【金曜日の編集部】2022年1月21日

【金曜日の編集部】2022年1月21日

musit編集部による今週の振り返り。フライデー・ナイトに繰り広げる内省以上/酔いどれ未満。

PLAYBACK

編集部・翳目より

昨日、YouTubeにて『musitTV』Vol.1を公開しました。もうご覧になっていただけたでしょうか。私は昨晩変にハイになってしまって眠れず、今日は若干寝不足気味です…。

『musitTV』の構想は元々昨年6月頃から組み立てていたもので、お気づきかと思いますがモデルは某ステーションです。何も分からない状態からライブハウスの日程を抑え、下見をし(今回収録場所を提供してくださった新宿SACT! 様、この場を借りて厚く御礼申し上げます)、また同時に出演アーティストのオファーと構成・台本制作、デザイン、制作チームと数回にわたって打ち合わせ…等々とにかくハチャメチャに大変且つプレッシャーに押し潰されかけましたが、今回出演いただいたkillmilky、sheeploreのメンバーの方々のご協力もあり無事大きな壁に当たることもなく公開までたどり着けました。また動画と連携して、母体であるmusitでは出演アーティストの紹介と映像の見所を解説する記事を公開中です。こちらも是非。

sheeplore、リハーサルの様子

いよいよ何を軸にやってるか分からないコンテンツ屋みたいになっていますが…一介の編集者ながら様々な体験ができ、少しずつノウハウが身に付いていくのを実感しています。また、今週は上田岳弘『ニムロッド』書評やインタビュー記事を執筆、公開しました。今年も頑張ります。

WEEKLY COLUMN

僕とZINE

◯文=Goseki

あけましておめでとうございます。ライターのGosekiです。

2022年も始まり少し落ち着いてきた頃かと思いますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。いつもはこのコラムで「私とレコード」という、レコードについての思い出を書かせてもらっていますが、今回は僭越ながら個人的な宣伝をさせて頂こうかなと思います。

私はAwesome &roidというバンドで活動をしているのですがなんと、2022年1月19日に1stフルアルバム『FRIENDLY NEIGHBORHOOD』が発売されました〜!(パチパチパチ)

アルバムの内容としてはPOP PUNK、EMO、POWER POPなど僕らが学生の頃に聴いていたルーツをぐるっとまとめて煮込んだようなアルバムです。

そのアルバムのCD特典として、ZINEを作りました。ZINEというのは「自主制作のファン雑誌」のようなもので、「magazine」が語源とも言われています。その名も『AWESOME&ROID MAGAZINE Vol.1』です! このZINEの全体のレイアウトの校正を私が担当しました。どんな内容にするか、特集ページは何にするか、誰にレビューを書いてもらうかなどあれやこれやと試行錯誤して作ったのですが、もうめっちゃくちゃ大変で、時間にも追われながら寝る間を惜しんで納期ギリギリでなんとかできあがりました。頑張って作った甲斐もあり、なかなかの自信作ができたと思います。

そもそもなぜZINEを特典にしようと思ったかというと、きっかけはmusitでした。

musitで年末に出したZINE『(W)AVE』にライターとして関わらせてもらったのですが、普段のWebライターの記事とは違い、肌で触れる媒体というものにすごくワクワクしたんですよね。それを作る對馬さんをはじめとするmusitの方たちも大変そうにしながら楽しそうでした。紙媒体で記事を出すというのはライターにとって、とても特別なことなのです。そうして僕も、若干面倒臭がるメンバーを押し切ってZINEの作成に取り掛かりました。もちろん右も左もわからないような状態だったので對馬さんにはいろいろご教授いただきながら作りました。この場をお借りしてお礼を言わせてください。ありがとうございました!

そんな僕の努力の結晶であるZINEはCDを買えば読めます。是非僕らの曲と合わせて読んでみてください。それでは、今年もよろしくお願い致します。

musit編集部