2022年ワイヤレス問題

2022年ワイヤレス問題

出典:https://www.boss.info/jp/products/wl-50/

こんにちは、Ot3です。

最近はマイク・ギター・ベース・ショルダーキーボードなどに使えるワイヤレス機器が、安価で増えてきて良いですよね^ ^

一昔前だと、安い物でも10万くらいしてました、、、、

ですが中古をネットで購入する際、
技適マークがないのは論外ですが、
そのほかに気を付けていただきたいのが
『2022年のワイヤレス問題』です。

2005年、電波法関連法令の無線設備規制において、無線設備のスプリアス発射(必要周波数帯以外に発射される不要な電波) 強度の許容値が改正されました。

不必要な電波(不要電波)をできる限り低減させることによって、電波利用環境の維持、向上及び電波利用の推進を図るため、WRC(世界無線通信会議)において、無線設備のスプリアス発射の強度の許容値に関する無線通信規則(RR)の改正が行われました。

国内においては、無線通信規則(RR)の改正を踏まえ、情報通信審議会における技術的条件の審議及び電波監理審議会における関係省令の改正案の審議を経て、無線設備のスプリアス発射の強度の許容値に係る技術基準等の関係省令及び関係告示が改正され、平成17年12月1日から新たな許容値が適用されています。(経過措置として、平成34年11月30日まで旧許容値の適用が可能となっています。)

これらの背景により、旧スプリアス規格(不明なものも含みます。以下同じ。)の無線設備については、その使用期限が平成34年11月30日までとなっています。

総務省より https://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/others/spurious/index.htm

ものすごく簡単に言うと

「旧規格帯のワイヤレス機器が平成34年=2022年12月1日から使えなくなる」と言うことです。

楽器などで使用されているワイヤレス機器を大雑把に説明すると、次のとおりです。

 

A型帯

唯一免許が必要な帯域なので、混信トラブルが許されない

大規模ライブコンサートやテレビ局などの業務用に使われてましたが、2019年に4月1日に終了。

(携帯キャリアに譲位、いわゆる一時携帯キャリアが喧伝していた、つながりやすいプラチナバンドというやつです)

B型帯域

昔からワイヤレス業界のスタンダードな帯域。

通信距離も長く、免許も不要なので昔からよく使われていました。

音質は太く温かい印象です。

(806~810MHz)←旧帯域??

↑の帯域を使用している場合はメーカーホームページで確認しましょう。

 

(470-714MHz、1.2GHz帯)←新帯域??

↑の帯域は新しい周波帯域で使用可能みたいです。

(色々と文献読んだのですがはっきりしないんですよね、、、)

2.4GHz

比較的最近聞くようになった周波数帯ですが

免許不要で、B型帯の音がこもるなどの弱点を解消した帯域で

同じ仕様の製品の生産が世界中でできるため、コストパフォーマンスが良く、海外でも使える周波数帯です。

デメリットとしては、

  • WiFiやBluetooth、パソコンなどと同じ周波数帯のため、干渉がおきる可能性がある
  • 電波の回折性が低く、障害物があった場合は回り込みにくいため、音切れがしやすい。

など言われてますが、各社の努力のおかげか

Ot3も「BOSS WL-50」を使用してますが、問題が起こったことは今のところありません笑

旧B型帯は

今は猶予期間中なので2022年11月30日まで使用できますが、それ以降に使用すると電波法違反となり、罰則・罰金(1年以下の懲役または100万円以下の罰金)の対象になります。

※猶予期限を過ぎた場合、所持しているだけで電波法違反となる場合がありますのでご注意ください

電波が容易に出せない状態にするか、破棄することをお勧めします。

まとめ

最近の「BOSS LINE6」などの2.4Ghz帯のものなら基本問題ありませんが、

中古などで購入したB型帯のものは注意しましょう。(新規定に沿った物なら大丈夫です)

(A帯域は元々免許が必要で、一般的に流通してないのであまり気にしなくても大丈夫です。)

それでは皆さま良い音楽ライフを〜

Ot3