【本日7月22日はアベフトシの命日】TMGEを忘れない! THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの名曲10選

【本日7月22日はアベフトシの命日】TMGEを忘れない! THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの名曲10選

本日7月22日はアベフトシの命日。

ロック・バンド、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT(TMGE)のギタリストであるアベフトシ。僕(中澤)は2020年で38歳になりましたが、未だにアベフトシのギターを初めて聴いたときの衝撃は忘れられません。

これがロック--。そんな音。

アベフトシが亡くなって11年、今もその衝撃は胸の中で生き続けています。本記事では、そんなアベのギターが鳴り響くTMGEの名曲10選を紹介したいと思います。

①「アウト・ブルーズ」

アベフトシのギターといえば、やはり豪快なマシンガン・カッティング。高速ブラッシングのガツガツした音でそう呼ばれていました。そんなマシンガン・カッティングを思う存分味わえる曲が「アウト・ブルーズ」です。リフでもソロでもマシンガン打ちまくり。

おまけに、ソロパートの後半はフリージャムのようになっており、全楽器がステゴロで殴り合ってるようなヒリついた雰囲気が漂っています。

学生時代の軽音楽部でTMGEをコピーした際、このフリージャムパートの雰囲気が出せずに選曲から外したのは苦い思い出。そんなパートがシングル曲に入っている所に、バンドの勢いを感じずにはいられません。

②「サタニック・ブン・ブン・ヘッド」

チバユウスケが“サタニック・ブン・ブン・ヘ~ッ!”しか言わないこの曲。3分未満と短い曲ですが、アベフトシの弾きまくりなギターを堪能できます。特に、緩やかな展開から爆発に転じる部分は、シンプルかつダイナミックなロックバンドの開放感があり最高。

あと「サタニック・ブン・ブン・ヘッド」っていう、声に出して呼びたくなるタイトルも最高。言葉のリズムの良さに、これしか言わないことの説得力を感じます。ちなみに上記の動画を選んだのは、アベフトシが珍しい金髪スタイルなのと、若頭みたいなチバが面白いからです。

③「ゲット・アップ・ルーシー」

TMGEには様々な側面がありますが、ハードボイルドな雰囲気を感じるのが「ゲット・アップ・ルーシー」です。ライブの照明の中、スーツスタイルで演奏されるこの曲の映え方たるや…。

楽器陣のコーラスとチバの声が絡む曲構成もバンド感があって良いですね。軽音楽部のコピーバンドだったら、楽器弾きながら歌えないメンバーが集まってしまうと詰む曲です。

④「ダニー・ゴー」

疾走するベースからセンチメンタルなコード感が爆発する「ダニー・ゴー」。キャッチーなリフにアベフトシのポップセンスを感じます。ソロの入りにはスイッチングも披露していて、アイデア豊富な1曲。

ライブでもクライマックスで演奏されることが多く、この曲が来ると「終わりですよ!」という雰囲気が出る締めの曲の1つでした。この曲が最後に入ってるからこそ、アルバム『ギヤ・ブルーズ』はTMGEを代表する名盤となったのかもしれません。

⑤「ドロップ」

TMGEには珍しく緩やかな3拍子の「ドロップ」。それだけにチバの割れるような声が印象的に響く曲でもあります。歌詞もやはりチバユウスケ節。ほとんど“夜になる” “夜をゆく”しか言ってないんですが、行間から虚無感が漂っています。

解散ライブでこの曲が1曲目だったのは震えましたね。しかし、今改めて『LAST HEAVEN』の映像を見ると、掻き鳴らすコードがライブ開始のファンファーレのようにも聴こえるから不思議です。

⑥「リリィ」

TMGEのポップセンスが爆発してる「リリィ」。AB構成にもかかわらず、バッチリ「サビ!」というイメージを作っている所がさすがです。

ロックのカッコ良さだけではなく、こういったポップなメロディーラインが同居しているのがTMGEの良い所。「PV暗くね?」とは思いますが、それも狙いに見えるのもTMGEの良い所。そういう意味で、このPVにはTMGEらしさが詰まっていると言えるでしょう。

⑦「武蔵野エレジー」

‘‘パリに降るのはマティーニの雨’’
‘‘しけたタバコはオリーブの味’’

