自己紹介と最近聴いている3枚

自己紹介と最近聴いている3枚

はじめまして。「おすしたべいこ」という名前で活動している者です。今回musit様にて記事を書かせていただけることになりました!

僕はこれまで、音楽ブログの『出前寿司Records』や『ムジーク』、そしてシューゲイザー専門メディア『Sleep like a pillow』を立ち上げ、ディスクレビューやコラム、ライブレポートなど、個人で様々な執筆活動を行ってきました。

そして今回、縁あって初めて「仕事」としてライターをさせていただきます。緊張する反面、これまで以上に意気込んでいますので、どうかお付き合いくださいませ。

さて、まずは1発目の記事ということで、自己紹介がてら最近聴いている音楽について書かせていただこうと思います。

* * *

Maison book girl 『umbla』 (2019)

もはや「アイドル」として括るだけではもったいないほどの存在感を発揮しつつも、リリースイベントやチェキ会は変わらず行い、ライブではコールも起こるという、カテゴライズ不能でまさしく「ブクガ」そのものがジャンルとなって久しい彼女たち。20192枚目のシングルとなった今作は、前作『SOUP』の続編を思わせるような内容に仕上がっています。

「闇色の朝」では、そのタイトルから前作の「長い夜が明けて」からの直接的な続きを想起させます(夜が明けて朝になったのに「闇色」というのが極めてブクガらしい)。MVでは全編に渡ってアニメーションを導入するなど、新たな一面も見せています。途中で「通信障害か?」と思わせるような演出も(観ていただければ分かります)。

 

「シルエット」は、昨年リリースのアルバム『yume』でも聴かせたような美しいピアノの旋律が印象的な1曲。日本の夏の情景にすっと溶け込むような4人の歌声とサウンドスケープから、『エヴァンゲリオン』の主題歌になってもおかしくないのでは?と思うほどでした(エヴァンゲリオンの世界では季節がずっと夏なのです)。宇多田ヒカルの「桜流し」と双璧をなす名曲の誕生では。

恒例となったポエトリーリーディングでは、これまでにないほど直接的にグロテスクでダークな一面を覗かせているのも看過できません。リリースのタイミングが夏ということもあり、その怖さも増幅されています。タイトルが「告白」と名付けられているのも意味深で、最終的な解釈は聴き手に委ねられています。

次のアルバムがどのようなアプローチで作られるのか。今後のブクガからも目が離せません。

Tempalay 『21世紀より愛をこめて』 (2019)

このアルバム、個人的には2019年を代表する(もっと言うと音楽シーンの歴史に深く刻まれるべき)作品だと思うんですよね。「平成」という時代を閉じ込めた、という時流的な意味合いでもそうですし、何よりも彼らは本当にセンスが飛び抜けている。

Tempalayと言えば、2018年にBTS(防弾少年団)のメンバーに「どうしよう」がフックアップされてバズったことが話題となっていましたが、やはりそれだけ実力があるということなんです。それは、言葉の選び方だったり、音の組み合わせ方だったり、アートワークだったり。サイケデリックだし、おどろおどろしいし、時折つかみどころのないようなふわっとした感触もあるけれど、しっかりとポップ。今作は特に全てのバランスが絶妙で秀逸。洗練された美しさがそこにはあります。「バンドって良いな」という、とてもシンプルな部分にも改めて気づかされますね。

 

僕は先日フジロックのYouTube配信を自宅で観ていたのですが、ライブも良いんですよね。サイケデリックでヴェイパーウェイヴ感もあるVJも素晴らしい。言うこと無しです。打ちのめされました。

そして、メンバーに第一子が誕生したことにインスパイアされた「そなちね」は、今年のベスト・トラックになることがほとんど確定している、と言っても過言ではないほどの名曲です。

坂本龍一 『B-2 Unit』 (1980)

突然の教授--と思うかもしれませんが、YMOの結成40周年記念として昨年の暮れからアルバムがリマスタリングで続々と再発しているこのタイミングで、ソロ作品を聴き直すのは自然な流れだったりします。聴き直す、とは言っても今まであまり聴いてこなかった坂本龍一のアルバム。しかしこれがとんでもなくかっこいいということに、今さら気づいた訳です。

制作された背景は、YMOは当時爆発的な人気を博すも、坂本龍一は状況に嫌気が差し脱退を考えていたことに起因があります。それを踏みとどまってほしいレコード会社側と、YMO残留を条件にこのアルバムを制作する契約を結んだ--とまあ、そんな具合。故にめちゃくちゃ好き勝手やっている作品なのですが、逆を言えば実験的かつ先進的で、今なお色褪せない凄まじいアルバムとなっている、とも言えます。

そのサウンドは適切に形容できる言葉が見つからないほど難解と言えますが、ダブの手法を全編に渡って使い倒したものでした。「Riot in Lagos」など、後に坂本龍一の代表作となるような曲も収録されています。ライブ映像では、本作にも参加した大村憲司がギターを弾いている様子が観られます。

個人的にはXTCのフロントマンであるアンディ・パートリッジが「Not the 6 oclock news」にギターで参加しているのもポイントが高いです(とはいえ実際に音源を聴くとアンディでなくても成立するよな、と思ってしまうのですが)。

極め付きは、1st『千のナイフ』収録の「The End of Asia」に続き、今回は「The End of Europe」を収録。世界の終焉を描かせたら教授の右に出る者はいないのか?という気持ち。です。

* * *

上記3枚のレビューが自己紹介になっているのかどうかは定かではありませんが、自分の好みの一端をお見せできたことは間違いないかと思います。

今回はディスクレビュー的な内容になりましたが、musit様では特にテーマを決めずに自由に書かせていただこうと思っています。今後とも、どうぞよろしくお願いします。それでは!

對馬拓