音楽ファンのためのクラフトビール入門

音楽ファンのためのクラフトビール入門

クラフトビール、流行ってますね。いや、もうブームと呼ぶには一段落した感じでしょうか。

そんな今だからこそ「飲んでみたいんだけどなんか難しそう。今更人に聞けないし」って方もいるはず。なので今回は音楽メディアらしく、音楽ファンの皆さんに「おっ! 飲んでみたい」と思っていただけそうなビールを紹介しつつ、そのアウトラインも説明できればと思います。

そもそもビールって?

まずは簡単にビールという飲み物がどうやって出来ているかを説明します。ビールとは、麦芽(モルト)、酵母、水、そしてアサ科のつる性多年草「ホップ」を使って作られたもの。

「麦芽」というのは主に大麦の、文字通り発芽したものです。麦自体にはアルコール発酵に必要な糖分はありませんが、発芽すると麦芽内のデンプンを糖に変換する酵素が生まれます。この働きを酒造りに利用し、デンプンから変換した糖を酵母に食べさせてアルコールと二酸化炭素を生み出す、という仕組み(色々端折ってますが、大雑把にはこういうこと)。

ホップは元々はビールの腐敗を防止し、保存性を高めるためのハーブ。このホップがビールという飲み物の一番の特徴ともいえる「苦味」を生み出しています。そしてホップには品種によって香りやフレーバーの特性があって、使用するホップによって様々。例えばトロピカルフルーツ、柑橘、白葡萄、胡椒を連想させるフレーバーなどを与えます。

基本は上記の原料でできますが、他にも様々な原料を副次的、もしくは大々的に使います(例:小麦・ライ麦・オート麦・コリアンダーなどスパイスやハーブ・オレンジピール・乳糖・チェリーや葡萄などのフルーツ…)。

では「クラフトビール」とは?

これは定義が少し難しいのですが、「こだわった製法のビール」ということになるかと思います。こだわった、というのは以下のような点が挙げられます。

  • 一般的な大手ビールと比較して、使用する原材料が高品質
  • 例えばホップなどは使用する量も仕込みタンクサイズに対して大量
  • 小さい規模で仕込むので管理が丁寧
  • フィルター濾過が少ない(もしくはない)ので味わいが豊か

では、例えば小さなブルワリー(醸造所)だけでなく、大手ビール会社が出した製法にこだわった風のビールもクラフトビールになるのか?と言うと、それはやはり「NO!」となるかと思います。

日本ではクラフトビールの定義は曖昧ですが、やはり大手、そして大手資本傘下の醸造所のビールはクラフトビールとは言えないと思います(*1)。ただ喉を潤すアルコール飲料ではなく、美味しいだけでない感動、楽しさ。文化としての趣味性、多様性。作り手の情熱、個性が感じられてこそ「クラフトビール」と呼べると、私は思っています。

*1:アメリカではクラフトビール醸造の団体・Brewers Associationがクラフトブルワリーの定義を決めており、「大手資本ではない」「年間醸造量は○○以下」と厳密です。小規模から始まっても大手資本参加になった段階で脱退だそうです。ただし、これは日米共になんですが、天候不良でホップ不足になった際に大手が小さなブルワリーにホップを分け与えたり、技術提供をしたり。大手VSクラフトビールの構図ではないのです。味も然り。

長々とビールそのものについて説明してきましたが、ここからが本題。今回は5種類のビール、そしてそれぞれのビールの分類(ビアスタイル)を紹介します。

玉村本店「志賀高原ペールエール」

まず始めに紹介するのが、こちらの志賀高原ペールエール。日本のブルワリーの中では音楽ファンから最も知名度のあるブルワリーかもしれません。

毎年、音楽とクラフトビールのフェス『SNOW MONKEY BEER LIVE』を主催していたり、フジロックへも出店していたり。

志賀高原ペールエールは、柑橘を思わせるアロマとほどよいモルトのコク、グレープフルーツの皮に似たホップの苦味が心地良い、アメリカンスタイルのペールエールのお手本と言えるバランス。

英国で一般的なスタイルであるペールエール(Pale Ale)は、直訳すると「淡いエール」。日本人の目では決して「淡い」ように見えませんが、英国では更に色の濃いブラウンエールやポーターといったエールがあるので、それらと比較して「Pale=淡い」と呼ばれています。逆にもっと色が薄いのがゴールドエールやブロンドエール。アメリカンスタイルのペールエールはアメリカ西海岸のクラフトビール・カルチャーの中で再解釈された、ざっくり言うとホップが強化されたペールエール。ガツッとコクと苦味があってドライ。

