モラトリズム音楽の話【andymori / 台風クラブ / はっぴいえんど】

モラトリズム音楽の話【andymori / 台風クラブ / はっぴいえんど】

出勤日には聴かない音楽がいくつかある。

聴くと平日に動物園に行きたくなるから。学生時代に戻りたくなるから。コンビニでバイトをしたくなるから。平日の夕方に五時間くらいファミレスで駄弁りたくなるから。モラトリアムが恋しくなるから。

 

‘‘モラトリアム’’とは、猶予期間を意味する。心理学では「青年が社会で役割を引き受けるようになるまでの猶予期間」のこと。

私は成人して社会に組み込まれた、年金も健康保険も家賃も光熱費も毎月払っている、立場だけは立派な大人である。モラトリアムは遠い過去の話。が時々、モラモラすることがある。

というわけで、そんな時にぴったりな、モラトリアム感たっぷりの音楽=モラトリズム音楽の話をする。ところでモラトリズムって何?

 

①andymori

どの楽曲もそれなりにモラッているけど、特に『ベンガルトラとウイスキー』はすごい。

大体なんなんだ、ベンガルトラとウイスキーという組み合わせは。平日の動物園で缶ビール飲んでるだろ。意味もなくやたら天気がいい平日の動物園で。いやビールじゃなくてウイスキーなのか。安いウイスキーか。二日酔いなのか。丸一日無駄にしてしまったのか。

andymoriのモラトリアム臭は(アンモニア臭と空見するな)、仄暗い部分から特に濃く匂う。

やることがなくて、でもやらなきゃいけないことはあって、あーあ、かったる。あのベンガルトラ、分かったような顔でウロウロウロ檻の中。あのバンドの新譜と牛乳を買いに部屋をでたけれど。夕暮れの井ノ頭公園でコーラの空き缶蹴飛ばして。渋谷道玄坂風俗の扉押した。

 

②台風クラブ

四畳半の部屋。地方の大学生。中古の安いギター。車は持っていないけど免許は持っている。煙草吸って授業あんま出ない。出ても寝てる。たまに起きてる。サークルは出たり出なかったりしてる。

という感じ。特に私が好きなのは『42号線』。

以下、歌詞。

‘‘春がきたら海へ行こうじゃないか

君のおやじの車を借りて

小銭を集めてガソリン入れて

田舎の一本道を南へ飛ばす’’

おやじの、車。小銭を、集めて。南へ飛ばす。なんてことだ。フルコンボ。ちなみにメロディーもぽやぽやと浮かれていて陽気。夏じゃなくて春に海に行く、というところがやや根暗っぽくて良い。

でもこれを出勤途中に聴くと、何もかも投げ出して南へ飛ばして海に行きたくなるので危険。しかし大好きな曲。

 

③はっぴいえんど

これはマジ。飛ぶぜ。モラりすぎて。今更ながら、モラりすぎるっていうとモラハラしてるみたいだけど、そうではない。

まあどの曲も「社会で生きてます?」という感じがするんだけど、ひとつ選ぶとすれば『はいからはくち』。

 

ぼくははいから、血塗れの空を玩ぶきみとかこおらを、の、ん〜でる。きみははいから、唐紅の蜜柑色したひっぴー、みたい。

 

これが全てです。特に説明することはありません。

モラトリズム音楽のすゝめ

とりあえず鮭的上位3バンドを挙げてみたけど、モラトリズム音楽は他にもたくさんある。私の中だけでも、Chara・ゆらゆら帝国・かさきさいだぁ・カネコアヤノ・PUFFY・踊ってばかりの国、エトセトラエトセトラ。

聴きたくないとかなんとか言ってきたけど、でも、休日にはこれらの音楽を聴きたい。聴くだけで気が抜けてモラトリアム気分になれるこれらを。労働への活力になる楽曲と同じくらい大事だ、少なくとも私には。

 

本当は、大人になったからって遊べないわけでも、自由な時間がなくなるわけでもない。一生全力モラトリアムは無理でも、一日八割モラトリアムなら出来る。

普段社会人としての形を保って頑張っているんだから、時々時間の流れをゆるめて限定のモラトリアムに浸かってもいい。昼から酒を飲んでもいいし、一日漫画を読んでも、寝ていても、夜に酒飲みながら散歩してもいい。ちゃんとしなくてもいい。

そういう時に、側で歌ってくれる音楽が自分の中にあるというのは素敵なことだ。音楽っていいものだな、と思う。いいものなんだよ。それでハッピーエンドなんだ。ハッピーエンドなのさ。LOVE ME OH OH!

 

鮭いくら