【スウェーデン・ヨーテボリ】名門レーベル・Luxury Recordsのバンドを紹介したい

【スウェーデン・ヨーテボリ】名門レーベル・Luxury Recordsのバンドを紹介したい

みなさん。僕は気づいてしまいました。Luxury Recordsがヤバい、ということに。

ここ最近、北欧のバンドを色々と聴いているのですが、その中でも特にスウェーデンのバンドに強く惹かれ、たどり着いた結論が「Luxury Recordsのバンドにはハズレが無い」でした。

スウェーデンの名門レーベルとして知られるラグジュリー。掘れば掘るだけ良質なインディー・ロック・バンドが出てくるのですが、そこに共通するのは「出身がヨーテボリ」だということです。もちろんラグジュリーのバンド全てがそうではないと思いますが、今回挙げたバンドはもれなくヨーテボリ出身です。

ストックホルムに次いでスウェーデン第二の都市であるヨーテボリですが、メロディック・デスメタルの聖地としても知られています。そういった音楽的土壌が良質なバンドを育む重要なエッセンスとなっていることは言うまでもないかもしれません。

そんなヨーテボリが生んだラグジュリーのバンドたち。今回は特にオススメしたい6バンドについて紹介していきます。

 

* * *

 

Alpaca Sports

爽やかギター・ポップの大本命とでも言うべきアルパカ・スポーツ。

ネオアコ風味のサウンドと男女ツイン・ヴォーカルが、甘酸っぱくて爽やかな空気を醸し出すバンドです。この”Just for fun”のMVなんかは、バンド名の通りアルパカが登場し、牧歌的でほのぼのとした感じがたまりませんね。とにかくポップで風通しが良い。日本でも人気が高いイメージです。

ちなみに、現在はスペイン発のギター・ポップ・レーベルであるエレファントからリリースしています。最新シングル”Saddest Girl In The World”も、初期のThe Pains of Being Pure at Heartを想起させるようなポップネスが魅力。文句なしです。

 

* * *

 

Happy Hands Club

男女混合7人組のインディー・ポップ・バンド、ハッピー・ハンズ・クラブ。

特に2012年の1stアルバム『Parking Lot』は、インディー・ファンを唸らせるポップで気怠い空気感に心を掴まれます。ジャケットが全てを物語っていますね。それでいて疾走感もあり、美しいコーラス・ワークや大所帯ならではのアンサンブルも聴きどころです。全体を包むメランコリックな雰囲気は、さすがは北欧バンドといったところでしょうか。

2014年以降リリースがない彼らですが、続報を待ちたいところです。

 

* * *

 

Westkust

4人組シューゲイズ・バンド、ウェストカスト。

今年リリースした2ndアルバム『Westkust』 がもう本当に素晴らしくて、「これがシューゲイズ・ポップの新たなスタンダードだ!」と言わんばかりの快作です。1stに比べて洗練されたアレンジとアンサンブル。絶妙に歪むギターと切なさを振り切るような疾走感、キャッチーなメロディ、そして全面的にフィーチャーされた紅一点であるジュリアのドリーミーなヴォーカル。”Cotton Skies”のMVのように、青空と草原の狭間で浴びたい音が詰まっています。

全てが完璧。2019年、最も聴いて欲しいシューゲイザー・バンドのひとつです。

 

* * *

 

Agent blå

元ウェストカストのギタリストがデビュー・アルバムをプロデュースした、なんて話もあるアゲント・ブロー。男女混合の6人組です。

ポスト・パンクやドリーム・ポップを通過した自らの音楽性を「Death Pop」と称し、ダークなシューゲイズ・サウンドを奏でる期待の若手。ヨーテボリは前述の通りメロディック・デスメタルの聖地であり、パンクの影響が強いため、ポスト・パンクがブレンドされたサウンドを志向するのは自然な流れなのかもしれません。

今年リリースした2ndアルバム『Morning Thoughts』では、”Child’s Play”のようなネオアコ的なアプローチや、アノラック風のサウンドなど、新たな一面も覗かせています。これからも目が離せない要注目バンドです(現在最新作の配信がないため、下記リンクは1stアルバム)。

 

* * *

 

Makthaverskan

マクサヴァスカン、と読みます(メンバーの友人の造語で、別段意味はないらしい)。女性ヴォーカルの4人組。Agent blåと同様にポスト・パンク色の強いサウンドを鳴らしていますが、ドリーミーなギターの質感はシューゲイザー的とも言えます。ちょっと舌足らずなヴォーカルがまた、クセになる。

今年リリースしたシングルも良作でした。一貫して白地に線画のアートワークというところにも、バンドの美学というか、ハードコアな感性を感じなくもないです。

 

* * *

 

School’94

紅一点のアリスを擁するインディー・ロック・バンド、スクール’94。憂いを帯びたヴォーカルを中心に、それを際立たせる軽やかなギターと踊るベースラインが特徴です。特にこの”SoLong”は、バンド・サウンドとヴォーカルが黄金比率で混じり合う名曲。パンクやシューゲイザーなど、様々な音楽的要素が見え隠れしています。

それにしてもベースラインが良いですね。日本でいうところの、Syrup16gのベースに通ずるものがあるような。

ちなみにヴォーカルのアリスはソロとしても活動しており、今年アルバムもリリースしています。こちらもメランコリックなサウンドと彼女の美しい歌声が存分に楽しめるので、是非。

 

* * *

 

いかがでしたか? 今回は上記6バンドについて書きました。今年の冬をラグジュリーのバンドで彩ってみるのもまた趣があるかもしれません。

ラグジュリーやヨーテボリに限らず、スウェーデンには良質なバンドがまだまだ存在するので、他の機会にでも紹介できれば幸いです。

 

おすしたべいこ