【金曜日の編集部】2021年10月1日

【金曜日の編集部】2021年10月1日

musit編集部2名による振り返り。フライデー・ナイトに繰り広げる内省以上/酔いどれ未満。踊ってない夜しか知らない。

PLAYBACK

musit編集部のある原宿オフィス(株式会社ラスファクトリー)内に「HARAJUKU eSTUDIO」がオープンしました!

プレオープン初日の9月30日も大盛況でした(※撮影時のみマスクを外しています)

実はこの御方、musit編集部の上司であり、eSTUDIOの偉い人です

ATV社様の電子ドラム製品の試打や録音/配信まで行える、何とも魅力的なスタジオ…のあるオフィスです。しかも完全オリジナルの美味しいブレンドコーヒーも飲める…! ピアノ教室に10年間通い高校時代は軽音楽部に所属していた私ですが、ドラマーってやっぱり憧れますし、同時にバンド人生の途中で筋トレにハマり屈強なドラマーへと進化を遂げた友人のことを思い出すのです。

話は変わって、今週公開になった記事(『ドライブ・マイ・カー』で石橋英子が築く、静かなる映画音楽の革命とは)をもって、Twitterを通して知り合った友人・すなくじらがライターとしてmusitへ加入してくれました! 反響も大きく、編集担当として、また友人としても嬉しい限りです。彼女とはmusitのほかに、エッセイメディア「pendule」の共同主宰としてタッグを組みながら活動していく予定なので、是非今後ともよろしくお願いします…!

また、今週は久々に二夜連続で私が執筆した記事が公開になりました。バンプのクロスレビューは完全に思い付きでしたが、やっぱり好きなものと仕事を通して向き合えるって楽しい(産みの苦しみは当然ありますが)。ZINEもそんな感じで制作を進めています。

(翳目)

 

オフィス1階の1/3ほどがスタジオになり、編集部2名は増床された2階へ移り、ふと「自分は何の会社にいるんだっけ…?」と考えたりしますが、それだけ柔軟で、「楽しむ」ということに従順な社風を浴びて日々過ごしています。「HARAJUKU eSTUDIO」のお話は、後日改めて記事として公開する予定です!

さて、9月は駆け抜けるように過ぎていき、気づけば10月になっていました。時間、年末に向けてめちゃくちゃ加速してませんか…?

すなくじらさんの加入は僕個人としても嬉しく、『ドライブ・マイ・カー』の原稿を読んだ際、映画の記事が今後さらに充実していく機運をひしひしと感じておりました。また、今月は現在制作中のZINE企画に一層注力し、デザインなども詰めていく予定なので、なかなか勝負の月なんじゃないかと思っています。最近は体調ボロボロ、生活習慣ガタガタなので、今一度「身体が資本」だと自分に言い聞かせ、健康に過ごしていきたいです…。

(對馬)

musit編集部