THE FIRST TAKEの魅力を語らせてくれ

THE FIRST TAKEの魅力を語らせてくれ

年が明けてもステイホームな世の中、私たちの生活を潤してくれるのは様々なエンタメコンテンツ。
中でも、音楽の力というのは偉大なものではないでしょうか。

かくいう私はここ半年ほどTHE FIRST TAKEにハマりまくっております。
今日はその魅力を存分に語らせてくれ~~!

記事の最後にはおすすめ動画も紹介しますよ!

THE FIRST TAKEって何?!

シンプルな動画タイトルに、統一性のあるサムネイル。THE FIRST TAKEは『一発撮り』をコンセプトにしたYouTubeチャンネルです。
登録者数300万人越えと、その支持数は絶大!

(出典:THE FIRST TAKE 公式HP©THE F1RST TAKE)


白いスタジオにマイクが準備されており、様々なアーティストの緊張感あふれるパフォーマンスを記録したコンテンツとして設計されています。

今話題の人気グループから「この人が出るの?!」という意外なアーティストまで、幅広く楽しめるのも本チャンネルの注目点。‘‘楽曲を届ける’’というシンプルさの中にも視聴者を飽きさせない工夫がなされています。

THE FIRST TAKEが支持される3つの理由

①『一発撮り』というパッケージの緊張感

テレビからYouTubeへとエンタメのフィールドが広がり、視聴者は台本通りの‘‘作られたもの’’から、より‘‘リアルなもの’’への視聴意欲が高まるようになりました。

トラブルやハプニングがあっても‘‘一回きり’’のパフォーマンス。そんな緊張感のある場面も見どころのひとつ!


例えば、石崎ひゅーいによる『さよならエレジー』では演奏中にピックを落としてしまい、それを拾うまでに出来た間が意図せずカッコ良すぎる…。
一発撮りだからこそ、アーティストのレアな一面が見られるのも魅力です!

(出典:石崎ひゅーい – さよならエレジー / THE FIRST TAKETHE FIRST TAKE 公式YouTubeチャンネル)

 

②「歌唱‘‘前”の姿が気になる!」な覗き見感

動画は歌唱のみではなく、歌唱前にマイクに向かってコメントをしたり発声練習を行なったりするなど、アーティストそれぞれの自然体な姿も記録されています。

中には直前まで緊張を隠しきれない場面もあり、普段のクールな姿とのギャップを感じられるかも?

BiSHのアイナ・ジ・エンドによる『オーケストラ』では歌唱前にグループのメンバーの名前を一人ずつ挙げ、物の見事にオタク心をくすぐってくれました。


そして、いざ歌唱という場面でスイッチの入った‘‘プロの顔’’には痺れます!
表情がガラリと変わる瞬間に引き込まれてしまうこと間違いなし。

(出典:アイナ・ジ・エンド – オーケストラ / THE FIRST TAKETHE FIRST TAKE 公式YouTubeチャンネル)

 

③「次呼ばれるアーティストは誰!?」のワクワク感

こんな一風変わったシチュエーションだからこそ、ファンとしては、ぜひとも推しの姿が見たいもの。

THE FIRST TAKEでは公式サイトやTwitterで次回予告などの発信をしていないため、次にどんなアーティストが来るのか?!というワクワクを楽しむことができます。

最新動画がアップされる瞬間にTwitterが盛り上がる!
あなたの推しが呼ばれる日も遠くないかも?!

 

ちなみに私はグループ魂『君にジュースを買ってあげる♡』がアップされたとき、「令和ですが?!?!?(歓喜)」と叫びました。

(出典:グループ魂 – 君にジュースを買ってあげる♡ / THE FIRST TAKE THE FIRST TAKE 公式YouTubeチャンネル)


活躍中の音楽ライターにおすすめ動画を聞いてみた

今回は私みくりやが、音楽をフィールドに活躍するエンタメライターにお願いをして、THE FIRST TAKEのおすすめ動画をチョイスしていただきました!
この方々が推す一曲にハズレはない!

満島エリオさん

【楽曲】モノローグ/秋山黄色

コメント:「THE FIRST TAKEってアーティストの緊張感が画面から伝わってくるのが醍醐味のひとつだと思うんですが、この『モノローグ』は声がうわずったり、力が入りすぎてぎこちなくなる瞬間があって、それが秋山黄色がいかに一音一音丁寧に歌っているかを物語っていてめちゃめちゃ‘‘イイ”です。」

(出典:秋山黄色 – モノローグ / THE FIRST TAKETHE FIRST TAKE 公式YouTubeチャンネル)

 

松本侃士さん

【楽曲】ナラタージュ/adieu

コメント:「ミュージックビデオよりもリアルに、ライブよりも鮮明に、生のパフォーマンスを高い解像度で届けるTHE FIRST TAKEの原点にして、一発勝負のスリリングな魅力が凝縮された一本だと思います。」

(出典:adieu – ナラタージュ / THE FIRST TAKE THE FIRST TAKE 公式YouTubeチャンネル)

みくりやが選ぶTHE FIRST TAKE3選

最後に、わたくしみくりやが「再生回数のうち100回はわたしが再生してるのでは?!」と思うマイ・フェイバリット・動画を選びました。
あなたのお気に入りと合致すると、嬉しいことこの上ないっ!

①秒針を噛む/ずっと真夜中でいいのに。

人気の衰えるところを知らない‘‘ずっと真夜中でいいのに。’’通称‘‘ずとまよ’’の代表曲。ACAねさんのボーカルがまっすぐに刺さります。

(出典:ずっと真夜中でいいのに。 – 秒針を噛む / THE FIRST TAKETHE FIRST TAKE 公式YouTubeチャンネル)

 

②かつて天才だった俺たちへ/Creepy Nuts

いまや人気のとどまるところを知らないCreepy Nuts。
歌唱直前までいつもの調子でわちゃわちゃ……と思いきや、いざ始まるとガラッと真剣な表情に!ズルい!かっこいい!!!

(出典:Creepy Nuts – かつて天才だった俺たちへ / THE FIRST TAKE THE FIRST TAKE 公式YouTubeチャンネル)

 

③火炎/女王蜂

THE FIRST TAKEの数ある動画の中で最も圧倒されたのがこちらの動画。
華美でないスタジオというシンプルなシチュエーションが功を奏し、アヴさんの表現力が存分に発揮されています。

(出典:女王蜂 – 火炎 / THE FIRST TAKE THE FIRST TAKE 公式YouTubeチャンネル)

 

歌唱力や演奏技術をどれだけでも誤魔化せてしまう今だからこそ、THE FIRST TAKEによる‘‘本物’’への向き合い方に覚悟を感じます。

もう既にTHE FIRST TAKEを楽しまれている皆さんも、これから楽しむ予定の皆さんも、
もう少しだけ続くステイホームな毎日を音楽で彩ってみませんか?

 

 



【協力】
満島エリオ(Twitter
松本侃士(Twitter

みくりや佐代子