なお、musit編集部近くのレコードショップ・BIG LOVEでも必ず志賀高原ビールの樽がタップに繋がっています。ペールエールが繋がっている日もあるかも。行かれた際は是非飲んでみてください。

RISE & WIN Brewing Co.「KIKK IPA 2019」

IPA(アイピーエー)。お酒を飲む人なら聞いたことがあるかと思います。正しくはIndia Pale Ale(インディア・ペールエール)。上記のペールエールから派生したスタイルです。

なぜインディア? これは英国の歴史が関わってくるのですが、まずは世界地図を頭に思い浮かべてください。大英帝国時代に英国本土から植民地のインドに船でビールを運んだ。英国から海路でインドに行く為には赤道を2回越えますね。ということはめちゃくちゃ暑い地域を2回も通過する。普通のビールなら腐敗、または劣化してしまう。そこで腐敗防止のためにホップを沢山入れた、というのがざっくりとした由来です。

これを応用したのがアメリカンIPA。腐敗防止目的で入れるホップは苦みのほかに、品種によってはフルーツのようなアロマや味わいをもたらします。元はモルトのコクがあって苦いという、どちらかと言うと硬派な印象の英国式IPAを、「めっちゃ華やか! めっちゃフルーティー! めっちゃジューシー! でも苦くて爽やか!」という飲み物に変えてしまったのです。

中心地は西海岸、カリフォルニア州のサンディエゴ。サーフィンやスケボーなどスポーツのあとにもゴクゴク飲めて心地良く、ストリート・カルチャーやスポーツと結び付きおしゃれな印象を与えたというのもヒットした一因。そしてアメリカ最大のホップ生産地であるワシントン州に比較的近いため、ふんだんに使うホップを入手しやすかった、というのもこの地で誕生した要因のようです。

アメリカンIPA、というか「ウエストトコーストIPA」ですね。間違いなくこれが90年代から今に至るクラフトビールの進化の主役。

そしてこの「KIKK IPA」。なんと「東洋のテクノゴッド」ことKEN ISHII氏と、徳島のRISE & WIN Brewing Co.のコラボビール。スタイルはウェストコーストIPAから更に派生した「DDH IPA」になります。以下は飲んでみての印象。

  • まず口に含むとパインやオレンジジュースを思わせる果実感のホップフレーバー。
  • と思いきや、すぐさまこれぞIPA!というシャープに利いたホップの苦味が襲ってくる。
  • その苦味に厚みを与えるしっかりとしたモルトのコク。
  • 小麦(アメリカンIPAでは基本小麦は使いません。ただしスパイシーさや適度な雑味を出すことができるため、あえて使う場合が結構あります。)そしてホップ由来のビリビリとくるスパイシーな余韻。

アメリカンIPAのマナーに則りながら、音楽に例えるならまさにキック(バスドラム)の利いたハード・ミニマルのような、洗練されたゴリゴリのテイスト。余韻のピリリとしたテイストもクラブのデカいスピーカーがキックの余韻で振動して身体を震わせる、あの感じを想起させます。

KEN ISHII氏はクラフトビールの中でも特にIPAが好きらしく、Instagramでも「IPAとホップの利いたベルギービール」専用アカウント(https://www.instagram.com/thehopwanderer/)を持ってます。なにそれ!? しかも海外でホームブルーイング(自家醸造)もしているらしく、このビールを作るにあたって醸造所と綿密に打ち合わせをしたそうです。いやはや、お見事と言うしかない密度のクオリティ。

Y.Market Brewing「Techno Pils」

YMOの名曲「TECHNOPOLIS」を文字ったこちらのビアスタイルはピルスナー。その中でもジャーマンピルスナーという分類になります。

ビールは大きく二分すると、酵母の違いでエール、そしてラガーに分かれます。

エールとラガー、それぞれの特徴を書き出すと長くなるのでここでは割愛しますが、ピルスナーはラガーの中に含まれます。そのピルスナーを二分するとボヘミア・ピルスナーとジャーマン・ピルスナーに分かれます。じゃあその2つはどう違うの?となると更に混み入った説明になるのですが、一般的な大手のビールもこのピルスナーやライトラガーと呼ばれるスタイルに含まれます。

では「Techno Pils」を飲んでみましょう。第一印象はほどよいモルトの風味は感じつつ、すっきり透明感ある味わい。この透明感のおかげでホップのピリッとした苦味のあとのマスカットや白桃のようなアロマがフワッと口の中で際立って薫ります。