「武蔵野エレジー」の歌い出しはいつ聴いても痺れます。歌謡曲のようなメロディーなのですが、やはりヒリついたロックとなっているのはアベフトシの荒々しくも哀愁漂うギターの力も大きいでしょう。

シングル「ベイビー・スターダスト」のカップリングでオリジナルアルバムに未収録の曲ですが、ファンにも人気だった名曲。

⑧「ジェニー」

シングル「スモーキン・ビリー」のカップリングだった「ジェニー」は、ライブで盛り上がる名曲の一つでした。「TMGE流ロカビリー」とでも言うべき嵐のようなビートに乗る、海賊のロマン的なヘンテコでユーモラスな歌詞が最高。聴くと少年心を思い出すような歌です。ライブではメンバーみんなノリノリ。基本仁王立ちのアベフトシもぴょんぴょんジャンプしてたりします。

⑨「世界の終わり」

TMGEと言えばこの曲。1stシングルであり、ライブでもクライマックスに演奏されることが多々ありました。

疾走感あふれるギターから爆裂するビート。そこに乗っかるのは、「僕」と「君」と「世界の終わり」を歌う歌詞。当時、めちゃくちゃエキセントリックな「君」が好きでした。絶対、谷川俊太郎の『二十億年の孤独』とか読んでるだろ。

しかしこうして時が経って改めて歌詞を読み直してみると、この歌詞の彼女、綾波レイみたいですね。「世界の終わり」にはセカイ系の雰囲気を感じます。

セカイ系とはアニメ界隈で使われる言葉で、『新世紀エヴァンゲリオン』的なジャンルを指すもの。僕と君の間に世界の終わりが唐突に出てくる世界観とかが、90年代後半からのセカイ系ブームを思い出します。

当時、今の社会を映していると言われた『新世紀エヴァンゲリオン』のテレビ放送が1995年10月4日から1996年3月27日まで。TMGEがこの曲でメジャーデビューしたのが1996年2月1日。ほぼ同時なので、偶然の一致でしょうが、この歌詞は時代の最先端をクリティカルに捉えている内容と言えます。TMGEの登場は音楽業界のセカンド・インパクトだったのかもしれません。

⑩「GIRL FRIEND」

9曲聴いてきて、今、最後に聴きたいと思ったのが「GIRL FRIEND」でした。残念ながら動画は削除されてしまいましたが、ゆったりとしたリズムでアンビエント感漂うピアノが入るこの曲は、TMGEの中でも異彩を放つ名曲です。

原曲は、最後のオリジナルフルアルバム『SABRINA HEAVEN』のラストを飾るインスト「NIGHT IS OVER」。その後リリースされた対をなすミニアルバム『SABRINA NO HEAVEN』でも「夜が終わる」という別アレンジで最後に収録。

そこに歌を乗せたのが「GIRL FRIEND」で、ラストライブのドキュメント映画『THEE MOVIE -LAST HEAVEN 031011-』のエンディングに起用されたのもこの曲でした。ちなみにピアノを弾いてるのはチバ本人。

明らかにバンドの新境地を示唆していますが、TMGEはこのシングルを一般発売した約3ヶ月後に解散を発表します。個人的には、最後まで転がり続けたところがTMGEらしいと思う曲。なお、事実上のラストシングルは解散ライブと同時に発表された「エレクトリック・サーカス」です。

最後に

以上、TMGEの名曲10選をご紹介しました。

いやいや! 「リボルバー・ジャンキーズ」がまだ出てないよ!  「スモーキン・ビリー」はどこいった!?  「GT400」は?  「ベイビー・スターダスト」は?  「赤毛のケリー」は?  「ミッドナイト・クラクション・ベイビー」は?  「ピストル・ディスコ」は!?

--正直、全部入れたかったです。しかしそれほどに曲が粒揃いなのがTMGE。人によって「TMGEの名曲10選」は全く異なることでしょう。

ただ、何より大切なのは忘れないこと。

TMGEのことを。

そして、アベフトシというギタリストのことを--。

そんな気持ちでこの記事を書かせていただきました。本日7月22日、アベフトシに捧げます。

Thank You Rocker! I Love You Baby!!

中澤 星児