以下の2つです。

  • L.R.baggs
  • FISHMAN

また、メーカーによってはアコギにピックアップを標準で搭載して販売していることもあります。そして、ピックアップが内蔵されたアコギのことを「エレアコ」といいます。

ピックアップに関しては、こちらの「ピックアップ選びがあなたのアコギライフを楽しくする」にまとめてあります。併せて読んでみてください。

プリアンプとは出力された音を調節する装置

プリアンプとは、簡単に言うと音を増幅して整える装置のことです。
ピックアップから抽出された音はとても小さく、またノイズも出るため、そのまま増幅してもそれほど綺麗な音が出せません。

そこで、ピックアップから拾った音をプリアンプに通すことで、不要なノイズをカットして音を整えつつ増幅してくれます。

ちなみにプリアンプとアンプの違いは、大きさとスピーカーの有無です。アンプとは、簡単に言うとプリアンプにスピーカーが付いたもの。プリアンプよりもかなり大型です。エレキギターを演奏している人の後ろに置かれている大きなスピーカーみたいなものを想像してすると分かりやすいでしょう。

プリアンプはピックアップに内蔵されていることもある

実はプリアンプは、ピックアップに内蔵されている場合があり、特にエレアコには高確率で搭載されています。
つまりピックアップから純粋に出力するだけでも、良い音が出る場合があるのです。

「え、じゃあプリアンプいらんやん」と思った方、少々お待ちください!
アコギを弾く人のほとんどが、ピックアップとプリアンプの両方をそれぞれ所有しています。

ピックアップとプリアンプを別に準備する理由

ピックアップとプリアンプを個別に準備する理由は、ピックアップに搭載されているプリアンプでは細かなセッティングができないからです。アコギに限らず、スピーカーから出力された音は、ライブ会場の規模や天候などによって同じ楽器でも音の鳴りが異なります。

演奏場所に応じた最適な音を作るためには、細かなセッティングが不可欠です。そこで、プリアンプを別で準備して、演奏会場に合わせて適切にセッティングする必要があるのです。

さらに、個別のプリアンプには以下のような機能が搭載されています。

◯エフェクター
エフェクターとは、簡単に言うと音を変換する機能のこと。
アコギでエフェクター機能を利用すると、名ギターの生音を再現して出力できます。

つまり、生音っぽい音を「作る」ことができるのです。

また、リヴァーブ(音に残響音を追加する機能)やコンプレッサー(音の大小を均一にする機能)なども付け加えられ、自分の好きな音に調節が可能です。

◯イコライザー
イコライザーは、音域の調節機能のことです。特定の音域をカットしたり、増幅したりして調節します。

通常、音域の調整は音響の方がやってくれることが多いのですが、音響担当の方がいないライブ会場でも、プリアンプを持っていくことで音域の調節が可能です。

また、足元にあると操作しやすいだけでなく、ハウリングの原因となる周波数帯もカットしてくれるため、とても便利ですね。

◯チューナー
プリアンプにはチューナー機能が搭載されているものもあり、周囲の音が大きいライブ会場でも、安定してギターのチューニングが可能です。

プリアンプで有名なメーカー

プリアンプは、L.R.baggsやFISHMANなどピックアップと同じメーカーが販売していることが多いです。

ちなみに僕は「zoom A3」を愛用しています。
理由は、zoom A3のピックアップで失われてしまった「箱鳴り」感を取り戻してくれる機能が気に入っているからです。

zoom A3内には、「D-28」や「J-45」といったさまざまなアコギの音が収録されており、そのギターの生音を再現できます。
Humming birdを弾いているのに、スピーカーからはMatin「D-28」の音が出ている! なんてことも可能です!(まず誰も気付きませんが…。)
さらに、エフェクターやイコライザーなどの機能も全て内蔵されており、1台でアコギの音を好きなようにセッティングできます。

しかも本体がとてもコンパクト!
「できるだけ荷物を軽くしたい…」というミニマリスト志向の方にもおすすめのプリアンプです。

DIとは正しい音を出力するために不可欠な装置

DIとはダイレクトボックスとも呼び、出力した音をコンソールやミキサーへ接続する役割があります。詳細な説明はややこしいので省きますが、エレアコをそのままミキサーなどに接続しても、電気抵抗の関係で良い音がでません。

また、エレアコにつなぐシールドケーブルのようなアンバランス接続では、そのままミキサーには繋げないため、キャノンケーブルのようなバランス接続に変換する必要があります。そこでエレアコから伸びたシールドをDIに繋げることで、正しい音がミキサーに送られるのです。

つまり簡単にまとめると、DIは楽器本来の音を伝送するには必要不可欠な装置。
ライブだけでなく宅録にも必要です。

DIは、プリアンプと一体になっているものもあります。
代表的なのがL.R.baggs「Para Acoustic D.I.」です。

しかしDIは無理に購入する必要はありません。
なぜなら、大抵のライブ会場には以下の「BOSS DI-1」が置いてあるからです。

ただし、「BOSS DI-1」はカフェや特設の会場にはないことも。ライブハウス以外で演奏する可能性がある人は、DIを1台持っておくと便利ですね!

ピックアップやプリアンプ、DIを知ればさらにアコギが楽しくなる!

アコギの音が最も良く出るのは生音です。
しかし、ライブ会場においてもできるだけ生音に近い音で演奏したいですよね。

そこで重要になってくるのがピックアップやプリアンプ、DI選びなのです。

アコギには様々な形があり、使われている材料も異なります。
アコギとピックアップ、プリアンプ、DIには無限の組み合わせがあるため、選び出したら止まりません。

ピックアップやプリアンプ、またDIについてもこだわりを持つことで、長くアコギを楽しめると思いますよ。

小林だいさく