「Techno Pils」という名前の由来は、醸造システムを入れ替えたことによる透明感をはじめとした味わい/品質の向上、テクノロジーの進化でできたピルスナーという意味だそうです。

なお、2020年現在、アメリカのクラフトビール・シーンでもラガーやピルスナーは再評価されているようです。

SUNMAI「瞪鞋咖啡」

台湾のブルワリー、SUNMAI(サンマイ)の作るこちらのビール。Shoegazer Coffeeと読みます。ビアスタイルはスタウト(ポーターとも呼びます。日本では黒ビールとも呼びます)。

大手のギネスなど、スタウトを飲んだ経験がある方は多いと思いますが、強めにローストしたモルトの風味はまるでコーヒーのようなコクがありますよね。そのコーヒーのようなローストの風味を、このビールでは実際にコーヒー豆を加えることによってブーストしています。豆も深煎り麦芽と中浅煎りを使用しているとのこと。

この重層的な味わいと広がる余韻が、シューゲイザーの音像をイメージしているのだと思います。

Brussels Beer Project「ZENITH ZEST」

最後に、日本ではあまり人気のあるビアスタイルではありませんが、セゾンというビアスタイルを紹介させてください。

セゾンはベルギー南部 ワロン地方発祥。 Saison=Season=つまり季節。古来は大きな農家が冬の間に醸造し、夏期の季節雇用の農夫たちに振る舞うビールだったそう。そのため「Farmhouse Ale」とも呼ばれています。元は農家ごとにレシピが違うため厳密な定義はありませんが、大まかには以下のような特徴があります。

  • セゾンやファームハウスエール用の酵母を使っている。
  • 軽く乳酸発酵のニュアンスがある。
  • 小麦を使っている場合が多い。
  • 酵母の風味が強いものが多い。
  • 元は冬に仕込み、夏に飲むビール。腐敗防止目的でホップを沢山入れた。その名残で苦みがやや強め。
  • 農作業の休憩、もしくは仕事終わりに飲むので比較的ドライ。

全てに当てはまるものもあるし、逆にどれにも当てはまらないものもあります。作りも味も定義が曖昧なので、ブルワーの思想や思い入れの強さが反映されやすいビアスタイルです。なので私はこれまで飲んだことないブルワリーのビールを飲む場合は、IPA、そしてセゾンを飲むことにしています(そもそも地味なスタイルなので、日本では作っていないブルワリーが多いけど)。

この「ZENITH ZEST」はベルギーのBrussels Beer Projectと日本の京都醸造のコラボから生まれたビール。国境を超えたコラボというのは珍しいと思うかもしれませんが、実はクラフトビールの世界ではよくあります。

上記の条件としてはホップが利いている、パンのような酵母の風味がある、乳酸が感じられる、ドライな後味というのが当てはまる、非常にセゾンらしいセゾン。そして和の素材として柚子を使い、酸味が加わっているのも良い。

ご存知の方も多いと思いますが、2016年に「ベルギービール文化」が世界無形文化遺産にされるくらいベルギーは昔から小規模のビール醸造所が多い国で、それぞれの醸造所が個性豊かなビールを作っていたのです。そこにアメリカや北欧からのクラフトビール文化が流れ込み、昔からある個性的な醸造所とエクストリームなクラフトブルワリーがコラボしたり、とても面白いことになっています。

そんな所が、80年代に非常に小難しいことをやっていたベルギーのアクサク・マブールのようなバンドが、ニューウェイヴという括りの中で『FOOL’S MATE』を読んでいるような少年少女に認知されていた状況に似ているのでは?と思います。というのはちょっと強引ですかね?

クラフトビールのブームは終わらない?

冒頭でブームは一段落…と書きましたが、世界的に見ればブームだなんだとか関係なく、クラフトビールの世界は進化し、ビール以外の飲み物/食の世界などほかのカルチャーと融合して発展を遂げています。既に「これはビールと呼んでいいの?」というものまでどんどん出現し、混迷の時代に突入した印象はあるものの、音楽がそうであるように、今後も様々なものを貪欲に吸収しながら新陳代謝を続けていくでしょう。

いずれその進化したクラフトビールカルチャーを紹介できればと思っています。最後に。

2月8日(土)にSADISTICAL PUNKバンド「LAURA PALMERS」主催のイベントでDJやります。SITHA先輩など現代ジャパニーズ・ポストパンクの先端の一部に触れられる出演者ばかり。私は後方から援護射撃、と言いつつ確信犯的な誤射をかましたいと思います。

きっと面白い夜になるはず。是非遊びに来てください。

仲川ドイツ